みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。


結婚式のプロフィールムービーは人気演出の一つですが、業者にお願いするにもしても、自作するにも写真・音楽・コメントは自分で用意する必要があることがほとんど。

むしろプロフィールムービーは演出やクオリティよりも写真・音楽・コメントが非常に重要です。

そこで、こちらの記事ではゲストが感動する素敵なプロフィールムービーを作るためのコメントのコツと、サンプル例文をご紹介します。

 

1.忌み言葉を避ける

プロフィールムービーだけでなく、結婚式全体を通して気をつけたいのが忌み言葉。これはある特定の言葉を避ける習慣ですが、うっかり使ってしまいそうなものも多いんです。

プロフィールムービーでよくつかってしまう忌み言葉は、この5種類。

    • 読点(、)や(。)

→区切れを表すので、一生を誓う結婚式にふさわしくないので、どうしても句読点を使う場合はスペースなどで代用しましょう。

    • 「別」「離」など

→別れを連想されるのでNG

    • 「度々」や「共々」など

→結婚式は一度きりのもの、何度もやるというのは縁起が良くないので重ねない

    • 「忙」という漢字

→「心」を「亡」くすと書くので縁起が悪い

    • その他祝儀にはふさわしくないキーワード

→下ネタなどは避ける

忌み言葉に関してははプランナーや制作会社の方が気づいて直してくれることも多いですが、本番までプロにチェックしてもらえない場合もあるので作成するときから気を付けておきましょう。

 

2.タイトルや説明だけにならないようにする

プロフィールムービーをシンプルにクールに作りたい気持ちもわかりますが、その写真の状況だけを説明しているコメントはさけましょう。

  • 「○年○月○日 誕生」
  • 「高2修学旅行 奈良」
  • 「高校時代サッカー部」

などと書くと履歴書みたいですね。

「○年○月○日誕生 4000gのビッグベイビーでした」
「中学の修学旅行 奈良でシカにせんべいをあげて興奮!」

こんな風に一言添えるだけで、温かみのあるプロフィールムービーになります。

3.ゲストと関係のあるコメントをいれる

結婚式には、ゲストもたくさん参列していますよね。その方たちへ語りかけたり、他の人に紹介するような口調・コメントの方が盛り上がります。
特に思い出に残っていることや、これを機に伝えたいことなどをいれましょう。

4.一画面に15文字〜30文字を一文で

一画面に入れる文字が多すぎると、写真が見えなかったり文字を追いきれなくなります。ベストは15〜30字秒程度で、一文にまとめましょう。

もし文章を少し長めに使いたい場合は、その画面の表示時間を長くするか、文章を二文に分けて二画面で伝えるなどの工夫が必要です。せっかく良いコメントがあっても読めなかったら意味が無いので、しっかりとゲストが読みやすい長さを意識しましょう。

また、一画面当たりにどのくらい秒数かければいいの?と疑問になるかもしれません。基本的には一画面6秒あればしっかり文字を呼んでもらえます。

5.笑いを取りに行くのは慎重に

せっかくだから、プロフィールムービーで全員から笑いを取りたいという新郎新婦もいるかもしれません。しかしこれは内輪だけの盛り上がりになりがちです。

上司や親戚も見ているので、友人にだけわかるメッセージばかりにするのは避けてください。また、結婚式プロフィールムービーはしっとりしたトーンの曲を使うことが多いので、音楽などの雰囲気とミスマッチしないように気をつけましょう。

6.長文は複数枚にわけて背景をつける

冒頭の挨拶や最後の締めの挨拶は、長文になりがちです。

本日は大変ご多用のなか 私達の結婚式披露宴にご参列いただき 誠にありがとうございます いまの幸せも皆様の温かいご支援のたまものです 未熟者の二人ですがこれからもよろしくお願い申し上げます

例えばこうしたコメントを入れたい場合は、一度に位置画面出すのではなく、複数枚にわけましょう。

「本日は大変ご多用のなか 私達の結婚式披露宴にご参列いただき 誠にありがとうございます」
「いまの幸せも 皆様の温かいご支援のたまものです」
「未熟者の二人ですが これからもよろしくお願い申し上げます」
といったようにわけるといいでしょう。

この時背景が真っ白や真っ黒だと、素人っぽい作りになります。二人の写真を透過性を上げて背景にするか、シンプルな無料画像を持ってきましょう。

7.連続性を持たせてストーリーを作る

ストーリーを作るというと難しく聞こえるかもしれませんが、幼少期から現在へつなげるなど、連続性を持たせることが大事です。といっても難しいよ、という場合のコツは、つらい経験や挫折、苦しかったことも書くこと。そこから仲間のおかげで乗り越えられた、なんていうストーリーは感動的ですよね。

ついついそれぞれの時代の絶頂期のことばかりコメントにしたくなりますが、それぞれの時代で大変だったこと、辛かったことを書きましょう。

8.歌詞とコメントを合わせる


歌詞とコメントを合わせるというテクニックもあります。例えば「ありがとう」という歌詞のタイミングで「お母さんありがとう」と入れるなどすると、より感動的です。

周りへの感謝やゲストへの呼びかけなどタイミングを上手く合わせるのは難しいですが、大好きな歌の大好きな歌詞がある場合はチャレンジしてみてもいいでしょう。イメージがわかない方はこちらの動画を見てみてください。(3:48からです。)

プロフィールムービー映像に使えるコメント例文一覧


couple-1427863_640

それでは迷った時のコメント例文をまとめておきます。

シーン別にまとめておりますので、悩んだときは参考につかってください!

もちろんコピペしてもらっても問題ありませんが、あくまであなたらしくカスタマイズすることをおすすめします。

誕生〜赤ちゃんの時代

唯一笑いが取りやすいポイント~誕生から幼少期時代。
生まれたときの様子を伝えたり、今じゃ想像できないようなところ、むしろ今と全く変わっていないようなポイントを織り交ぜるといいです。

YYYY年MM月DD日 ○○キロで誕生!!生まれたときは母親似の男の子
○○家長男として誕生 待望の第一子です
小さいときから食いしん坊!
昔はかわいかったんですよ(笑)
YYYY年MM月DD日 ○○キロで誕生!!人生の最初で最後のモテ期
難産だったそうです お母さん お疲れさま ありがとう
ジャニーズに入れるか迷ったほど可愛かったらしいいです
生まれた瞬間に髪がふさふさでした
自画自賛ですが この頃は本当に天使

幼少期時代のコメント

まだまだ可愛い頃!
主に幼少期は家族との思い出について書くのがおすすめです。
お父さん、お母さん、祖父母に伝えたいことをまじえるとGood。

生まれたときの様子を伝えたり、今じゃ想像できないようなところ、むしろ今と全く変わっていないようなポイントを織り交ぜるといいです。

よく動物園に連れて行ってもらいました お父さんありがとう
おじいちゃん おばあちゃんが楽しみにしていた七五三
この頃はお父さんとしかお風呂に入らなかったね
弟ができて末っ子からいきなり長男に
一人でトイレにいけずに弟に付いてきてもらっていました
姉妹でお揃い これからもショッピング一緒に行こう
この頃からマセガキでした
おじいちゃんにはこっそりおもちゃ買ってもらってました
小さい頃から喧嘩ばっかりの兄!でも今はすっかり仲良しです
ずっと欲しかった弟が生まれたときは嬉しかったー!

小学校・中学校時代のコメント

小学校では友達の話も交えて、ユーモアに、面白おかしく思い出を書きましょう!

足が早いというだけでモテモテ いい時代だった
おしゃれに目覚めておかあさんの化粧品を使って登校
男子と混ざってドッチボール 男子顔負けのスピード
お母さんの料理を手伝っているつもりが邪魔に
早くも秀才の兆しが テストでは毎回100点
休み時間は毎回外で林とサッカー
近くの駄菓子屋 高橋屋にはお世話になったな
幼馴染のまきとは今でも親友
白球を追いかけるやんちゃな坊主時代
昔から憧れのお姉ちゃん 洋服も遊びもいつもマネしてました

高校・部活・大学時代のコメント

この頃からの関係や環境が今の自分に大きく影響していることが多々!
今の自分はこの時代があったからこそというエピソードを交えて話すとGood。
友達との関係もここに書くと、ゲストである友人も思い出を振り返りながら懐かしんで見れます!

修学旅行でいった奈良 夜遅くまで騒いでて先生を困らせてました
高校生活の一番の思い出は文化祭 大成功してみんなで記念撮影
制服を着てちょっと大人になった気分!
セーラー服に憧れて受験頑張りました
勉強そっちのけで部活三昧 負けん気はこの時代に形成
甲子園を目指した日々 最高の日々最高のチームメイト
修学旅行はアメリカ 初めての海外
卒業旅行はインドに 世界の広さを痛感
新婦と初旅行がヒッチハイク 日本最高
かずきに会いに遠路はるばる宮崎まで
夜な夜なダンスサークルでダンスの練習
ゼミの仲間は生涯の友達に 今でも月に1回飲み会
いまでも交流のある○○高のみんな 青春時代を過ごした仲間です
卒業式はみんなで別れるのが嫌で号泣しちゃいました
いまでも辛い時や悩んだ時にいつでも相談できる仲間に出会えました

社会人時代のコメント

大人になった時に感じた親へ、同僚へ、職場へ¥の感謝の言葉を伝えましょう!

初めてのボーナスは親に旅行をプレゼント
初めての一人暮らし 親に感謝
自炊の大変さを知った22歳
楽しかった新入社員研修 同期最高!
お金を稼ぐ大変さを知った お父さんありがとう
部長の安田さんにはいつもサポートしてもらっています ありがとうございます
日々新しいことがあって大変ですが日々成長
お世話になっております職場のみなさま これからもお願いします
辛い研修も一緒に乗り越えた同期のみんなと!これからもよろしく
初めて受注した日に先輩と!これからもよろしくお願いします
○○の仕事がしたくて今の会社に!毎日充実しています。

家族・両親についてのコメント

短いコメントをご紹介しますが、締めの前に文字ベースのスライドを使って両親に対する感謝の気持ちをしっかりとコメントする手法も人気です。

昔からたくさん迷惑かけてごめんね これからも迷惑かけるかも(笑)
今ある幸せはお父さんお母さんのおかげです ありがとう
両親のように仲良い夫婦になります
むかしから言われた「人にやさしく」は座右の銘です

二人の馴れ初め・出会い・プロポーズ

二人のプロフィールムービーのシーンはできればどちらのコメントか、わかるよう文体や口調を工夫したり、字幕の色を青とピンクに変える工夫をするといいでしょう

○○で運命の出会い!第一印象は△△
僕らのキューピットは今日来ている○○さん
二人の共通の趣味の○○をいつもたのしんでます
付き合った初デートは○○ 今でも思い出でです
○○ △△ ■■ 旅行もたくさんいって思い出もたくさんできました
○○でド緊張のプロポーズ大作戦も成功!○○日に入籍しました(します)

プロフィールムービー最後の締めの言葉

プロフィールムービーの締めは基本的に

「本日はご多用のなか私達の結婚式披露宴にご参列いただき誠にありがとうございます」

を締めの挨拶の冒頭に入れ、その後以下のような感謝のコメントを入れます。

改めて昔を思い出してみると 皆様に支えられて 今の私達があると実感しています  まだ未熟な私達ですが これからも末永くお付き合いください
大切で大好きな皆さんに囲まれて結婚式披露宴ができて本当に幸せものです これからも仲良くしてください
今日の幸せは本当に皆様のおかげだと感じています これからもよろしくお願いします

そして、締めに今日は楽しんでいってくださいというコメントを入れるといいでしょう

プロフィールムービーはオリジナルの心を込めたコメントを

コメントのサンプル文章をまとめさせていただきましたが、大事なのはみなさんのオリジナルな言葉や感情です。是非冒頭のポイントを抑えていただき、自分らしいコメントを見つけてください。

絶対見つかるオープニング/プロフィールムービー

マリーギフトは厳選されたクリエイターたちと共同でオープニング・プロフィールムービーの販売を開始しました

ドラクエ風やエヴァ風のパロディからインスタグラム風のおしゃれオープニングムービーまで

続々と新商品を追加していきます♪