ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


年末年始が近づくと、「厄年」という言葉をよく耳にするようになります。厄年の起源はあいまいなのですが、平安時代から言い伝えられてきた風習といいますから、完全に無視することも難しいですよね。今回の記事では、厄年とは何かについて解説し、2021年の厄年に該当する年齢、厄除けや厄払いについて見ていきましょう。

厄年とは?

厄年とは、よくないことを意味する「厄」という言葉が示す通り、人生において特に災いが降りかかりやすいとされる年のことです。日本においてこの年を迎えると、人生の転機や体調の異変などが訪れやすく、精神的にも落ち着かない年とされています。厄年の起源は定かではありませんが、「源氏物語」の中で紫の上が37歳の厄年を迎えていることから、少なくとも平安時代にはすでに厄年があったとされています。

厄年は男女で異なり、男性は25歳・42歳・61歳、女性は19歳・33歳・37歳・61歳が厄年です。中でも男性の42歳、女性の33歳は「大厄」と呼ばれ、非常な凶事や災難に遭う可能性が高いとされています。また、それぞれの厄年の前年は前厄(厄の前兆が現れる年)、後年は後厄(厄の恐れが薄らいでいく年)と呼ばれ、本厄と同様の注意が必要です。

厄年においては、生まれた日を一歳と考え、お正月を迎えるたびに一つ年を取る「数え年」が基本です。満年齢が採用される明治まで、日本では数え年で年を数えるのが一般的でした。七五三や年祝いなど、今でも数え年で数える風習は残っていますね。年齢の加算日は神社によって異なり、新暦の一月一日とする場合、立春の日とする場合などがあります。

厄年にはなにをしたらいいの?

本厄の年を迎えたら、神社やお寺で「厄払い」「厄除け」の祈祷を行います。神仏の加護を受けて凶事や災難を防ぐわけです。年の加算日は1月1日とする場合が多いため、初詣のタイミングで「厄払い」「厄除け」を受けるのが一般的です。多くの寺社で祈祷の受付が行われているので、近所の寺社を確認してみましょう。祈祷を受ける際の服装としては、男女ともあまり露出が少なく、派手でないものを選びましょう。

2021年の厄年早見表

自分が今年厄年なのか気になる方のために、2021年、厄年とされる年齢を一覧にしておきます。1月1日を加算日とする数え年の年齢で表記しているので、誕生日前であれば今の年齢にプラス2歳、誕生日後であれば今の年齢にプラス1歳して確認してみてください。

男性
前厄 24歳(1998年生)、41歳(1981年生)、60歳(1962年生)
本厄 25歳(1997年生)、42歳(1980年生)、61歳(1961年生)
後厄 26歳(1996年生)、43歳(1979年生)、62歳(1960年生)

女性
前厄 18歳(2004年生)、32歳(1990年生)、36歳(1986年生)
本厄 19歳(2003年生)、33歳(1989年生)、37歳(1985年生)
後厄 20歳(2002年生)、34歳(1988年生)、38歳(1984年生)

厄年は気にしなくてもいい?

以上、厄年について基本的なことを学んでもらいました。厄年の人は結婚、引っ越し、転職など、人生の一大イベントはなるべく避けた方がいいとされていますが、あくまで迷信のようなもの。あまり気にしすぎるのも考えようです。厄除け・厄払いをしてもらったら、安心した気持ちで、健康には気を配りつつ、普段通り過ごすことをおすすめします。

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!