みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

海外挙式を悩んでいるけど、国内でみんなに囲まれて過ごす挙式も幸せ、、どっちがいいんだろうか悩む。もしくは私は海外挙式がいいのに!相手が納得してくれない!という方も多いでしょう。そういった場合は一度、メリットとデメリットを整理して、自分たちの価値の基準と照らし合わせて選ぶのが正解です。

まずは海外挙式のメリット

景色が非日常的で、非常にいい写真が撮れやすい

憧れる理由の1つではないでしょうか。リゾートであれば真っ青な海と、空、真っ白のウェディングドレスが映えないわけがありません。見返す写真もより魅力的な思い出になるでしょう

海外挙式の準備が楽

海外挙式は一般的な国内挙式よりも決めなくてはいけないことも少なく意外に準備が楽なのです。そもそもゲストを及びしないパターンは特に打ち合わせもすくないです。またパッケージ化されているものも多いことも理由の一つです。

海外挙式なら招待客を厳選する事ができる

国内で結婚式を行うとなると、○○さん呼んだらあの人も呼ばないと。人数が足りないからあの人も・・・なんて人間関係で誰を呼ぶのか呼ばないのか悩んでしまいますが、海外挙式ではそんなこと悩む必要はありません。周りが見てもあの子は特に仲良いよねと言う友達を数人読んだり、親族だけや2人だけの挙式も考えられます。人間関係に悩んだら海外挙式、ありですよ。

新婚旅行と合わせていけることが出来る結果費用も割安に

結婚式を挙げる多くの新郎新婦が検討するハネムーン。挙式・結婚式・二次会を行ってからまた新婚旅行にいこうとなるとまた30万円以上の負担が発生しますが、海外挙式であれば初日に挙式を終え、残りの1週間ほどを新婚旅行として観光するなどの過ごした方も可能です!

両親を海外旅行に連れて行くことが出来る

自分のご両親を海外旅行に連れて行ったことありますか?一つの親孝行として両親に海外旅行をプレゼントするいいきっかけにもなるかも。

ハネムーンと同様に式のあとの滞在費も用意してあげてゆっくり過ごしてもらえれば、結婚の喜び+海外旅行のプレゼントという大きな2つの親孝行になるでしょう。

海外挙式のデメリット

さて、メリットをあらかたご紹介しました。海外挙式いいじゃん!と思ってくれた方も多いと思いますが、実はデメリットもそれなりに存在してしまいます。

事前の実地見学は少しむずかしい

こちら実は結構新郎新婦から話を聞くことが多い悩み・後悔のポイントです。海外は文字通り海外なので、国内のように「じゃあ土日に式場見学!」とは行きません。そのため、パンフやネットの写真や映像だけで決めてしまうと「あれ?思ってたんよりしょぼい・・・」などのギャップが生まれる原因にもなります。

しっかりと口コミやプロが撮った写真以外の一般人がUPしている写真もちゃんと見て決めましょう。

いざゲストを招待するとなるとお金の問題や手間の問題もある

ゲストを呼ぶ場合のデメリットですが、お金の問題は大きいです。ハワイなどの近場の挙式でも渡航費と宿泊費で10万円弱かかります。それを全て負担してもらい+ご祝儀ももらうなんてことはありえませんので、基本的には渡航費滞在費を全て負担するか、一部負担、もしくはそちらは全部自費で負担してもらう分ご祝儀はなし、などの方法を取ります。

そうすると結構金銭的な負担は大きくなります。もちろん一人が増えたら、食事やお酒のお金も発生してきますので。とはいえ、国内で挙げるよりかは割安になる傾向が高いようです。

また、ゲスト周りでもう一つ、航空機やホテルの手配が意外に大変です。それぞれの予定を合わせて何時の便で来るか、何日何時の便で帰るか、それぞれ異なるのでヒアリングして取りまとめをします。チケットの取得までは代理店がやってくれますが、取りまとめだけでも負担になることは間違いありません。

ドレス姿を国内の友人知人にみてもらうことができない

海外挙式のわかりやすいデメリットはコチラですね。あなたのドレス姿を皆さん見ていただくことは難しいです。(生で)
また、ゲストに囲まれて行う人前式などの演出ができないことも残念なデメリットの1つです。

異国に行くことになるので、言葉や文化の壁がある

当たり前ですが、そこは外国です。日本のように日本語は伝わらないですし、日本人には当たり前の感覚も相手によっては異なります。もちろん治安も日本様に良いとは言えません。

国内にいるよりも密にコミュニケーションをとること、治安などに対しても警戒することを考えるとずーっと開放的に楽しんでいられるわけでもないのでが海外挙式の難しいデメリットです。

ヘアメイクやメイクの納得度が低い

文化に近いですが、海外では「美しい」の定義が違います。簡単に言うと国ごとの好みの問題ですね。それでよく失敗するのがヘアメイクやメイクです。

雑誌や写真を見せても思ったように伝わらず。。。なんてことも。基本的には伝えようとした以上に派手に仕上げられるので、なんども打ち合わせややり直しなどを繰り返して満足の行くメイクに仕上げましょう。もう別料金でやり直してもらうくらいの覚悟で挑みましょう

海外挙式は天気が心配

最後の心配は天候です。日本では外での演出はフラワーシャワーやブーケトスなど限られていて、基本屋内会場なので、そこまで天候に左右されません。

一方で海外の場合、チャペルから真っ青の海と白い砂浜が見えるはずだったのに当日大雨・・・なんてこともあります。海外挙式は外の景色や風景に魅力を感じて選ぶことも多いので、がっかり感も非常に強いです。正直天気はどうにもなりませんが、乾季や雨期など、国ごとに雨が振りやすい時期(日本の梅雨みたいな)があるので、そこは外して予約することをおすすめします。

海外挙式と国内挙式で悩むなら

1つの提案としては1.5次会の実施をご提案します。1.5次回なら会費制でゲストの負担も新郎新婦の負担も少ない形式でみんなにお披露目したり、みんなと演出を楽しんだりする事ができます。もし海外挙式と国内挙式のいいとこ取りをしたい!というのであれば海外挙式+1.5次会も検討してみてはいかがでしょうか。

MarryGiftは1.5次会でゲストを楽しませるサービスとして人気です。海外挙式で撮影した写真とみんなに撮ってもらったしわせな写真がたくさん並ぶシワセナ1.5次会を楽しんで頂けると思います。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪