みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

ゲストの方へ:1.5次会や二次会で会費制の場合はご祝儀は不要です!

海外での別撮り撮影

もしゲストの方が、会費制のときにご祝儀っているの?って疑問を感じていらっしゃる方がこちらのページを御覧頂いていることを考えて、先にご結論をお伝えすると、会費制の場合はご祝儀は不要とされるのが一般的です。

会費制というのは招待された時や招待状に具体的な会費の金額が明示されていることを会費制と言いますが、その際は当日は会費のみでOKです。受付によっては会費以外の受け取りを拒否というか辞退するように言われていることもあります。もし結婚祝いを、お金でも物でも別にお渡ししたい場合は結婚式以外の日にお渡しするのがスマートでしょう。

1.5次会はご祝儀制?会費制?実は会費制が7割

1.5次会のスタイルにもよりますが、ほとんどの場合が会費制にしている場合がメインです。海外で挙式を行って日本では披露宴的なパーティーのみの場合はほとんどが会費制ということですね。会費制にすることのメリットも多くありますが、今回はご祝儀制にフォーカスして、ご祝儀制のメリットとデメリットを詳しくご説明させていただきます。

1.5次会をご祝儀制にするメリット

どう捉えるかは本人たち次第ですが、おもてなしをする金額的余裕が違ってきます。例えば同じ会場で同じ料理だった場合、ご祝儀のほうが多くお金を頂けるので、その分お酒の種類を増やしたり、引き出物をしっかりと用意できたりもします。

正直なところご祝儀制にするメリットはこのくらいでしょうか。。。

1.5次会をご祝儀制にするデメリット

エンドロールでのありがとうという言葉

一方でデメリットは大きく3つあると思います。1つはゲストへの負担増加、そしてゲストからの期待が大きくなること、収支の見立てが立ちづらいことです。順にご説明します。

1.5次会はゲストへの負担が大きくなる

当たり前ですね。ご祝儀の相場については以前記事にさせていただきましたが、高くでも2万円ほど。

ご祝儀は一般て常識的に3万円とされているので1万円ほどの差になります。その分ゲストに対する負担は減りますね。

1.5次会からの期待も高まる

1つ目と関連が高いですが、ゲストにご祝儀形式でお祝いしていただく場合は2万なり3万なりの期待をもってゲストは参加します。

もちろんお祝いの気持ちを込めた金額なので元をとるきはさらさらないと思いますが、他の結婚式と比較されます。つまり3万円のご祝儀に対してどれだけのおもてなしをしてもらえるか、無意識に今までの披露宴に参加した経験と比べてしまします。

同じ「披露宴」なら大差はないですが、立食や大皿ビュッフェの着席系だとすると、あまりいい印象は持たれないでしょう。

頂けるお金の見通しが立ちづらい

最後は本当に新郎新婦に対するデメリットだけになりますが、重要なことです。一般的にご祝儀は2.2万円程度で計算しておくとそのくらいになるといわれていますが、(※ゲストの年齢層によってことなります)1.5次回や結婚パーティーという名目での招待した時にご祝儀がいったいいくらくらい頂けるのか不明瞭になります。ゲストもいくら包めばいいかわからないですから当たり前です。
通常の披露宴と同じくらいで計算していると予算通りにいかないことになる可能性もありますし、一方で少なく見積もっていたら想像以上に多くいただき、デメリットの2のようなことが起ってしまうかもしれません。

1.5次回はご祝儀ではなく会費制をおすすめ

ご祝儀か会費制か迷われると思いますが、上記のメリットデメリットを見比べていただくと会費制の方が7割だということもご納得頂けると思います。もちろんご祝儀制を否定することはありませんが、ご祝儀制にするのであればよりフォーマルな1.5次会を意識しましょう。具体的にはもう挙式がないだけで、中身はほぼ結婚披露宴と同じくらいにするべきです。

会費制でも安価にゲストをもてなせる楽しい写真投稿サービスMarryGiftもご検討ください!

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪