みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

お色直しといえば、真っ白なウェディングドレスから色鮮やかなカラードレスや色打掛へのお色直し、白無垢からのお色直しが一般的ですが、最近オシャレ花嫁の中ではウェディングドレスからまた白のドレスへお色直しする花嫁が増えています。

本来真っ白な無垢から嫁ぎ先に染まるという意味で色の付いた衣装を着るようになりましたが、いま白から白へのお色直しが人気の理由をご紹介します。

モデル梨花さんがブームの火付け役

元々白から白へお色直しする花嫁もいたと思いますが、モデルの花嫁さんが自分の結婚式で白から白へお色直しをしたことがじわじわと人気になっている火付け役と言われています。

しかし、まだまだ理解が広まったり、定番化されていないので、式場のプランナーやドレスショップに止められる場合もあります。

根本的な理由としてはどっちも着たい!という理由が多い

梨花さんがブームの火付け役になったと言いましたが、花嫁的には花嫁しか着れない真っ白なウェディングドレスをもっと着たい!もう1着と迷ったけどどっちも着たい!という想いが強いです。

白から白でもシルエットを変えて楽しむ

白ドレスから白ドレスへとお色直しをする場合はシルエットの変化感を楽しみましょう。Aラインからマーメイド、エンパイアからAラインなど同じ白でもシルエットを変えることでイメージの変化をつけることができます。

白ドレスから白ドレスへのお色直しは気づいてもらえないリスクも…

白ドレスから白ドレスへのお色直しの最大のネックは、ゲストが気づいてもらえない可能性が高いです。特に新郎側のゲストはおそらくキョトンとする確立は高いでしょう。

特に高砂に座るとメインの装花の影響もあってほとんどドレスが見えず、座ってみたらもうわからない…なんてことも。ドレスをシルエットを変えるだけではなく、髪型や小物なども工夫してイメージチェンジを図っていきましょう。

お色直しドレス当てゲームがより盛り上がります。

また白ドレスから白ドレスへの1つの楽しみ方の1つとして、お色直し時に行うことがあるカラードレス当てゲームが予想外に盛り上がるかもしれません。

青・赤・黄色・白、と選択肢があったら「白はないかな」と予想する人が多いはずなので、大穴で白にかけた人に素敵なプレゼントを渡すなど、白から白へのお色直しだからこそできるサプライズ(?)盛り上がり演出も行うこともできます。

白ドレスから白ドレスへのお色直しを実現する一番の壁は両親

白から白へのお色直しを実現するための壁は、両親からの理解です。お色直しは「嫁ぎ先に染まる」という意味合いが昔からあるので、同世代は気にならなくても両親世代では困惑するかもしれません。場合によっては悪い印象さえも持たせることもあるかもしれません。前もって、両親に対して説明と了承を頂くことが白から白へのお色直しを本当の意味で成功させる秘訣です。