ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


暦を確認するカレンダーは、腐さらせることもないため、母の日や敬老の日など、記念日に送る親戚へのプレゼントとして人気があります。それも市販のものではなく、自分でデザインしたオリジナルカレンダーが流行です。今回は、自分で一から作るオリジナルカレンダーの作り方、特に人気のウェブサービスについてご紹介していきます。

カレンダーの種類は?

一口にカレンダーと言っても、その種類は様々です。まず、表の枠としてはマンスリー(月めくり)なのか、ウィークリー(週めくり)なのか、デイリー(日めくり)なのか、3種類が考えられます。

それから、そのカレンダーをどこに・どのようにして飾るかによって三種類に分かれます。机やテーブルに置いて使用する卓上スタンドタイプ、壁に掛けてインテリアにする大きいタイプ、シールにしてノートなどに貼るような小さいタイプの三種類。そのカレンダーを一人で使うのか、誰かと共有するのか、書き込みできるようにするのか、などによってタイプが決まります。

最後は、デザインをどうするか。シンプルに機能性だけのカレンダーにするのか、写真をプリントアウトするのか、自分で書き込んだり工作したりして手作りにするのか。どんなカレンダーにすれば相手が喜んでくれるかを想像しましょう。

手書きで作る

「せっかくプレゼントするならこだわりたい!」と言う方は、すべて自分で一から作ってみることをお勧めします。カレンダーを作ること自体はすごく簡単で、紙を用意して、枠を定めて、月・日付・曜日を書きこめばそれで終わり。重要なのは、そこからどのようにこだわるか。

手書きで作るメリットは、あなたが描くイメージのままにオリジナルのカレンダーを作れること。絵具や色鉛筆でイラストを描いたり、貼り絵やちぎり絵、マスキングテープを使ったりして、用紙にこだわったりして、自分だけの独創的なカレンダーを目指します。

また、100円ショップや雑貨屋さんなどでは「カレンダーキット」「カレンダーシール」なるものも販売されています。すでにカレンダーの表が印刷されていて、それに自分なりのデザインを施すことでオリジナルカレンダーの出来上がりです。

WEB上で作る

PCで結婚式エンドロールを自作で作る新婦

最近増えているのは、WEB上でカレンダー(フォトブック)を作成できるサービスです。レイアウトやデザインを自分で決めて、お手軽にオリジナルカレンダーを作成することが出来ます。

マイブック

2000年12月にフォトブックサービスをはじめてから20年、業界のパイオニアといわれるマイブックでは、「フォトブックをうまく作れる自信がない」という初心者の方にも安心して気軽に作成できるように工夫がされています。二通りのやり方が用意されていて、デザインにこだわりたい人向けの「こだわり作成ソフト」では、ソフトをダウンロードしてパソコンで編集することでオリジナル性の高いフォトブック作りが可能です。

手軽に作りたい人向けの「簡単作成ソフト」では、ブラウザ上であらかじめ決められたデザインに写真・文字を選択配置することで、パソコン操作が苦手な方でも簡単に作成することができます。また、スマホでも使用できるソフト(MyBookEditor WEB)では、フォトブック以外にもフォトグッズやインデックス型アルバムも作れます。

公式サイトはこちら

Mags Inc.(マグズインク)

MagsInc.(マグズインク)は、スマホで簡単に高画質のフォトブック・フォトカレンダー・ミニアルバムが作れるアプリです。フォトスタジオでも導入されているキヤノン製最新型フォトプリンター「DreamLabo 5000」を使用して印刷するため、高画質プレミアム印刷が可能です。

従来のインクジェットによる四色印刷では表現しきれなかった色の階調をくっきりなめらかに発色し、暗所保存による300年の耐久性も備えています。クリエイター登録すれば、自分が作ったオリジナルのカレンダーや写真集を販売できる「みんなに販売」サービスを利用できるのも特徴的です。

公式サイトはこちら

TOLOT(トロット)

TOLOT(トロット)では、フォトブックの他、卓上カレンダー、毎月カレンダー、ポストカードなど様々なアイテムが取り揃えてあります。卓上カレンダーでは10種類のオリジナル木製スタンド(材料は建築や高級家具の端材)がついてきて、大人気キャラクターとのコラボデザインも選べます。お値段が500円~とお求めやすいのも魅力。アプリをインストールすることなくウェブですぐに作成がスタートできます。

公式サイトはこちら

カレンダーをプレゼントして日頃の感謝を

以上、カレンダーを手作りする方法について紹介していきました。手作りカレンダーは、思い出の写真をプリントアウトしたり、イラストを描いたりすることで自分だけのオリジナリティが出せますし、お値段も500円~3000円以内とリーズナブルなので、記念日などのプレゼントに最適です。市販の写真よりも温かみが感じられる贈り物になるでしょう。

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!