ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


コロナの影響で、直接手に触れたものにリスクが伴うようになった今、様々な分野でペーパーレス化が進んでいますよね。その波は結婚式にも来ていて、紙の招待状ではなくURLを送るだけで見ることができるWEB招待状が注目されているんです。今回は、このWEB招待状のメリットとデメリットについて紹介します!

WEB招待状とは?

WEB招待状とはパソコンやスマホから簡単に作れるネット上の招待状のことです。場所、日にち、時間などを指定されている項目に入れていくだけで簡単に作ることができます。また、その招待状を送る方法も、メール、LINEなどで、ゲストで呼びたい人にURLを送るだけです。サイトにもよりますが、デザインなどもいろいろ選べるので、簡単に招待状を作ることができます。

WEB招待状のメリットについて

では早速、結婚式でWEB招待状を送る場合のメリットについて見ていきましょう。一体WEB招待状は紙の招待状に比べてどんなメリットがあるのでしょうか。気になりますよね!

作るのが簡単

上で少し触れたように、WEB招待状はパソコンやスマホからネットのサイトで作ることができます。アカウントを登録してサイトにログインすれば、テンプレートがあるのでそこに必要な項目を入れるだけで作れてしまうんです。デザインもいろいろ選べるようになっているので、好きなデザインを選ぶだけで大丈夫。紙の招待状に必要な宛名書きや住所録の作成、返信用はがきの用意や印刷などの手間は一切かかりません。

送るのも簡単

紙の招待状は送るまでがとっても大変です。ゲストの住所の確認から始まり、一枚一枚宛名を書いたり、大量の招待状を抱えて郵便局へ行って送らなければいけません。一つ一つに切手を貼るのを想像しただけでもゾッとしますよね。それに比べてWEB招待状はサイトにいろいろ入力して完成したら、URLができます。このURLをメール・LINEなどに添付して送信するだけでOK。いろいろな準備に追われがちな結婚式、この招待状の作業が省かれるだけでも大助かりですよね。

ゲストの返信も簡単

WEB 招待状を送られたゲストはどうすればいいのでしょうか。これもまた簡単なんです。送られてきたWEB招待状のURLからサイトに飛んで、出席するかどうかなどの項目に入力するだけ。送る方も簡単ならば、返信する方も簡単です。

結婚式の返信ハガキは、マナーがたくさんあって面倒くさいですよね。御出席の「御」の字に二重線を引いて、出席の上に「喜んで」と「させていただきます」と書いたり、忙しい人だと返信ハガキをポストに入れるのさえ大変だったりします。WEB招待状ならば、そんな結婚式の招待状にあるマナーからも解放されます。

出欠を管理しやすい

パラパラ漫画をPCでへんしゅうするかスマホで編集するか

ゲストから返ってきた出席するか否かの答えを自動でリストにしてくれるサービスがあるサイトもあります。返信ハガキを受け取って出欠を見て、出席者の名簿を作る必要もありません。紙の招待状に比べて、出欠の管理は明らかに速いし楽ですね!

会費などを事前に決済できる

サイトにもよりますが、ゲストが出欠の返事をしたと同時に、必要な会費などをクレジットカードなどで事前に支払うことができるサービスもあります。2次会の会費などはもうこの段階で支払ってもらうことが可能になるんです。対面でのお金のやりとりにリスクが伴うコロナ禍において、これはありがたい機能ですよね。受付や金銭の管理の面もやりやすくなります。

お金もかからない

招待ゲストが増えると金額が増える!?

やはり、紙を選んで印刷して、ゲスト全員に送って……となると、招待状にかかるお金も馬鹿になりません。ゲストの人数や紙質などにもよりますが、大体相場としては3万円前後の値段がかかるとされています。

WEB招待状は無料の専用サイトが多数あるので、0円で作ることができてしまいます。有料のオプションなどをつけても紙の招待状のコストを超えることはありません。極力値段を抑えたいというカップルにもおすすめです。

WEB招待状のデメリットについて

WEB招待状にはとても便利な面がたくさんありましたね。しかし、デメリットもあります。今度は WEB招待状のデメリットについて見ていきましょう。

スマホやパソコンが苦手なゲストは不安になる

結婚式に向けたネイルをPCをで探す

WEB招待状はインターネット環境を使いますし、スマホやパソコンがなければURLにアクセスするのが難しく、逆に不便になってしまいます。特にスマホ、パソコンが苦手な人は、返信を仕方がわからなかったり、間違えたらどうしようという余計な不安を感じてしまったりする可能性も否めません。ゲストにそういったインターネットやスマホ、パソコン操作が苦手な人がいるならば、その人たちだけには紙の招待状を送るというのもありですね!

紙の招待状がWEB招待状に比べてフォーマルな印象

やはり紙の招待状に慣れ親しんでいる人は多く、また現在も主流ではあるので、WEB招待状に比べて紙の招待状の方がフォーマルな印象を持たれます。また、質の良い紙や丁寧に毛筆で書かれた宛名などから、格式の高い結婚式という印象を与えることができるんです。招待状は結婚式の顔ともいいますから、ここにこだわりたいならば、紙の招待状の方がいいでしょう。

WEB招待状は残らない

結婚式の新婦からの両親への手紙

紙の招待状のメリットとしては、結婚式が終わっても手元に残るというところです。WEB招待状は一定の期間が終わると見れなくなってしまうので、なかなか形として手元に置いておくことはできません。後々、思い出として結婚式を振り返りたい場合はWEB招待状よりも紙の招待状の方がおすすめです。

クレジットカード決済の手数料が発生する可能性もある

サイトにもよりますが、ゲストが会費などをサイトを通じてクレジットカード決済した場合、手数料がかかる可能性もあります。節約するつもりでWEB招待状を選んでいた場合、痛い出費になってしまうので、事前に確認が必要です。

自分たちにあった招待状を送ろう!

WEB招待状のメリットとデメリットについて紹介してきました。簡単になおかつ低コストで作ることができるWEB招待状。紙の招待状に比べて煩わしい作業もなくとっても便利ですよね。一方で、紙の招待状に比べるとフォーマルな印象に欠けたり、手元に残らないなどのデメリットもありました。

WEB招待状と紙の招待状、どちらのメリットをとるかはやはり、自分たち次第ですよね。忙しくてとても紙の招待状を準備できる余裕がない!となればWEB招待状はもってこいですし、しっかりと格式を保って、思い出にも残したいならば紙の招待状の方が適しているということになります。もちろん、ゲストによってWEBと紙の招待状を使い分ける方法もできますよね。ぜひ、自分たちの結婚式にあった招待状を作ってくださいね!

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!