みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚式の装花は意外にお金がかかるというお話と同時に節約できるポイントでもあります。そこで今回は会場全体の華やかさを決定づける装花についてご説明します。

パンフレットの装花≠初期見積書の装花

おそらく式場を選ぶ際に結婚式情報サイトや各式場のHPを見て決めた方も多いでしょう。案内を受けている時に素敵な写真やパンフレットをご覧になった方も多いかと思いますが、まず初期見積もりではあのように華やかになることはありません。

初期見積書ではある程度価格を抑えて見せないと式場を決めてくれないので、出来る限りシンプルな装花(=安い)の見積もり、一方でパンフレットやHPなどの写真はより素敵に魅せるためにこれでもかというほど装花を使っていますので、かなりの差があります。まずはこちらの差をしっかりと認識しましょう。

結婚式においての装花の相場値段

全国的な平均相場はゼクシィトレンド調査によると17.0万円です。

これだけ聞いてもんーとなるかもしれませんが、各種節約の方法も流行っている中でのこの価格となるので、結婚式で装花の打ち合わせをした時の提示価格としては25万円以上で提示されることもあります。

こんなにある結婚式で装花する場所

装花ときくと思いつくのは挙式場・メインテーブル・ゲストの卓かもしれませんが、その他にもたくさんの装花を使うシーンがあるので、見てみましょう。

  • ブーケ
  • メイン(高砂)
  • ゲストテーブル
  • 挙式会場
  • ケーキナイフ
  • スピーチ用マイク
  • 新郎新婦のグラス
  • 受付
  • ウェイティングスペース・ウェルカムスペース
  • ウェディングケーキ

とこんなにあります。それぞれの単価は異なりますがこれらが積み重なると20万弱になることも納得できます。

結婚式で装花部分を賢く節約するためには?

さて、結婚式の装花ですか、ゲストからケチったなとバレやすいポイントではありますが、一方で上手にすると節約しながらも華やかさやオリジナルさを演出することもできます。

まずは節約しないほうが良い装花

節約しないほうが良い装花のポイントはブーケ・メイン・ゲストテーブルです。

ブーケはドレスと一体となって絵になるものもあります。ドレスにこだわっている方も、そうでいない方もブーケの華やかさでドレス姿は大きく変わってくるので、節約する順位は後の方にしましょう。

メイン、つまり高砂ですが、こちらも節約の優先順位は低いです。ゲストが一番見ている方向、そして多く写真に残るのが高砂。こちらを節約するとどうしても寂しい感じになってしまいます。

一方で、手を抜いていはいけないのはゲストテーブルの装花。ゲストテーブルの装花は卓数によって変動するので、金額の跳ね返りは大きいですが、ゲストテーブルを装花する=ゲストに対するおもてなしともとれるもの。
いらっしゃってくれたゲストに対してのおもてなしとしてしっかりと装花しましょう。

節約がバレづらい・影響が少ない装花の場所

  • 挙式会場
  • ケーキナイフ
  • スピーチ用マイク
  • 新郎新婦のグラス
  • 受付
  • ウェディングケーキ

これらは比較的節約しやすい、もしくは装花がなくても平気な箇所です。個人差はありますが、マイクやグラス、ケーキナイフについて装花がなくても他が立派に装花されていればケチった印象はあまり与えません。それどころかそこまで気を付けて見ている方も少ないでしょう。

挙式会場はシンプル&厳かな雰囲気で

挙式の装花を節約するかについては挙式の場所次第ですが、装花をせずともチャペルの雰囲気だけで十分に早か、もしくは厳かな空気を作ることができます。

また、挙式会場については他の場所と隔離されているので、他の場所はすごいのに、ここは装花が全然ないね。なんて印象も与えません。

装花ではなく、オシャレに装飾する

受付やウェルカムスペースについては装花をしなくても写真やバルーンなどの他の装飾を使うことによって装花の費用を抑えることができます。

こちらの記事ではあまり費用がかからないけど、素敵な装飾方法について解説しています。装花を節約したいという方もそうでない方も是非覗いてみてください。

結婚式の装花を外注するのも1つ。ただ、、、

そして、装花を外注することも選択肢の1つです。持ち込みができるかできないか、持ち込み料がかかるかからないかは式場によってばらばらなので、式場に必ず確認しましょう。

おおよそ、式場は提携会社の金額に加え、30%程利益をとっている(商品や式場によって10〜50%ほどの幅あり)ので、外注するとその分、約30〜40%節約できるようです。もちろん持ち込み費用がかかってしまう場合はこちらに+数万かかりますがお安くなることが多いです。

しかし、一方で式場について知っているのは提携企業の花屋なので、式場に映える飾り付けで劣る可能性や、通常プランナーが花屋とやり取りをしてくれますが、持込の場合自分で細かく打ち合わせや当日までのやり取りが発生します。

結婚式装花は印象を左右する大事なものだけど

結婚式における装花は会場の色や華やかさを左右する重要な要素です。もちろん大事なところは費用をかけつつ、節約できるところは節約して上手にやりくりしましょう!