みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

盛大に行われる結婚式披露宴の締めに当たる新郎謝辞。多くのゲストは新郎はどんなことを話すのだろうか、期待しています。そしてゲストだけでなく、新婦もそして自分の両親も、新婦両親も新郎がどんな謝辞をするのか、想像以上に楽しみにしています。

新郎謝辞成功のポイント

まずは謝辞の例文、サンプルの前に心がけていただきたいことをポイントに絞ってご紹介します。

新郎謝辞の時間の目安は2,3分

披露宴の時間はおよそ2時間超、ゲストも当然疲れてきています。もちろん新郎謝辞を楽しみにしている反面、長すぎるとゲストも疲れてしまいます。それに3分超のスピーチの構成を考え、興味を持ってもらい続けながら話をするのはそれなりのスキルが必要です。そういったことも考えて2分ほど、文字数で言うと700文字〜1000文字程度の長さが良いでしょう。(一般的には350文字/分読み上げるスピードと言われています。)

新郎謝辞の練習をしっかりと

文章ができたらしっかりと読んで練習することです。黙読ではありません。しっかりと声に出して読むべきです。声に出して読むことでスピードもしっかりと把握できますし、文章中の違和感も感じることができます。できれば実際に図りながら、新郎謝辞を本番で話しているような気持ちでゆっくりと話すことを心がけましょう。しっかりと練習することで暗記できるメリットもあります。

不安ならカンペやメモをもってもOK

結婚式の新婦からの両親への手紙2

新郎謝辞に非常に緊張する方も多いと思います。緊張の原因は大勢の前で話すこと、だけではなく新郎謝辞で大切な結婚式で失敗したらどうしようという不安です。さて、そう考えた時に「失敗」とはどんな事が考えられるでしょう。早く読みすぎた、噛んでしまった、内容が飛んでしまった(真っ白になってしまった)などだと思いますが、そんなに緊張するのであればしっかりと便箋を用意して、最初から読んでいる方が堂々と読めますし、多くの心配事も減ると思います。
それに原稿・カンペと言われますが、大統領や総理大臣でも原稿を手元にスピーチをしますし、花嫁だって手紙を読みます。新郎謝辞で原稿を広げても何もおかしなことはありません。

もし、原稿をもってはなすのであれば注意してもらいたい点は2点

  • メモなどの小さいものではなく、しっかりとした便箋にして持っておくこと
  • 手元にばから集中するのではなく、しっかりとゲストの方に向かって話をすること

こちらの2点にはしっかりと気を付けましょう。

決まっていた内容だけでなく、当日感じたことを新郎謝辞に織り込む

一生懸命原稿を用意されるかと思いますが、何もかも予定通り決めた内容を読み上げては感動もなく、無機質に感じてしまう人も多いと思います。そこでオススメなのは短くてもいいので、その日感じたことをいれることです。天気の話でも、ゲストに祝福されてみた感想、結婚式を挙げてみた感想、スピーチをしてくれた人に対する感謝と感想など感じることを多々あったはずです。そういった当日の感想・内容を盛り込むようにすることで、より感動的で、ゲストが興味を持ってくれる謝辞になるでしょう。

一生懸命と堂々と話す

新郎衣装のタキシードを試着する

そして何よりも大事なのは堂々と話す態度や姿勢です。人の話す内容の○割は見た目から、○割は話す声から印象を受け取るなどの言葉があるように内容だけではなく、声のトーンや仕草、表情も非常に良く見られています。
緊張するでしょうが、たくさん練習して堂々と話しましょう。

忘れてしまったら感謝の気持ちを伝えることに集中する

もしカンペを用意せず、暗記して挑んだ時に忘れてしまったら、焦らず結婚式で関わった人、これまでの人生に関わってくれた方々に感謝を述べることに集中しましょう。来ていただいたゲストの方、余興やスピーチ、挨拶をしてくれた方、育ててくれた両親、今日手伝ってくれたスタッフの皆さん、新婦の両親・ゲスト、そして新婦に感謝の気持ちを順番に述べるだけで、立派な新郎謝辞になると思います。

他の新郎さんに読んでいただいている記事

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪