みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

持ち込みの難しいものとしてカメラマン等が挙げられますが、もう1つがブライダルヘアメイクの持ち込みです。ただ単に持ち込み料がかかるなどの負担があるだけではなく他にもいろいろな問題があるので、ご紹介させていただきます。

いつもの美容師にやってもらいたい!憧れのあの人にやってもらいたい!そんな花嫁のお役に立てればと思います。

ブライダルヘアメイクの相場


ブライダルヘアメイクの場合1着あたり洋装で3〜4万円、和装だと5〜7万円ほどが式場提携の業者にお願いするとかかってくる費用となっております。

気を付けないといけないポイントとしては1着あたりにかかる費用でお色直しをするならそれぞれかかり、また最後に二次会用にドレス・メイクチェンジする場合はまたかかる場合もあります。

そのため良くお色直し1回と二次会向け衣装替えでセットで10〜15万円程で提供している式場が多いです。

一方で持ち込みのブライダルヘアメイクの持ち込み相場は美容院やブライダルヘアサロンによって多種多様です。5万円程度(交通費別)から15万、20万円ほどが一般的と言われています。またこれに加えて持ち込み料の相場がおよそ2〜5万円ほどになる場合があります。加えて、お心付けなどを用意する必要も出てくるため、意外に安くならないなどの事情も出てきます。

ブライダルヘアメイクを持ち込む時に納得できないポイント


結婚式新婦髪型-編み込みスタイル

ヘアメイクの持ち込むは断られる可能性が非常に高い

ヘアメイクの場合、カメラマンと同様に持ち込みを制限されることが多いです。
式場によって異なることもありますが、理由としては何点かあります。

  • ブライダルヘアメイクは特に式場とのつながりが強い
  • ブライダルヘアメイクはほぼ100%の新婦が行うため、高い価格でも使用されるので式場が儲かる
  • お色直しにかかる時間によって進行が左右されるので、慣れている人を使いたがる

などの裏の理由が挙げられます。

ブライダルヘアメイクを持ち込めたとしても待遇が…

ブライダルヘアメイクを持ち込めたとしても待っているのはその待遇の悪さです。

ブライダルヘアメイクを持ち込む場合に待っているものは「新婦の支度室」の使用禁止です。

なかなか納得ができないポイントですが、外部業者の場合はそのヘアの使用を禁止されるため、ホテルの場合はホテルの自室で準備・着替えなどをする必要があります。その分部屋を確保する別の費用などが発生する必要もあります。

理由としては複数ありますが、式場とブライダルヘアメイク業者が提携する際にブライズルームの使用料として協賛金を払っているため、その提携業者の所有物扱いのため外部業者が使用できないなどの裏事情もあります。

持ち込みブライダルヘアメイクは金銭的な理由だけではおすすめできません。


ヘアメイクを持ち込みをしようとすると様々なハードルや不都合があり、それなのに結局かかるお金は提携業者と同じくらいかそれ以上になることも多いです。なので、安直に御見積だけでブライダルヘアメイクを持ち込みをしないようにしましょう。

ヘアメイクを持ち込むのは憧れのヘアメイクさん・会社がある場合や、いつも美容院でやってもらっていた人にやってほしいなどの場合のみにしましょう。また、いつも髪を切ってくれている美容院さんでも着付け含めてブライダルヘアメイクに慣れているかなどのポイントもしっかりと確認をしておきましょう。