みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。


今ではすっかり定番となった結婚式のエンドロール演出。自作や撮って出し、様々な形式がありますが、コメントや名前などを入れて映画のエンドロールのように流すのも定番です。さて、そんな結婚式のエンドロールですが、名前を掲載する順番にもマナーがあるのをご存知でしたでしょうか。

敬称含めてゲストの名前の順番についてしっかりとご説明させていただきます。

エンドロールの名前順は新郎新婦ごとに「役職」×「時系列」でわける

結婚式の装飾に目を奪われる女性

①招待客を「新郎ゲスト」と「新婦ゲスト」に分ける
②仕事関係のゲストは、役職をベースに地位が高い人から先にする
③友人関係は、出会ったのが最近の人から先にする
④親族は、年齢が高い人を先にする
⑤家族は、兄弟を先にし、両親は最後にする

最初に、全ゲストを新郎側と新婦側にわけましょう。基本的には新郎関係者のあとに新婦関係者という流れになります。ただ、ゲストの人数が多い場合は、「新郎の仕事関係ゲスト」「新婦の仕事関係ゲスト」「新郎の友人」「新婦の友人」…というように、交互に流してもOKです。

エンドロールで最初に名前が流れるのは、仕事関係の方です。まずは主賓テーブルに座っているような上司や取引先の方、次に先輩や同僚、後輩という順になります。基本的には役職順に、「社長→取締役→部長→課長」といった順番にしてください。もしどちらが上か迷うことがあれば、身近な上司に相談してみましょう。

次に流れるのは、友人です。「社会人になってから出会った人→大学時代→高校時代→中学時代」といったように、最近になって出会った人から順にします。

親族は基本的に「祖父母→叔父叔母→従妹」といったように、年齢が高い人を先にしましょう。

同じ立場のゲストは五十音順に並べる

結婚式プロフィールムービーのターゲットは友達

職場の同期や大学時代の同じサークルの同級生など、同じ立場のゲストが複数人いる場合もあります。そんな時は、五十音順が無難です。

席次順で名前を並べる

ゲストが座るテーブルの、席次にあわせて名前を並べるという方法があります。これならまた一から順番を悩み治す必要がないので、気が楽ですね。

意外にややこしい親族・家族の名前順

意外にややこしいのがエンドロールにおいての親族の名前の順です。年齢が高い順で、なおかつ父方の親族を先に並べます。まずは父方の祖父母や親戚の名前を出し、その次に母方の祖父母や親戚という順になります。

もし兄弟がいるなら、年齢順に並べます。例えば「姉・自分・弟」という三兄弟なら、「姉(既婚ならご主人やお子さんの名前も)・弟(既婚なら奥様やお子さんの名前も)・父・母」という順が自然です。

エンドロールの名前順の例

それでは実際に架空の結婚式だとおもってエンドロールの名前を並べてみます。

  1. 取引先社長
  2. 取引先社員
  3. 自社の社長
  4. 自社の部長
  5. 自社の課長
  6. 会社先輩
  7. 会社同期
  8. 会社後輩
  9. 大学先輩
  10. 大学同期
  11. 大学後輩
  12. 大学時代アルバイト友人
  13. 高校友達
  14. 中学友人
  15. 父方の親族:祖父
  16. 父方の親族:祖母
  17. 父方の親族:おじ・おば
  18. 父方の親族:いとこ
  19. 父方の親族:従甥・従姪
  20. 母方の親族:祖父
  21. 母方の親族:祖母
  22. 母方の親族:おじ・おば
  23. 母方の親族:いとこ
  24. 母方の親族:従甥・従姪
  25. 自分の兄弟姉妹とその家族
  26. 両親

エンドロールの名前の敬称

敬称は基本的に、「○○様」で間違いはありません。そして学校の先生や教授、医師は「○○先生」とするのがベターです。

親族については、基本的に「○○様」でOKです。まだ小さい甥姪には「○○くん」「○○ちゃん」としてもいいでしょう。自分の兄弟や両親は、ゲストではなくホスト側という扱いなので、敬称は略します。

最後に粋な演出としてSpecial Thanksでスタッフを

最初の打ち合わせから結婚式当日までプランナーさんなしでは実現できなかったでしょう。御礼の意味を込めて携わってくれたプランナーさん、司会者さんや映像担当者など知る限り記載するのも素敵です。

エンドロール作成の諸注意

エンドロールを作るとき、名前順以外にも気をつけるべき点があります。

まず、余りに長いと中だるみしてしまうので5分以内におさめましょう。そして、スクロールスピードに気をつけてください。特に名前だけでなくメッセージも入れる場合は、あまり速いと文字が読めません。また感動的な音楽にハイスピードは似合わないので、あるていどゆとりのある速度にしたいところ。

最後に、締めの言葉を入れてください。「今日は私たちのためにお集まりいただき ありがとうございました」など、ゲストへの感謝をつたえるといいでしょう。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
2,000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・投稿された写真から簡単にフォトコンテストを開催可能
・ご利用後は投稿写真データをプレゼント

これらの機能が35,000円〜ご利用が可能になります。

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪