ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


結婚式の前に、ウェディングドレスや和装の姿で新郎新婦が写真撮影する前撮り。結婚式当日は何かと忙しくバタバタしてしまうため、事前に前撮りを行う新郎新婦はかなり多いです。今回はそんな前撮りを行うにあたって、撮影の当日までに準備しておくべきことについて紹介します!

前撮りには準備が必要

前撮りをやると決めたからと言って、何も準備せずに行って撮影ができるわけではありません。記念として一生残る写真になります。準備不足で行って後から「もっとこうすれば良かった」なんてことにならないためにもしっかり用意をしていきましょう。それでは、前撮りにはどんな用意が必要なのでしょうか。

衣裳用下着を準備しておく

前撮りを行う場合、自分たちで用意しなければいけないものに、衣裳用の下着が挙げられます。撮影のために必要な道具や服などは基本的に、前撮りを申し込んでいるスタジオや撮影業者の方で貸してもらうことができ、ドレスや着物などの衣裳やアクセサリー類、ブーケやベールなどのアイテムや、撮影に使う小物は多くの撮影スタジオで貸し出し可能です。

しかし、直接肌につけるような衣裳用下着はこちらで用意しなければいけません。衣裳用下着は和装のものでしたら和服店や衣裳レンタル店で手に入れることができます。また、通販で買うこともできるので探してみてください。

主に新婦が用意すべき衣裳用の下着は、着物など和装の場合だと、補正用のタオルもしくはてぬぐい、肌襦袢、腰巻(裾よけ)和装用ストッキング、白足袋。ドレスなど洋装の場合は、ブライダルインナーと靴下タイプストッキングの準備が必要になります。

撮影時に持ち込みしたい小物

結婚指輪や婚約指輪、手作りしたヘアアクセサリー、ガーラントやフォトプロップスなど、自分たちで撮影時に持ち込むものは早めに用意したほうがいいでしょう。指輪類は購入から納品まで1ヶ月かかることが多いので、撮影で使いたい場合は早く用意しないと間に合わない可能性があります。

前撮りはバタバタしがちな結婚式当日の撮影と違って、新郎新婦の表情やポーズをしっかり作る時間があります。その分、小物やアイテムを使って撮影のイメージを膨らませたり、オリジナリティを出すことができるので、小物類にはこだわりたいですよね。だからといって、無闇に小物を用意しすぎないように気をつけることも必要です。あくまで主役は新郎新婦でなので、小物に振り回されないように注意しておきましょう。

撮影指示書で欲しいポーズなどは絞り込んでおく

カメラマン2

前撮りで絶対撮影して欲しいポーズなどがある場合は、撮影指示書を作ってカメラマンに事前に共有するとスムーズに進めていくことができます。ただし、やりたいポーズを指示書に詰め込みすぎてしまうと、どれが一番撮りたい写真なのかが分からなくなってしまうんです。これではこだわっていないポーズに時間を費やしてしまうことになりかねません。

撮影指示書には、絶対に撮影したいポーズを厳選し、それぞれのポーズに理想となる参考用写真を1枚だけつけることにしましょう。

パートナーとイメージの共有

結婚式の新郎新婦

自分が思い描いている前撮りで撮りたい写真の「イメージ」を、一緒に写真を撮るパートナーに共有しておく必要です。イメージを共有していないまま、撮影を迎えた結果、相手がアタフタすることになったり、こちらの思い通りに進めていくことができなくなってしまったりすることもあります。参考写真を事前に一緒に見ておくなど、前撮りの当日までに、二人で時間を作って「どんな写真が撮りたいのか」について話しておきましょう。

撮影にあたって嫌なことは事前に伝えておくこと

撮りたい写真をカメラマンに伝えることは重要ですが、同時に「撮りたくない写真」、つまりNGを伝えておくことも大切です。自分のコンプレックスがある部分を取られたくなかったり、キスなどのスキンシップをしている写真を家族に見せたくないと思っていたのに、カメラマンにリクエストされて断りきれなかった、という場合があります。一生残る写真になるので、嫌なことは嫌と先にはっきりと伝えておくのがおすすめです。

記録写真を残してもらう

前撮りを経験した新婦の皆さんがやっておけば良かったと思っていることで、「撮影時の髪型などがわかる写真を撮っておけば良かった」という声があります。当然、目的のポーズを決めた記念の写真は撮影してもらえますが、その時の髪型やアクセサリー、ネイルやブーケなどを記録に残しておくための写真は、こちらからお願いしないと撮ってもらえないことが多いのです。

アイテムなどをそれぞれアップで撮影してもらうことも忘れないようにしましょう。大切な結婚記念の写真、こだわって用意したものだからこそ、記録にも残しておきたいですよね。

しっかりと準備をして前撮り当日を迎えましょう

前撮りをするにあたって、やっておきたいこと、準備しておきたいことについて紹介してきました。思い描いている理想の写真を撮るには、一緒に撮影するパートナーやカメラマンとのイメージの共有が重要になるんですね。前撮り当日に向けて、しっかりと用意をして悔いの残らない撮影にしましょう!

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!