ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


夜空に浮かぶ大きな人の顔、動物の口に吸い込まれていく車……様々な写真を組み合わせて不可思議な世界観を作り出すコラージュアートが今、話題になっています。素材を集めて切って貼るだけでできるため、見て楽しむだけではなく、自分で作るのも非常に簡単なんです。今回の記事では、このコラージュアートについてお伝えしていきます。

コラージュアートとは?

コラージュアートとは、異なる素材を切り取り、一枚の絵にしていく芸術手法です。使われる素材には布や植物、砂、写真、印刷物(雑誌、新聞、絵)、リボンなど様々なものがあります。

コラージュ(collage)はフランス語で「貼り付け」「糊付け」を意味する言葉で、20世紀初頭にジョルジュ・ブラックとパブロ・ピカソによって作られた造語です。起源には諸説あり、ブラックとピカソが使い始めたのが最初とされていますが、1860年代頃、ビクトリア朝時代の英国で、貴族女性の趣味として、動物の身体に人間の頭を組み合わせたシュールレアリスティックなコラージュ作品が作られていることが確認されています。

異なる素材を組み合わせることで、素材が本来持っていたイメージや性質から離れて、新しいイメージや性質が生み出されることから、「錬金術」と言われることもあります。

コラージュアートを始めやすい理由

コラージュアートは、すでに存在している素材を切り取って使うため、自分で絵を描く必要がありません。そのため、絵心に自信がない方でも簡単に始めることができます。

また、お金がかかりません。スポーツを始めるには道具が必要ですし、音楽を始めるには楽器が必要です。趣味にはなにかとお金がかかるものですが、コラージュアートに必要なのはハサミ、カッター、糊など家にあるものだけ。他の趣味に比べれば、圧倒的に少ない初期費用で始められます。

特殊な技能もお金もいらない。身の回りの物から素材を用意して、自分の想像力のままに、ジグソーパズルのようにつなげてくっつけて、一つの作品に仕上げていくだけ。コラージュアートは、歴史のある本格的な芸術手法ですが、アートに詳しくない方にとっても敷居が低いアートといえるでしょう。

コラージュアートに必要なもの

用意するものは、カッター、カッターマット、ハサミ、ピンセット、糊、台紙、使いたい素材、切り抜いた素材を保存する用のファイル・ケース類、これで全てです。

素材を切り抜くためのカッターは、普通のカッターよりも角度の鋭いデザインカッターがおすすめです。曲線部分はカッターでは綺麗に切り取りづらいので、ハサミを使います。また、カッターを使う際は、必ずカッターマットを用意しましょう。下の土台を傷つける心配がありませんし、ゴム製のマットを敷いた方が素材も切り取りやすいです。

素材を張り付ける糊は、液体性のものよりもスティック糊のほうが台紙がしわになりづらいのでおすすめです。台紙は何でもいいですが、糊がつかないツルツルしたものは避けましょう。

実際に作ってみる

実際にコラージュアートを作る手順を詳しく見ていきましょう。

①素材を探す

最初は素材探しから。身の回りのものに目を向け、直感を頼りに、「いいな」と思ったものは何でも使ってしまいましょう。古本屋や古着屋、メルカリなどで、昔の雑誌や書籍を安く手に入れることができます。また、捨てるはずだったカタログやパンフレット、チラシ広告なども素材になりえます。そのほか、布や糸、ビーズ・ボタン、針金、厚紙、粘土など、立体的なものを組み合わせるのも面白そうです。

②素材を切り取る

素材を切り抜く際には、まずハサミで大きめに切り取ってから、カッターで細かく縁取りしていくと楽です。

③素材を組み合わせる

素材がそろったら、台紙の上で、色々組み合わせて、構図を考えていきます。コラージュアートは、同じ素材であっても組み合わせ次第で全く異なる作品が出来上がるのが面白いところ。「何も思い浮かばない!」という方は、既存の作品を参考にしてみるのもいいでしょう。現代のコラージュアート作品にもいくつかパターンがあることが分かります。作品を作ろうと意気込まなくても、その日の思い出や記憶を日記の代わりにまとめるつもりでやってみるのも一つの表現方法(アート・ジャーナリング)です。

③素材を貼り付ける

イメージが固まったら、いよいよ素材を貼り付けていきます。好きな形に切り、糊で貼りつける。固まっていなくても、とりあえず適当に動かしているとまとまってくることもあります。パズルのような感覚で気楽に楽しんでやりましょう。

結婚式のテーマ決めにも役立つ

結婚式・挙式で活用できる演出集

結婚式のテーマに悩んでいる新郎新婦にとっても、コラージュアートは役立ちます。Instagramなどで「コラージュアート」で検索すると、たくさんの結婚式の作品が出てくるのです。「この会場の雰囲気、好きかも」「こういう演出やってみたい」など、色々なアイディアをぜひ参考にしてみてください。

コラージュアートに挑戦

以上、今話題のコラージュアートについて解説してきました。「アート」と名前がついているとはいえ、誰でもとっつきやすいものであることがわかりいただけたかと思います。Instagramなどでもたくさんの素敵なコラージュアート作品が上がっているので、興味を持った方は調べてみてもいいでしょう。

最近ではスマホアプリでもコラージュアートが楽しめます。絵が苦手な方でも始められて、アイディア試合で無限の可能性がある、そんなコラージュアートをあなたも始めてみませんか?

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!