みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

この度はご結婚、またご懐妊おめでとうございます!一昔前ではできちゃった婚などとも言われていましたが、現在では2つの幸せがかなり、マタニティウェデイングも感動的であると好評です。しかも珍しいと思われているマタニティ婚ですが、4人に1人は妊娠中に結婚式を挙げているそうです。

でも、マタニティウェディングにするか、それとも産後に結婚式を挙げるか迷うのではないでしょうか?そこで今回は結婚式前にお子さんを授かり、マタニティウェディングを挙げるか、それとも産後に挙げるかで悩んでいる新郎新婦さんにそれぞれのメリットデメリットをお伝えします。

マタニティウェデイングのメリット

では早速マタニティウェデイングのメリットをご紹介していきましょう。こちらのメリットは妊娠していなときの比較ではなく、産後との比較でのメリットについて主にご紹介しておりますが、あわせてマタニティ婚ではないと味わえない幸せなどについてもご紹介します。

  • 出産・子育てが大変になる前に結婚式を終了し、落ち着いた状態で子育てに入られる。
  • 出産前で比較的お財布的には余裕のある状態で結婚式が出来る。(逆に子育て貯金が減る)
  • 2人だけで結婚式をするよりも、より家族の絆を感じることが出来る。
  • お腹の大きい写真を残すことが出来る
  • 若いうちに、子育てに疲れる前にドレスを着れる。

などがあります。またマタニティウェデイングの場合は発覚と、安定期の都合上2,3ヶ月前に会場を決定することになりますが、マタニティウェデイングプランや直前割なども存在するので、費用の面でオトクな一面も。

マタニティウェデイングのデメリット

一方でマタニティウェデイングのデメリットはどうでしょうか。

  • 体調管理が難しい(妊娠初期や後期)
  • アルコール禁止
  • 着たいドレスの選択肢がかなり少ない
  • 選べる時期(安定期)が狭いので会場予約が難しい
  • 通常の結婚式に比べ、急遽行うことが多いので、ゲストを集めづらい。
  • 今は普通になっている授かり婚ですが、古い人(親戚)などからの反応はどうしても・・・

と、なかなかデメリットもあります。メリットもデメリットも存在するものですが、体調管理の難しさは大きなデメリットかもしれません。

さて、一方で1,2年結婚式を先送りし、子供と一緒に結婚式を挙げる家族婚はどうでしょうか。

産後ウエディング・ファミリーウェデイングのメリット

  • 子供に結婚式に参加してもらえる
  • お酒が飲める
  • ドレスの選択肢が広い
  • 産後ダイエットのモチベーションに
  • 綺麗な家族での写真をたくさん撮ることができた

などの声が聞こえてきます。やはりマタニティウェデイングと比較して、ドレスを自由に選べるという点は大きいでしょう。また、いくらお腹の中でもう一人いるというよりも実際に子供と一緒に登場できる、写真にうつれることは大きな喜びに感じる方も多いのではないでしょうか。

産後ウエディング・ファミリーウェデイングのデメリット

  • 出産・育児費用でお金がない
  • 子育てが大変すぎて、準備や打ち合わせどころではない
  • 結婚式本番中に子供がおとなしくしているとは限らなくて、不安
  • 子育てに疲れすぎて自分では老けたなぁと思った

ファミリーウェデイングでも大変なメリット・デメリットは同様にたくさんあることがわかります。

メリット・デメリットではなく、大事なのは挙げたい時に挙げること

双方の結婚式のやり方についてメリット・デメリットを挙げましたが、いちばん重要なのは挙げたい時に挙げることです。中には妊娠中、また産後も忙しかったり、体調の問題で結婚式を挙げれずに3,4年後、もしくは20年後に結婚式を挙げる方もいらっしゃいますが、皆様とても素敵でした。

改めてメリット・デメリットを見比べながら、いつ式を挙げたいのか素直に考えてみてください。どっちも大変で、どっちも幸せだと思いますので

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムにスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックでエンドロールを作成
・式後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪