みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

最近どんどん増えている結婚式関連のムービーコンテンツ、結婚式や披露宴だけでなく、二次会でも活用されてきています。こちらの記事を読んでいただいている方も結婚式二次会でムービー使ってみようかなぁと思っていらっしゃる方だと思いますので、参考になるムービーだけでなく、ムービー選びのポイントや気をつけるべきポイントなどしっかりとご紹介させていただきます。

結婚式二次会でムービーを使う時のメリット・デメリット

new-years-eve-1905144_1920

最近増えてきている二次会でのムービー演出。改めて特徴を整理しましょう。

結婚式二次会でムービーを使うメリット

  • 結婚式前日までに作ってしまえば落ち着いて想像通り演出が実行される安心感
  • ムービーはゲストの注目度も高く、しっかりと見てもらえる
  • ムービー自体が思い出の品として残すことが出来る。
  • 余興の練習する時間や場所が離れていても編集すれば多くの人が参加できる

結婚式二次会でムービーを使うメリット

これと言ったデメリットはありませんが、あえて言うのであれば下記ポイントでしょうか。

  • 準備に結構な時間がかかる
  • 業者に頼むとお金がかかる
  • あまりに多すぎる&長すぎると歓談の時間や演出の時間が減ってしまう

二次会でのムービーを上手く活用するための共通ポイント

maldives-698501

二次会の映像の出力規格をしっかりと確認すること

結婚式披露宴ではプランナーに再三言われるため、気にする映像出力の規格ですが、特に注意したいのは画面の縦横比率です。

縦横比は上映されるスクリーンや画面、プロジェクタの比率のことで、16:9もしくは4:3が一般的です。せっかく作成しても縦横比があっていないと窮屈に見えたり、切れてしまったりするので、作成し始める前、編集し始める前に二次会の映像企画をしっかりと確認しておくようにしましょう。

前後に黒画面を10秒ずつくらいに設定しておく

こちらも映像の作り方の話ですが、DVD準備にごたつくと、DVDのメニューやサムネイルが写ってしまったり、PCやのデスクトップが映ってしまうこともよく見かけます。そういったちょっとかっこ悪いところを見せ内容にするポイントは前後に真っ黒画面や真っ白を10秒ずつくらい入れておくことをオススメします。

そうすることで、

  1. DVDを再生する
  2. 黒画面が流れ始める
  3. 投影を開始する
  4. 映像が終わり黒画面に戻る
  5. その間に投影を切る
  6. DVDをストップする

という流れにすることで、非常にスマートに映像演出を開始・終了することができます。是非ご自身で作成する際は是非やりましょう。

DVDに焼いておく、できれば2枚

PCでそのまま上映する方も多いですが、トラブルを避けるためにはDVDに焼いたほうが安全でしょう。PCであ持ち運びの間に運悪く壊れてしまったり、起動に非常に時間がかかったり、電源が確保できなかったりと様々なトラブルが考えられます。もし二次会会場でDVDを流す機器があるのであればDVDに焼いてくことをおすすめします。そのほうが安全です。

またDVDもできれば2枚以上焼いていく方が良いでしょう。家のDVDデッキなどで試しに流してみたるすると思いますが、万が一のことを考えて2枚あると安心です。数百円しますが、数百円のお陰でトラブルを回避出来るのであれば安いものです。

多すぎない&長すぎない

デメリットにも記載しましたが、多すぎたり長過ぎることが内容にしましょう。結婚式二次会は映像の上映会ではありません、あくまで新郎新婦とゲストの交流がメインになります。

できれば複数ジャンルで計4本、最大で計20分位が現実的かと思います。あくまでMAXでです。また、映像がながければ長いほど、ゲストは飽きてしまうので長く創るのであれば相当の制作力が試されます。できれば4,5分くらいにまとめるのが良いかと思います。

二次会のコンセプトと合うようにする

二次会といっても人によってイメージするものが違います。パーティー系なのか、レストランの着席型なのか、少人数でやるのか、しっかりとその場の雰囲気やゲストに合わせたムービーを作りましょう。雰囲気に合わせたムービーを創るためにも友人がムービーを創るのであれば企画前に下記のことは抑えておきましょう。

  • 人数
  • 呼ぶコミュニティ(上司などもくるのか)
  • 会場
  • テイスト
  • 着席型なのか立席か
  • どんな雰囲気にしたいか

前もって制作しておくこと

最後に当たり前ですが、ムービーは慣れている人でもそこそこ時間が取られますし、ましてや普段作り慣れていない人が仕事や家事の合間に作成されるとなると非常に時間がかかります。制作会社でも1週間から2週間ほどの納期を要求することが多いので、できれば2ヶ月位から準備(企画や撮影)をして、1ヶ月前には制作にうつれるようにしておくべきでしょう。

二次会において使われるムービーのオススメ

結婚式二次会では様々なアイデアを凝らしたムービーがたくさんあります。
Youtubeなどにもたくさんアップされているので、テーマや方向性が決まったらいろいろと検索してみてはいかがでしたでしょうか。

オープニングムービー

情熱大陸系

プロフェッショナル仕事の流儀系

友人からの余興ムービー

スケッチブックムービーやバトン系ムービー

こまどり系

サプライズ

アテレコ系/パロディ系ムービー

PV完コピ系

トリセツ系

二次会ムービーは感動&盛り上がるけど無理・・・という方は

二次会のムービーは気持ちが入っている分、友人たちが作成するといろいろな人とやり取りしたり、準備したり、練習したり、編集したりと結構大変な作業ですが、その分感動も大きいです。もし自作が忙しすぎて難しい場合や友達に依頼するのが気がひける場合は業者に頼むというのも一つの手ですね。

一つオススメなのはMarryGiftの写真投稿演出とエンドロール作成のコンボ

歓談中などは写真投稿機能などで常に活用して盛り上げてもらい、その後締めのタイミングで、ゲストが投稿してくれた写真でエンドロールを流す演出ができたら締め方も素敵です!

結婚式の写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービスMarryGift

是非二次会のムービー演出を考える際は是非検討してみてください!

二次会を計画中の新郎新婦と幹事に必ず読んでほしい記事:結婚式二次会をやるならまず読んでほしい完全マニュアル

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪