ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


結婚を表すキーアイテムの婚約指輪結婚指輪

ブランドや形、価格はいろいろとあれどきっと二人の想いが詰まった一品のはず。せっかくの大事な指輪。おしゃれに撮影して、アルバムに花を添えましょう。

リングで親指フォト①


リングで親指フォト

https://www.bodas.net

親指フォトとは二人の親指にフォーカスした写真撮影の仕方で、最近徐々に流行ってきています。

結婚での親指フォトでは王冠に見立てて、指輪を載せるのがキュートです。

リングで親指フォト②


リングで親指フォト2

http://hidechee.exblog.jp/

写真のフレームを活かして。旦那さんがサングラスになっているのも、二人の個性を表していますね!

リングの中に


リングの中に二人がすっぽり

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/

指輪の中に新郎新婦を入れる構図。

まるで二人が指輪の中に閉じ込められたような遠近法を使用したもの。

結婚式の写真では遠近法を活用したショットが多いのも特徴ですね。忘れがちですが、是非前撮りのタイミングで撮影したい構図

L.O.V.E


LOVEのOをリングに

https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/

結婚といえば二人の愛の約束。LOVEの「O」の字をリングで象形しています。

指輪がハートの形に


指輪の影がハートに

http://media-cache-ec2.pinimg.com/

結婚指輪は丸いですが、本にできる影の工夫でハート型に演出。写真のような洋書でも雰囲気が出ますし、同じ学校なら二人の使っていた教科書など二人らしさが演出できると素敵ですね。

なんかこんな画像が10年前くらいに中高生の間で流行った気が…

指輪と鍵盤


6

https://jp.pinterest.com/

ピアノを習っていた新婦さんにはぴったりです。白と、黒、シルバー、そしてダイヤのきらめきのコントラストがとても素敵で指輪が非常に映えます。

指輪とウエディングシューズ


指輪をヒールに通して

https://jp.pinterest.com/

ウエディングシューズのヒールに指輪を通したもの。

靴が支えあっているのも二人が寄り添っているイメージを持ちます。

指輪とウエディングシューズ②


指輪とウエディングシューズ

https://jp.pinterest.com/

こちらはオープントゥーのつま先に指輪を置いたもの。さり気なく、下も鏡面になっており、反射して美しいです

おもちゃの車にのせて


9

https://jp.pinterest.com/

今後二人が一緒に生きていくことを表しているようです。よくドライブデートをするカップルやクルマ好きなカップルにはおすすめです。

お花と

 

花と指輪

http://garakuta.oops.jp/

1輪の花に指輪を通りしている構図花という結婚式を連想させるもう一つのアイテムを組み合わせたショット。

追記:プロポーズシーンの再現を


knpweddingさん(@k79tn.829)が投稿した写真

ほかのものと少し雰囲気が異なりますが、こちらも立派な指輪を活かした写真。

指輪単体は目立ちませんが、指輪を渡した瞬間のシーンや雰囲気をイメージさせるような写真。

あえて指輪をピントに合わせているところや奥で笑っている奥様もすごい素敵ですね。

追記:二人の愛の結晶

Risa Kawaiさん(@08richa28)が投稿した写真

こちらも少し番外編。

二人の愛のしるしが指輪ですが、それを二人の愛の結晶であるお子さんが握りして眠っている写真てすごい素敵ですよね。

最後に


いかがでしたでしょうか。

私は自分自身が写真に映るのは好きではありませんが、こんな写真ならどんどん撮ってもいいなって思うような素敵な写真がたくさんありました。みなさんも是非真似してみてください!

編集部おすすめ人気記事

今流行のゲスト全員に楽しんでもらえる新しい演出って知ってる?

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!