ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


冬の結婚式は、どんな服装で行けばいいのかちょっと悩みませんか?オシャレなドレスが着たいけど、寒さも気になる……という方も多いことでしょう。そこで、今回は、冬の結婚式におすすめのドレスや、ドレスの上に羽織るコートやストールなど防寒対策について紹介します!ぜひ参考にしてみてください!

オシャレな服を着たいけど、寒さ対策もしたい

せっかく結婚式に呼ばれたんだから、ドレスやコート選びにも気合が入りますよね。でも、冬、何気なく身につけている定番アイテムや素材が、実は結婚式ではマナー違反となってしまう場合があります。何気なく選んでしまいがちなものも多いので気を付けましょう。

結婚式におすすめのコートの素材

コートは基本的には、余程カジュアルでない限りどんなものを着て行っても、マナー上の問題はありません。カジュアルなコートの素材はコットンやニットなどになります。これらの種類はフォーマル感が薄れるので、あまりおすすめできません。一方でウールやカシミヤなどの素材はドレスに合うので、結婚式におすすめです。ベロアやツイードなども華やかさと同時に暖かい雰囲気を醸し出せるので結婚式にはぴったりの素材になります。

NGの柄や素材

結婚式には着て行っては行けない柄や素材があります。どんなものが結婚式においてNGなのでしょうか。ここで一度確認しておきましょう。

毛皮やアニマル皮のコート

毛皮や動物の皮と使ったコートは結婚式に来て行くことができません。毛皮は殺生を連想させるため、縁起が悪いものという扱いになっているからです。暖かいし高価なものが多いので着たくなりますが、結婚式では避けましょう。

フェイクファーのコート

フェイクファーのものもNGになります。食事の時もファーが周りの人の口に入ってしまう可能性もあるので、結婚式に着て行くのは避けましょう。ただし、コートやボレロの首元にファーが施されているだけのものなどは許容範囲内となっています。

白基調のコート

これはもう結婚式といえばお馴染みのマナーとも言えますが、結婚式に置いて白は新婦の色という扱いです。式の主役の色を身につけていくわけにはいきませんよね。なので、白色のコートを着ていくのはやめましょう。

黒タイツやブーツ

冬場に気になるのはやっぱり足もとの冷えですよね。結婚式に参列する際も、足もとの寒さ対策はしっかりとしたいところですが、足もとの冷え対策として定番のタイツやブーツなどはフォーマルな場所ではマナー違反になってしまうので気をつけてください。

また、「死」を連想させる黒色のアイテムも着ていくことができないので、黒ストッキングも避けましょう。ストッキングを履いて行きたい場合は、ベージュのナチュラルカラーのものがおすすめです。ラメ入りのストッキングも、あまりキラキラしすぎていないものならば問題ありません。

どうしても足もとの寒さが辛い……という方は、パーティ用の靴を用意して、行き帰りのみブーツを履くという手段もあります。また、ベージュのストッキングを二枚重ね履きするということもできますよ!シンプルに、パンツスタイルやロング丈ドレスで行くというのもありです。

冬場にぴったりなドレス

冬場の結婚式に呼ばれたらどんなドレスを来ていけばいいのでしょうか。せっかく結婚式に参列するのだから、季節感のあるドレスを着て行きたいですよね。ここからは冬場におすすめのドレスについてお話ししていきます。

冬場のおすすめの色や素材

冬のパーティドレスにはワインレッドやパープル、マスタードイエロー、濃いピンク、などの色が華やかさと暖かみ両方を醸し出すことができるのでおすすめです。またクールな色味が好みの方は、ネイビーやツヤのあるグリーン、ブルー、ニュアンスグレーのものを選ぶといいですよ。素材に関しては、サテンやシルクなどツヤと高級感のあるもの、もしくはウールなど発色が良く暖かみもある素材が冬の季節感を演出してくれます。ベロアやベルベットもおすすめです。

パンツスタイルもおすすめ!

フォーマルな印象を持つパンツスーツやパンツドレスも冬場の結婚式におすすめです!小物やインナーを工夫すれば、より華やかに演出することができます。足もとの寒さが気になる人にもおすすめです。

冬でもノースリーブドレスは着てもOK

冬場の結婚式に、ノースリーブや半袖のドレスを着ていってもいいのかちょっと不安になりますよね。会場で寒い思いをしないかどうかや、周りから季節感がないと言われたりしないか不安ですよね。でも大丈夫。冬場の結婚式だからといってノースリーブや半袖のドレスを着てはいけないというマナーはありません。また、結婚式の会場内は空調が効いていて中に入ってしまえば、寒さを心配する必要はありません。

ただし、ドレスで冬の季節感は出したいですよね。なので、上記したような色使いや素材を意識したり、小物の合わせ方などで冬の季節を意識したコーディネートを心がけましょう。

挙式中は季節を問わず肩を露出しないというマナーがあります。なので、ノースリーブのドレスで挙式に参列する場合はストールやボレロを羽織ってくださいね。

冬の結婚式はお洒落と防寒対策を兼ねた服装で行こう!

冬の結婚式に着ていくドレスやコートについて紹介してきました。参考になったでしょうか。黒タイツやブーツなど、意外なところでマナーNGがあるので注意しましょう。またドレスは、暖かみのある色や素材を選んでいくことで、季節感を強調することができます。寒さ対策をしながらも、季節感を出してお洒落に冬の結婚式に参列しましょう!

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!