みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。


結婚式を控えている花嫁の皆さん、サムシングフォーをご存知でしょうか。

意外に知名度も低い言葉ですが、花嫁が幸せになるためのおまじないです。そして、ただのおまじないだけではなく素敵なアイテムとしても活用できるので、今回はサムシングフォーの意味の説明と取り入れたいアイテムをご紹介します。

サムシングフォーとは?

サムシングフォー (Something Four:和製英語) は、結婚式における欧米の慣習。結婚式で花嫁が以下の4つのものを身につけると幸せになれるというもの。

なにかひとつ古いもの (Something Old)
祖先、伝統などをあらわす。先祖代々伝わった、あるいは家族から譲られた宝飾品を当てるのが一般的だが母や祖母の結婚衣裳、または結婚衣裳に使われたヴェールやレース、リボンなどの飾りなどを使用することもある。
なにかひとつ新しいもの (Something New)
これから始まる新生活をあらわす。新調したものなら何でも良いが一般的には白いものを用意する。花嫁衣裳の一部である白いサテン製の上靴や長手袋などをこれに当てることが多い。
なにかひとつ借りたもの (Something Borrowed)
友人や隣人との縁をあらわす。幸せな結婚生活を送っている友人や隣人から持ち物を借りることにより、その幸せにあやかる。ハンカチやアクセサリーを借りるのが一般的である。
なにかひとつ青いもの (Something Blue)
聖母マリアのシンボルカラーである青、つまり純潔をあらわす。このサムシング・ブルーは目立たない場所につけるのが良いとされており、白いガーターに青いリボン飾りをつけたものを用意するのが一般的である。

引用:Wikipedia

元々は欧米文化のものです。なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの、何かひとつ借りたいもの、何かひとつ青いものの4つをサムシングフォーとして、これらを身に着けて結婚式を挙げると幸せな花嫁になるよ!というおまじないです。

サムシングオールド:なにかひとつ古いもの (Something Old)

結婚式花嫁は肌の露出が多い

祖母や母から受け継いだものを身につけると良いとされています。例えばこんなものはいかがでしょうか。

  • ジュエリー・アクセサリー
  • ウェディングドレスそのもの、もしくはそれをアレンジしたベールや小物。欧米では昔のドレスをリメイクしてブーケの持ち手にすることも
  • 身近な物ですと白いハンカチなどでもOK

是非お母さん、おばあちゃんに結婚式の時に使っていたアイテムはないか聞いてみましょう。またアイテムの使いやすさで母・祖母と言いましたが、元々の由来は先祖代々とつづくものなので、お父様が昔使っていたものなどもOKです!そして最近の花嫁さんの中には家族の昔の写真などを飾りサムシング・オールドとしている方も

サムシング・ニュー:なにかひとつ新しいもの (Something New)

基本的には一番困らないものです。なにか新しいものなので、それがウェディングでもシューズでも、手袋でも結構です。もしサムシング・フォーを意識するのであれば、全部レンタルではなくて何か手袋でも買ってみるというのもいいのではないでしょうか。

サムシング・ボロー:なにかひとつ借りたもの (Something Borrowed)

友人に何か借りるもの、ということになりますが、できれば既に結婚している方からお借りするのが正当です。ハンカチやアクセサリー、ティアラ、リングピローも人気ですが、特に仲の良いご友人からベールをお借りするのも素敵ですね。ご友人にとっても大切な思い出の品でしょうが、サムシングボローで○○から借してほしいとお願いすれば、きっと喜んで貸してくれるでしょう。

サムシング・ブルー:なにかひとつ青いもの (Something Blue)

4つ目がサムシングブルーです。聖母マリア様のシンボルカラーのブルーで純潔を表しています。さてサムシング・フォー4つのアイテムの最後のアイテムですが、どこに青をあしらうか悩みますね。

最初にも引用させてもらっていますが、本来のサムシング・ブルーは見えないところに置くのが良いとされているので、白いガーターに青のリボンを巻くのが正当ですが、今の花嫁たちはいろいろなところに青を取り入れています。

  • ネイルに
  • リングピローに
  • 下着に
  • アクセサリーに
  • ブーケの中に青い花を一輪を
  • 結婚指輪の内側にブルーサファイアを埋め込む
  • ウェディングケーキにさり気なくブルーのリボンを

などなどいろいろな青の使い方があります。

サムシング・フォーは何を使うかよりも意識が大事

サムシング・フォーを実施しようと思うと、如何にオシャレにアイテムを集めるかということに考えがいってしまいますが、アイテムを集めることで幸せになるのではなく、4つのアイテムを集め、身に着けて結婚式を挙げる際に、「先祖や家族を大切にしよう」とか「夫婦としての新しい生活、幸せになろう」と、改めて考えていただくことが、サムシング・フォーの本来の意味である「幸せな花嫁」になれる秘訣です。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
2,000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・投稿された写真から簡単にフォトコンテストを開催可能
・ご利用後は投稿写真データをプレゼント

これらの機能が35,000円〜ご利用が可能になります。

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪