ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


夫婦にとって大事な結婚記念日、どう過ごされますか? 二人の思い出の場所に行ったり、高級なレストランで食事したり、プレゼントを交換したり、色んな過ごし方がありますが、今回紹介するのは、海外で流行し、日本でも話題になっているラブストーリーフォトです。

ラブストーリーフォトとは?

ラブストーリーフォトとは、前の記念日に撮った写真と一緒に、二人を撮った写真のこと。写真の中の二人が、一年前の二人の写真を持っていて、その写真の中の二人もまた一年前の写真を持っている……というように、回数を重ねるごとにトリックアートのような構図です。二人の思い出が深まるにつれて、写真の奥行きも深まっていきます。

ラブリーストーリーフォトのポイント

結婚式エンドロールのカメラマン

複数の写真が1枚の写真に収まっていくので、場所や立ち位置、ポーズ、服装など、何か同じ要素を持たせると年ごとの変化がより分かりやすくなります。写真のサイズは、年々小さくなっていく写真部分も見やすいように大きめにするという方、毎年枚数が増えていくのでかさばらないように大きいサイズにはしないという方の2つのパターンがあります。

写真を撮る場所も、同じ場所で撮るのか、あえて違う場所にするのか選べます。子供が増えたら、人数も変わっていきますね。

ラブストーリーフォトの実例

いったいどういった写真なのか、百聞は一見に如かずなので、実際に撮影されたラブストーリーフォトを見ていきましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

pei(@pei_wd85)がシェアした投稿


結婚一周年のラブストーリーフォト。このように、結婚式で撮ったドレスやスーツ姿の自分たちの写真を持って、次の記念日に記念撮影をするのが定番です。場所や服装、ポーズは同じにしてもいいし、毎年変えてもいいでしょう。自然の中の一枚で、ナチュラルな雰囲気が素敵ですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

r.wedding(@wsdrk_11)がシェアした投稿


こちらも入籍2年記念日の写真。ラブストーリーフォトを恒例行事にすれば、来年はどんな写真にしようかな?と考えるわくわくがありますね。結婚式を終えてリバウンドしたそうですが、これは結婚式の終わった女性あるある。体型の変化が見てわかるのも楽しみ方の一つです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

moca(@moca.wed.baby)がシェアした投稿


こちらは3回目の結婚記念日ということで、なんと4重の入れ子構造になっています。今年の写真からお子さんも参加されているのが印象的ですね。背景や周りの風景をシンプルにすることで人物が見やすくなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mika(@mi_k.a3)がシェアした投稿


こちらは宮古島で撮影された、結婚1年目のラブストーリーフォト。美しい青空と海の背景が印象的です。

結婚記念日にはラブストーリーフォト!

以上、4枚のラブストーリーフォトを見ていきました。どんどん年を重ねるごとに、場所が変わったり、体型が変わったり、家族が増えたりと思い出が1枚の写真に蓄積されていくラブストーリーフォト。あなたも試してみてはいかがでしょうか。

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!