ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


あなたは結婚相手にどのくらいの収入を求めますか?愛があってもお金がなければ生活できませんね。家を建てたり、子育てだったり、結婚生活は独身以上にお金がかかります。今、結婚するにあたって相手にどのくらいの収入が求められているのか。今回は女性の視点からパートナーに求める収入について解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

女性が相手に求める年収と男性が相手に求める年収

結婚相手にどのくらいの収入を求めるのか。「doda」のアンケートによると女性が結婚相手に望む年収で最も多かったのが「500〜600万円未満」、となっており、次に「400万〜500万円未満」、「600万以上〜700万円未満」となっています。一方で、男性のアンケートでは最も多かったのが「300万円未満」でした。次いで「期待しない」と「300〜400万円」が同じくらいの割合です。

なぜ性別によって相手に求める収入に差が出るのか

どうして男女でこんなに相手に求める収入に差が出るのでしょうか。男性の方では20代〜30代の人は共働きを前提とした意見もあるのですが、年齢が上がるにつれて「女性は家庭のことをして、男が仕事で稼ぐ」という意識が強く残っているようです。また女性は自分の「年収と同じくらいか少し多めに稼いで欲しい」といった考えや、「二人の年収を合わせて1000万」を求める意見がありました。

今は、男が仕事をして女が家事をするという考え方は古くなり、男女雇用機会均等法の施行などにより、徐々に男女間の雇用格差も改善されてきています。しかし、男女間の賃金の格差は未だに大きいのが、日本の現状です。実際、国税庁の調査によると、平均年収は男性が567万円なのに対して、女性は280万円です。だからこそ、女性の立場からは、結婚後の収入を男性のパートナー中心に考える傾向が強くなっているといえます。

年収「500〜600万円代」が求められる理由

アンケートで最も多かった「500万〜600万円未満」という年収の額は、ちょうど男性の平均年収567万円にあたりますね。つまり割合的に見て多くの女性が求める年収は最低でも平均年収以上になります。しかし、多くの人が結婚する20〜30代で500万円代の年収を稼いでいる人はなかなか限られてきますよね。

年収500万円代を求める理由とはしては「最低限二人で生きていくことができる額」であることや、「子育てで自分が働けなくてもなんとかやっていけそうだから」、「節約しながらも普通の家に住みたい」という意見が見られます。なかなかに頑張らなければ稼げない額ではありますが、家を建てたり、子育てをする生活をするために現実的な額がこの500万円代の収入なのです。

年収「300〜400万円代」を相手に求める理由

一番想像しやすくかつ理想的な、パートナーに求める年収が「500万〜600万円未満」ですが、もちろん全ての女性がその額を求めているわけではありません。平均年収以下の300万円や400万円を相手に求める年収として提示した女性の意見もあります。

平均年収以下とはいえ300〜400万円代の年収は20代後半〜30代にかけては最も現実的な年収でしょう。この金額を求める女性は「夫婦で年収600万円稼げればいい」という共働きを前提とした意見や、「相手の中身を重視して結婚したいから、最低限の額としてこのくらい」というものでした。確かに、共働きをすれば年収300〜400万円でも充分結婚生活を送ることができますね。

「特にない」という意見もある

女性が男性に求める年収を見てきましたが、中には「特にない」という方もいます。そう言った方々の意見としては「子供を望まないので、生活に困らなければいい」というものや、「自分で稼ぐ」というもの、また「しっかりした相手ならば問題ない」というものがあります。決して収入がないからと言って結婚ができないわけではありません。パートナーと二人の関係性によって何が求められているのかは当然、変わってくるものです。

結婚生活にかかる費用

実際、結婚生活にはどのくらいのお金がかかるのか見てみましょう。まず結婚式の平均的な額が約360万円として、二人で生活するための引っ越しや、家具や家電を買う費用に約100万円などを入れると、夫婦二人での年間の生活費を300万円としても、結婚1年目は700〜800万円ほどのお金がかかることになります。

それに加えて子供が生まれるとさらにお金がかかるようになってくるのです。子供が3歳になるまでに400万円、小学校から大学まで通わせるとなると2000万円以上かかります。またマイホームを買おうとしたら、費用が3000〜4000万円です。これに加えて、日々の生活費がかかってくると考えると、かなりのお金がかかりますね。なかなか難しいとはいえ、年収500〜600万円未満が求められる理由もうなずけます。

意外とお金のかかる結婚生活

女性が男性に求める年収についてみてきました。アンケートの結果によると最も多く求められている男性の年収は「500〜600万円代未満」でした。一見多く見えますが、実際に結婚生活にかかる費用を考えると妥当ともいえることがわかりますね。

一方で共働きなどを視野に入れながら「300〜400万円」でいいという意見も少なくありませんでした。世代のよって意見が違ってくるのもポイントですね。年齢層が高くなるにつれて相手に求める収入は高くなり、年齢が低くなるにつれて共働きを前提に考える人が多くなってきます。結婚して家庭を築いていくにあたって年収は重要なことです。将来のためにどのくらいの収入が必要なのか、しっかりと二人で話し合って結婚に踏み切りたいですね。

 

 

 

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!