みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

最近の結婚式でほぼ必ず演出として実施されているエンドロール。費用を抑えたい、オリジナルのものを作りたい、思い出に自分たちで作りたい。などの需要も高まり、結婚式エンドロールを自作する方も増えてきています。そこで今回は結婚式エンドロールを自作する上で機種問わず役に立つソフトや作成方法を網羅してご紹介させてもらいます。

結婚式エンドロールを自作するメリット・デメリット

結婚式場や写真について悩む花嫁新婦

エンドロールを自作するメリットとしては圧倒的な安さと自由度。自作するのに必要なものはPCやスマホと、載せたい写真です。もちろんオリジナルで自作するので、自分の好きなように工夫をこらすこともできます。またデメリットとしてはどうしても自作だと時間がかかりますね。それに慣れていない人にとっては少し苦戦するのと、普段やり慣れていない人がやる場合はどうしても業者に比べるとクオリティが落ちがちになるのはデメリットでしょう。

結婚式エンドロールを自作する際に役に立つサイト・サービス

普段動画編集ソフトを使い慣れていない方はこれからご紹介する何種類かのサイトをまずは見渡して、自分が自作する上で使いやすそうなものをお選びいただくのがいいかと思います。

Windowsでエンドロールを自作する−自作エンドロールビデオの作り方

Windowsムービーメーカーは、エンドロール作成にもっとも使われているソフトの一つ。こちらのサイトではWindowsムービーメーカーを活用したエンドロールムービーの自作の仕方を各ステップにまとめています。

難しいキーワードもなく、画像つきで丁寧にまとめらているのでなれていない方にもオススメです。また、ムービーメーカーでは同一シーンに写真を複数枚掲載することはできませんので、パワーポイントで画像やシーンを編集し、ムービーメーカーに取り込むことで、更に自由度高くムービーを作成することができます。

参考)パワーポイントを活用する

かんたんな作成手順
①Windows ムービーメーカーをダウンロード
②使用する写真と動画をドロップして取り込み、順番を並び替える
③「ホーム」タブから「クレジット」を挿入し、ゲストの名前を書く
④「フォーマット」タブの「テキストの表示時間」を調整し、動画の長さとあわせる
⑤「ホーム」タブの「音楽を追加」から曲を挿入する
⑥「ムービーの保存」を選び、必要な形式で保存する

Macでエンドロールを自作する−iMovieの使い方は?結婚式のムービー完成までの全手順

MacOS用のアプリケーション「iMovie」を活用して結婚式のエンドロールを自作する方法について書かれています。写真も豊富で、細かい作業も説明しているので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。また、iMovieの編集だけでは物足りない!という方は下記リンクで、iMovieとKeynote(MacOS用のスライド作成アプリ)を組み合わせたちょっとリッチな作り方を紹介しているので、興味のある方は覗いてみては。

参考)iMovieとKeynoteでの自作結婚式エンドロールの作り方

かんたんな作り方
①画面上部の「+」から新規動画を立ち上げる
②テーマを選び、「イベントブラウザ」から使用する写真と動画をドロップし、順番を並び替える
③「プロジェクト編集画面」からテキストを挿入し、「イベントブラウザ」で「エンドロール」を選ぶ
④「イベントライブラリ」から「iTunes」を」選び、曲を挿入する
⑤画面上部の「共有」から「ファイル」を選びPC内に保存する

Windows/Mac共通で自作するのにオススメ−VideoPad(無料)

VideoPadはOSに関係なく、無料で動画編集ができます。見た目や操作性としてはMacのiMovieに近く、このソフトが一番使いやすいという声も聞きます。日本語対応した説明もあるので、使い方にも悩みません。

結婚式エンドロール自作無料ソフト

結婚式エンドロール自作ソフト−「Filmora」(Win/Mac対応)

こちらは非常にオススメです。どんなところがオススメかというと何よりわかりやすくて使いやすい操作性、そして新婦のみなさんが大好きなフィルタ効果がたくさんあることと、無料の結婚式用素材も中に含まれているため、エンドロールの開始シーンやつなぎの部分の素材をすぐに調達することができ、簡単におしゃれなエンドロールを自作することができます。

スクリーンショット 2016-11-24 14.49.30

スマートフォンで結婚式エンドロールを自作する−レコフォト for wedding(DVD有料)

結婚式エンドロール自作無料

やはり操作性はPCに比べると落ちますが、普段スマホの方が触り慣れている方もいらっしゃると思いますし、自宅にPCがない方も多いと思います。今回のレコフォトではアプリ内で動画を作成し、DVD1本14,850円で自宅に届けてくれます。またこちらの優秀なところは邦楽の有名歌手の楽曲が135曲入っており(2016/11/24現在)、その著作権料も含まれているため、結婚式で安心して流すことができます。

スマートフォンで結婚式エンドロールを自作する−Cute CUT – 全機能動画編集(iOSのみ)

CuteCUTはiPhone、iPadで活用できる無料動画編集ソフト。Windowsムービーメーカーなどは複数の画像を一シーンにそのまま取り込めませんが、CuteCUTを使えば自由にそういった演出操作も自作可能なところがポイント。また作成した動画をメールで送ることもできるので、スマホで作って、漫画喫茶でDVDに焼く!なんてこともできます。個人的な感覚ですがiPhoneでも十分操作できますが、iPadがあるとPC顔負けの使い勝手でした。

お手本にしたいエンドロール

右側にゲストの名前を流し、左側の写真を次々入れ替えるやり方。最もオーソドックスで、かんたんに作れます。写真の枚数をうまくBGMの時間に合わせましょう。

こちらは本をめくっていくと、ゲストの名前やメッセージが書かれているというやり方。手書きの文字は味があり、より思いを伝えられそうです。

なるべく編集作業は減らしたい!という二人には、こういった形がおすすめ。カメラは回しっぱなしにして、文字や写真を次々連ねていくだけです。

エンドロールの写真・動画選びのコツ

エンドロールでどんな写真や動画を選ぶかは、迷うところ。もしプロフィールムービーがないのなら、小さいころの写真や学生時代の動画などを入れるのがおすすめです。また、前撮りの写真もきれいに撮れていると思うので追加してください。特に前撮りでは和装、式ではウェディングドレスという人は、せっかくなのでみなさんにおひろめしましょう。

また、当日呼ぶゲストとの写真や動画も盛り上がります。それを見ただけで当時のことを思い出し、懐かしい気持ちになりますね。結婚式で使ったアイテムや準備風景をいれるのもおすすめ。

飲み会の写真や露出度が高い動画は、入れない方がベター。仲間内だけなら許されるものも、親族や会社関係者が見るにはふさわしくないということもあるからです。

感動的なエンドロールを自作する

両親や親族を感動させるなら、生まれた頃の写真を使うと良いでしょう。これまで育ててきた時間を思い出し、思わず涙してしまうもの。また、BGM選びも大切です。明るい雰囲気で終わるのも良いですが、感動的なエンドロールにしたいならバラードを選ぶと良いですね。

一人一人にコメントを入れると、ゲストに喜んでもらえます。「またみんなで飲もう!」といった誰にでも使いまわせるセリフではなく、その人のエピソードを少し入れるのがコツ。

最後に:エンドロールを自作する時代

いかがでしたでしょうか。最近ではPCに初期からインストールされているアプリケーションも、無料のアプリケーションなどもかなり優秀になってきています。無料素材も組み合わせればきっと新郎新婦らしい結婚式エンドロールを自作できるのではないでしょうか。くれぐれものめり込みすぎて夜更かし厳禁です。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪