ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


プロポーズ、男性にとっては緊張するし、恥ずかしいし、つい長年付き合ってそのままなんとなく結婚する感じになり、はっきりとプロポーズしないまま結婚された新郎も多いかと思います。しかし、何かと女子会の話題にでる「プロポーズの言葉は?シチュエーションは?」という質問に対して、「されなかったのー」で終わるのは新婦も悲しいはず。

別に新婦の女子会の話題を提供するためにプロポーズをするわけではありませんが、それほど女性にとっては重要なこと。結婚式間近で、まだプロポーズできていないのであれば結婚式が最後のプロポーズのチャンスになります。是非結婚式でサプライズプロポーズをしましょう。

また、他のサプライズ記事ではよくかいておりますが、他の人、主にプランナーの方には必ず根回しと相談をし、進行に影響が出ないように、そして上手く段取りをセッティングしてくれるようにお願いをしましょう。

その前に:振られることはないので、ビビらず男らしくプロポーズしましょう


サプライズプロポーズといっても式直前や結婚式当日になって、プロポーズをして振られることはまず想像できません。なので、安心して(?)落ち着いて心からのプロポーズをしましょう。※新婦が嫌いなフラッシュモブをやり、泣いてしまいそのまま破談になった話もありますが、、、

結婚式前夜にサプライズプロポーズ


結婚式前夜、翌日に結婚式を控えてそわそわドキドキしているお二人だと思いますが、入籍日は別にして結婚式前最後の夜です。明日は結婚式だし、ゆっくり寝ることも大事ですが、散歩ついでにか、ちょっと記念に良いご飯食べようか、などで外でプロポーズをするのも素敵。

またホテルの部屋でのプロポーズであっても、もうプロポーズを諦めていた新婦にとっては嬉しいサプライズになるはずです。

挙式中にサプライズプロポーズを


人前式ならおすすめしたいのが、ダーズンローズ後に花束を渡すタイミングでサプライズプロポーズをすること。ダーズンローズはゲストに一輪ずつ赤いバラを持っていただき、新郎は入場後1輪ずつ受け取り計12本のバラを手にしたらスタッフさんに花束にしてもらい、それを新婦に手渡すという演出です。

せっかくなのでその花束を渡す時にプロポーズの言葉を言えば、大きなサプライズにはならないかもしれませんが、新婦に素敵な場所で、みんなの前でプロポーズできるので、喜んで頂けるのではないでしょうか。大げさな用意をすることもないので、難易度的には低めでオススメです。

結婚式披露宴中にサプライズプロポーズ


結婚式でも各卓にバラを置いてダーズンローズ的な演出を行うことはできます。披露宴会場な分、照明やゲストも上手く巻き込んでプロポーズできるといいですね。

サプライズプロポーズまでの前座をサプライズムービーで

プロポーズの前にいきなりやるのは恥ずかしい方はサプライズムービーを挟むのはどうでしょうか。サプライズムービーを流し始め、主に新郎がメイン。友人にも協力していただき新婦との馴れ初めや好きなことなどを語っていただきます。そこで、終盤に「後悔していることとかある?」などと話をふっていただき、「実はちゃんとプロポーズできていないんだ。だから今日・・・」とムービーが終わったタイミングで、花束とアクセサリーを用意した新郎が現れ、新婦にひざまずいてプロポーズをする結婚式に参加したことがあります。

新郎の人柄も出て、新婦も涙し、非常に感動的な演出でした。

みんなの前では恥ずかしい場合は結婚式のリハーサルでチャペルでプロポーズ

みんなの前では恥ずかしい、でもなんかしたいなぁと思っている新郎さんにオススメなのが結婚式のリハーサル中にサプライズプロポーズをすること。例えば、結婚式の最終準備で当日の流れなどを結婚式会場で受け付けている時に新郎が席を外し、チャペルで準備。話を通しておいた新婦さんを「先にチャペルの下見をしますか」などと連れて行き、そこでまつ新郎からサプライズでプロポーズをする。などもプランナーさんはいらっしゃいますが、思い出の場所になるチャペルでもう一つ素敵な思い出を作ることができますね

世界にひとつだけのオリジナルソングでサプライズプロポーズ

ちょっとみんなの前でプロポーズするのは恥ずかしい。直接言うのは恥ずかしい。

そんな方にオススメなのは世界にひとつだけのサプライズソングを新婦に贈ること。

こちらのサンプル動画では新婦から新郎へ「パパになってくれたことの感謝を伝える」をテーマに作られた楽曲とイラストムービーですが、非常に感動的ですよね。

少し恥ずかしがり屋な新郎新婦でも2人で高砂からムービーを見る感じであれば、非常に喜んでくれるはずです。

サプライズプロポーズはお金をかければいい、派手ならいいわけではない


1つ勘違いしないで頂きたいのが、結婚式のサプライズプロポーズというと派手で、素敵でというイメージがあるかもしれませんが、それよりもまず自分の言葉で伝えることだと思っています。特別なシチュエーションでなくても、きっと喜んでくれるはず。プロポーズなんて恥ずかしいっていう新郎は結婚式という場をお借りしてサプライズプロポーズをしましょう。

結婚式でオリジナルソングを贈りませんか?

結婚式であなたの想いをプロシンガーが形にした世界に1つしかない夢の様なサプライズオリジナルソングを一緒に贈りませんか?

・他の人がやっていないサプライズな演出をしたい
・手紙とか感謝のスピーチはちょっと恥ずかしい
・新婦に、新郎にサプライズして、喜んでもらいたい!感動してもらいたい
・エンドロールやプロフィールムービーに使う曲がなんかしっくり来ない