みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

こちらの記事をご覧頂いている方は、大切なご友人の結婚式二次会の乾杯の挨拶をお願いされた方かと思います。

結婚式×挨拶と聞くとかなりかしこまって、責任も重大なイメージがあるかと思いますが、二次会の場合はそこまで堅苦しくなくても大丈夫です。

大事なのはしっかりとコツを抑えること、そして何よりもお祝いの気持ちをもっていることです。それではあなたの乾杯挨拶がうまくいくためのポイントをご紹介していきます。

結婚式二次会乾杯のコツ


ここに7つのコツをまとめました。大成功するかはあなたの力量次第ですが、顰蹙をかったり、失敗することは絶対にありません。

乾杯挨拶はおめでとの気持ちを

何よりも大事なのはお祝いの気持ちです。きっとあなたを指名してくれるくらいなので、きっとあなたと新郎との仲も非常に良いかと思うので、お祝いの気持ちが全くないとは考えられませんが。「あの挨拶しているやつ、本当に友人の結婚が嬉しそうだな笑」って言われるくらいの気持ちで挑めば、これからご紹介するコツはほぼ不要だと思います。

新郎新婦への祝福の言葉

忘れてならないのは新郎新婦へのお祝いの言葉です。シンプルなものでも構いませんが、全体を通して新郎新婦に向けた語りかけやメッセージがメインになるような構成だと良い形になります。あくまであなたが目立つ場ではなく、二次会の主役は新郎新婦です。

簡潔に、短く

披露宴の乾杯挨拶は割と長めですが、結婚式二次会の乾杯挨拶は短めでお願いします。最長で2分です、できれば1分前後の方がいいでしょう。

ある意味気軽になるかもしれませんが、変な話簡単な自己紹介、おめでとう!乾杯!でも良いくらいです。二次会なのにダラダラと話していたらゲストも飽きちゃいますので、「おめでとう!乾杯!」は言い過ぎだとしても長々と話さずテンポよく乾杯挨拶を行いましょう。

二次会から参加する方の配慮

考えなければいけないのは、二次会から参加したゲストも多くいらっしゃるということです。

その方がに向けてしっかりと挙式・披露宴の状況や感想を伝えるべきです。

「こんな素敵な式だった」とか、「こんな素敵な演出があった」とか、「めでたく挙式を挙げて、感動しました」などあなたの感想でいいので、二次会からの参加者にもしっかりと報告するようにしましょう。

二次会の乾杯挨拶はフランクな形でもOK

069f0bc6665989be289c133a7163c375_s

簡潔に、短く、のテーマでもお話しましたが、披露宴の乾杯挨拶とは全く別です。

お酒も入っていますし、あくまで二次会なので、最低限の言葉遣い、マナーで大丈夫です。

例えば新郎のことをあだ名で読んでも、新婦と面識があれば○○ちゃんなどと言っても問題はありません。

ただ、二次会の会場の中にはあなたのことを知らない人もいるので、あまりにフランクすぎる形は避けるようにしましょう。

また結婚式関連行事では忌み言葉と言われる避けるべき言葉も友人同士であればそこまで気をつけなくてもOKです。

流石に「別れる」とか、「離婚」などは避けるべきですが他については神経質にならなくてもいいでしょう。

乾杯挨拶では新郎をいじって、褒める

せっかく二次会の乾杯挨拶を頼まれたからには、少しでも盛り上げてこれからの二次会を楽しくスタートさせたいですよね。そんなときのネタは新郎いじりが鉄板で盛り上がります。

あなたのことを知らない人を話術だけで笑わせることは技術的に難易度が高く、それで笑ってくれる人もおそらくあなたの身内の方がメインになるので、どうしても内輪ノリっぽくなり、他の人からは良い反応はされません。

そんなときにみんなが知っている or 興味がある対象は「新郎新婦」です。

その二人のネタで話をするのが、盛り上げるにも、二次会のネタとしてもマッチしています。

ただ、気をつけていただきたいのは、あなたが新郎友人だった場合新婦いじりはNGです。

仮に共通の友達だったとしても新婦と親友レベルではないと軽いいじりも避けたほうが無難です。いじるのは新郎にしましょう。

いじり方のコツとしては2つです。結婚にとってプラスのことや愛のあるいじりをすることと、最後に褒めるを基本にしましょう。

結婚にとってはプラス評価と愛のあるいじりとは

いじりと一言でいってもいろいろなパターン、内容があります。飲み会では受けても結婚式ではふさわしくなかったり、飲み会ではウケなくても結婚式二次会では良いものも多々あります。例を見てみると、

「○○くんは△△ちゃんと付き合う前から合コンとかクラブとか誘ってもそういうところに参加してくれなくて、同期の中では付き合いが悪いやつだった〜」

というのは飲み会とかで本人に言ったら、ストレートに付き合いが悪いことを非難しているような雰囲気にもとられますが、結婚式二次会での乾杯挨拶になるとゲスト、特に新婦の友人は

「女遊びしていないまじめな人」「浮気とかしなさそうでよかった」

という風に感じられるので、女性が苦手、人見知りなどのいじりは結婚式二次会ではプラスの評価にもなります。

このようにいじりの裏のニュアンスに「真面目」「新婦想い」「家族思い」「浮気しなさそう」など結婚生活においてプラスになるポイントを込めたいじりがコツで、それを具体的に面白くいじれたら最高です。

褒める

あとの「褒めるポイント」は簡単ですね。先程裏に込めたニュアンスを直接話せばいいだけです。先程の例のまま続けるのであれば、

「○○くんは△△ちゃんと付き合う前から合コンとか誘っても全然参加してくれなくて…冗談半分で『女の子に興味ないんじゃないか!』と仲間内で話していたのですが、いきなりこんな綺麗な奥さんを紹介されてビックリしました。やっぱり○○くんの優しい所や一途なところが奥さんには伝わったんだと思います。これからも○○くんを飲みに誘うこともあると思いますが、こんな綺麗な奥様がいたら断られても文句は言えません(笑)」

のような感じで最後に褒める&新婦もあげるポイントを入れるだけです。

二次会乾杯挨拶は明るく、誰よりも嬉しそうにしていることが一番


冒頭にもお伝えしましたが、結局のところこれが全てです。

ちょっと長くなってしまっても、忌み言葉を言ってしまったとしてもお祝いの気持ちがあれば、ゲストはもちろん、新郎新婦も良い乾杯挨拶だったと思ってくれるはず。

話す時間が短い乾杯挨拶ですが、これを機に新郎との思い出を振り返ってみて、改めて祝福の気持ちに浸ってみるのが最後のコツですね

ブライダルグッズ専門ショップ開店!最大割引25%クーポン配布中

新郎新婦の、新郎新婦による、新郎新婦のためのショップ。

その信念を元にマリーギフトショップを立ち上げました!