ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


皆さんは毎年初詣には行っていますか?1月1日に神社に参拝するのはもうお馴染みの風習ですが、実は元旦に限らず毎月1日に神社に参拝するついたち参りというものがあるのです。今回は、より神社との結びつきを強く感じられるついたち参りについてご紹介します。

ついたち参りとは

ついたち参りのついたちとは、朔日と書きます。朔日とは月立の音便で、新月のことです。旧暦では月初めの1日は新月で、15日が満月でした。なので、1日は新月に重ねて、物事が新たに始まる日、対して満月の日である15日が、物事が満了する日としての意味を持っていました。そこから、お正月の元旦をはじめ、毎月の1日(朔日)に神社に参拝し、新たな月の無事を祈るという風習が残されているのです。現に毎月1日に行事を行う神社も多く存在しています。

ついたち参りにいくのは何時ごろがいいのでしょうか。これも作法と同じで、普段の神社参拝にもいえることなのですが、神社に行くのは午前中が良いとされています。特に、日の出からの数時間が最適です。理由は、朝早い時間は神社にまだ人が少なく、雑念などがないからです。

ついたち参りは15日にも行う風習がある

ついたち参りは、先ほど少し触れた15日にも行う風習があります。物事が始まりである新月の1日と、物事が満了する満月の15日のセットでお参りすることで、半月分の罪や穢れを清めるのです。そうすることで、また新たな気持ちで残り半月を無事に過ごせるように祈願することができます。

ついたち参りの目的

ではなぜ、ついたち参りを行うのでしょうか。ついたち参りには、前の1ヶ月を無事に過ごせたことを神様に感謝して、今月も無事で過ごせますように……と祈るお参りです。普段の参拝では祈願をするものですが、ついたち参りの日は神様への感謝を捧げる日にするのがいいとされています。

より神様に気にかけていただけて、よりご利益をいただくことができるともいわれているからです。また、そのほかにもついたち参りには、ここから新しい気持ちで物事を始めていくのだという区切りの意味を持たせることができます。

願いを叶えるためというよりも身を清めるためのついたち参り

神社に参拝することに、「〇〇を手に入れたい」とか「〇〇になりたい」とかそういった願望を成就させるために行くといったイメージを持たれる方が多いと思われます。しかし、神社はそういった現世での利益を得るためだけに存在しているわけではありません。もちろんそういった祈願をすることはいけないことではないのですが、ついたち参りでは神様との繋がりを感じ、俗世での生活の中でついた穢れを落として身を清めに行く日という意味合いの方が強くあります。

ついたち参りの作法

ではついたち参りはどんな風に参拝すればいいのでしょうか。ついたち参りの作法についてお話しします。とはいっても、特別なにか普段の日に参拝する時と大きな違いはありません。おさらいも兼ねて参拝方法を見てみましょう。

  1. 一の鳥居(神社の境内に入って、最初にある鳥居)の前で一礼してから鳥居をくぐりましょう。この時に自分の住所と氏名を名乗ります。神様への自己紹介ですね。

2. 参道を進みます。参道の中央は神様の通る道になるので、端を歩きましょう。

3. お手水舎で身を清めます。ここでも作法があるんです。右手で柄杓を持ち、水を汲み取り左手にかけます。次に、柄杓を左手に持ち替えて右手も清めましょう。そして、もう一度柄杓を右手に持ったら、左の掌に水を入れて口を濯すすぎます。

口をすすいだら、再び水を左手に流してください。最後に水の入れた状態で柄杓を立てて、柄の部分に水を流してから伏せておきます。ただし、コロナの影響で現在は柄杓が使えない状態になっている可能性もあるので、その場合は臨機応変に対応してくださいね。

4. 参拝時は、賽銭箱にお賽銭を入れましょう。神様への真心のしるしになりますので、決して投げつけるように入れないでくださいね。

5. 拝礼は二礼二拍手一礼です。最後に会釈をしましょう。二礼二拍手一礼とはどんなものでしょうか。まず、深い礼を二回します。これが二礼。その次に、パンパンと手を叩く二拍手をしてから、両手を合わせて祈ります。祈りが終わったら、最後にもう一度深い礼をします。一礼ですね。これが二礼二拍手一礼になります。

6. 境内を出る時も、社殿の方へ向き直り、一礼しましょう。

以上が神社参拝の一連の流れになります。ついたち参りに限らず、普段の参拝でも使う作法になので覚えておくのがおすすめです。

リセットする日としてのついたち参り

ついたち参りの由来や目的、そして神社の参拝時の作法について紹介してきました。いかがでしたか?単に願望を叶えてもらうことが目的と言うよりは、神様に無事に1ヶ月過ごせたことの感謝を伝え、新しい月も無事に過ごせるようにお祈りするのがついたち参りです。毎月1日に、もしくは1日と15日に神社に行くことで神様との繋がりを意識し、日常をリセットして気持ちを新たにすることもできます。また月の節目を意識することができるので、日々の生活にもメリハリが出そうですよね。ぜひ、ついたち参りを月々の習慣にしてみてください。

 

 

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!