みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚式を2回挙げる人が最近増えています。結婚式とひとくくりにしていますが、挙式を披露宴も2回行うパターンや挙式は1回だけど披露宴は2回などのパターンも存在します。

結婚式を2回実施する人の理由は?そして結婚式を2回行うメリットやポイントをご紹介します。

結婚式を2回する理由


ゲストの対象が違う

2回結婚式を行う上で多い理由の1つとして対象が違うものです。

1回目は親族のみで挙式と披露宴を兼ねた食事会を行い、2回目は友人や同僚などを招待して行うパターンなどが多いですね。またこのような場合は会費制結婚式など比較的リーズナブルに式を挙げる方向を取る方が多いようです。

もう1つは世間への「お披露目」をする方です。後ほどご紹介する「場所を変える編」と重なる部分がありますが、例えば両親が地元の名士・社長・政治家などのパターンに多いのは、両親の知り合いに対して自分の子供が結婚をするお披露目をするために披露宴を行うことも多々。

そういったほとんどの場合が人数などもたくさん呼び、盛大に披露宴を挙げますが、自由度は低く、お嫁さんが自由に自分らしくやりたい!ということで別に友人をメインにした式をやることも。

場所を変えたい

もう1つは場所を変えることです。

代表的なものでハワイアンウェディングを家族と極少数の友人と、帰国後日本で結婚式や披露宴を開き、友人ゲストをお呼びするパターンが多いです。

また同じ国内同士ですが、生まれ育った地元や大学、就職先のエリアがバラバラの時は地元と東京で、など場所を2回にわけておこなうことができます。

両親の意見が強いとき

やはりご両親のなかには結婚式に対する思い入れが非常に強いかたもいらっしゃいます。

「神前式ではないとダメだ、白無垢を着て、その後は色打掛にお色直しをしなさい。場所は由緒正しい○○で行いましょう。」と新婦にとっては押し付けられてしまう状態にも。

そういった場合の回避策として、1回目は友人を呼ばすに親の意見に沿った結婚式を行い、自分の想い通りの結婚式を挙げるために別日程でもう1回行うなどのパターンもあります。

理由を一言で言うと

どんな状況であれ共通する理由は新郎新婦・両家両親の希望をできるだけ多く叶えるため。に尽きるでしょう。

会場であれ、式のこだわりであれ、関係者の想いがたくさんあります。同調する場合は良いですが、対立案になった場合はどちらが我慢することに。

我慢して今後の遺恨を残すくらいであれば少し費用がかかったとしてもお金をかけてみんなの思いを実現しようとうする流れが結婚式を2回する理由なのではないでしょうか。

そもそも結婚式を2回挙げてもいいの?


そもそもの疑問ですが、結婚式を2回も挙げてもいいの?という疑問を持たれる方もいらっしゃいます。

その際に問題になるのは2点です。

挙式のスタイルの問題

挙式でオーソドックスなキリスト教式があります。詳しくはプロテスタント式とカトリック式に分かれていますが、挙式を2回挙げることはどちらも教義上許されません。信者では無ければ気にされない方がほとんどかと思いますが、NGであるということは理解しておきましょう。

そういった場合にオススメなのが人前式との組み合わせです。人前式は参列して頂いたゲストに対して結婚を宣言し、認めてもらうスタイルです。つまりキリスト教式を別日に行ったとしても問題ないということです。

最近では宗教に対する考えも薄れているので、これを機に人気の人前式についても検討してみてはいかがでしょうか。

ゲストの問題

この際親族は一旦置いておいて、招待するゲストの問題はあります。2回どちらも結婚式に招待する方になるゲストもいらっしゃいます。

ゲストとしても2回読んでいただくのは嬉しいものの、問題なのはご祝儀などの費用面です。

もし2回とも来て頂くゲストの場合は、片方の祝儀や会費などを受け取らないということもお伝えした上でご招待することをおすすめします。

結婚式を2回行う上で費用を抑える方法


挙式・披露宴(100名程度)を2セット行うのは相当の出費がかかります。

中には1回目の地元の式は両親が全額負担、2回目は援助を受けつつ自分たちのお金で挙げる方も多いですが、なかなかそんなことも難しい方が多いと思います。

その方法として考えられるのは

家族婚・海外挙式を親族だけにするように片方の規模を小さくすること。もう1つは1.5次会形式などど言われる会費制結婚式などのやり方を取り入れることです。会費制結婚式といっても通常の披露宴と比べて特段見劣りするような形ではない(例えば会費制結婚式は引き出物などがない程度)なので、挙式というよりもみんなを招待してお披露目したいという思いが強ければ1.5次会や会費制結婚式のスタイルがオススメです。

結婚式を2回するのは大変だけど思い出も2倍


ただでさえ結婚式の準備は多忙を極めますが、それを2回も行うのはかなりハードですね。

しかし、違う会場で2回も披露宴ができる、お色直し含めて4,5着も衣装を着ることができる、自分の思いを実現しやすいなどメリットもたくさん。

もし地元と東京で迷っている、両親がうるさくて参っている方は結婚式を2回実施するということも検討に入れてみてはいかがでしょうか。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムにスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックでエンドロールを作成
・式後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪