みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

ウェディングケーキといえば結婚披露宴の象徴的なアイテム。良いものにこだわりたい、オシャレで可愛いウェディングケーキを使いたいという新婦も多いでしょう。

でも実は結構予算を圧迫するアイテムのひとつでもあるウェディングケーキ。気になるウェディングケーキの値段の相場と、上手く節約する方法をお伝えします。

ウェディングケーキの価格は段数×装飾×人数

ウェディングケーキは人数で変動する

ウェディングケーキの価格って単体で決まっているイメージですが、最近ではイミテーションケーキ(※偽物の食べられない物)ではなく、ちゃんとしたケーキなので、ひとりひとりのゲストに配る形になります。

ですので、装飾やサイズだけではなく、人数当たりでどんどん膨れ上がってきます。およそ一人あたり○○円というような値段体系になっています。そして気になる相場は1人600円〜1,500円程度。なぁんだそんなものか。と思うかもしれませんが、もし100人規模の式の場合になると60,000〜150,000円程になります。結構な金額ですね。

ウェディングケーキの値段は装飾で跳ね上がる

ウェディングケーキは式場に依頼する場合は基本的に段数と装飾によって一人あたりの人数が大き変わってきます。例えばシンプルな1段でスクエア型なのであれば、一人あたり600円程度になりますが、4段で、横の装飾も着けて、可愛いリボン風の装飾も着けて・・・となるとお値段は跳ね上がります。

ウェディングケーキの節約方法

そんな意外にお金がかかるウェディングケーキですが、費用を削って見栄えしないケーキにはしたくないですよね。そこで上手くウェディングケーキを節約するための方法をお伝えします。

ウェディングケーキの節約方法1:手作りしちゃう

もしご自身やお知り合いがケーキを作る腕前がある場合はチャレンジしても良いかもしれません。しかし、落とし穴も多いのでご注意です。

  • 賞味期限もあるので、本人が作る場合は賞味期限の関係で直前に作る必要がある
  • 持ち込み料が発生する
  • (素人の場合)プロと比べて見劣りがしてしまう。

ウェディングケーキの節約方法2:別のケーキ屋さんに依頼

自分たちで作る以外ではケーキ屋さんに依頼することもできます。誕生日ケーキなどを扱っている町のケーキ屋さんでもウェディングケーキの依頼を受け付けてくれることもあります。

殆どの場合が結婚式場にお願いするよりも安くすみます。しかし持ち込み料も発生するので、トータルでどっちが安く済むか考える必要があります。

ウェディングケーキの節約方法3:イミテーションケーキ

結婚式の料理の中にデザートが含まれている場合は、こちらの選択肢もありです。生ケーキの場合は切り分けてデザートとしてお出ししますが、イミテーションケーキ(実際には食べれないケーキ)でケーキカットの演出を済まし、ゲストには通常の料理のコースに含まれているデザートを提供するスタイル。

費用は2〜3万円程度なので、費用を節約したい!もしくは安く背の高いケーキを使いたい場合などはオススメです。

ウェディングケーキの節約方法4:台を使う

ウェディングケーキは3,4段と背の高いイメージがありますが、段が増えれば増えるほど単価は上がるとご説明しました。
背を出しつつも節約したいのであれば、こちらの写真のように台を利用すると華やかになります。一番の上にはケーキを、その下の段にはマカロンやカップケーキ、デザートビュッフェでお出しするケーキなどを並べると豪華に見えます。