みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

引き出物・引き菓子の相場費用


親ごころゼクシィによると引き出物・引き菓子の相場費用は一人あたり合計6,500円。同僚・友人向け引き出物で4,000円ほど、引き菓子で1,500円、3品目を加えての6,500円が相場になっています。

また首都圏は6,400円ですが、地域によっては1,900円から9,100円まで相場の差がありますので、首都圏以外の方は一度目を通しておくといいでしょう。

親ごころゼクシィ

また、料理などにはない特徴として、通常のゲストと主賓や先輩に対しては引き出物の金額を上げたりもする必要もあります。

そして、もう1つの特徴として包装され、袋に入っているので、ゲストごとに中身を変えることもできます。

例えば主賓向けも男女で変え、ゲスト向けも男女で、そして家族で来ていただいている方や家族がいる方向けに、などゲストによってカスタマイズすることも可能です。※同じ立場・性別で引き出物をわけるのはトラブルが発生する可能性もあるので、避けましょう。

引き出物・引き菓子は結構予算を圧迫!節約したい


引き出物も引き菓子も単品で見るとそうでもないですが、人数分かかってくるので1人6,500円だとしても100名分用意するとなると65万円!

かなり大きい金額になってきますね。プランの中身にもよりますが、見積もりの中でも特に高額なもののうちの1つに入ってくるのではないでしょうか。

つまり引き出物・引き菓子を工夫することにより1人1,000円でも節約できたら10万円分も全体の予算を大幅に下げることも可能ということです。ただ、引き出物特有の難しさもあるので、詳しくご説明していきましょう。

引き出物・引き菓子で節約するための方法1:引き出物は1家族に1つ


まず、ご祝儀を頂いている結婚式の場合は金額に関係なく全員に必ず渡しましょう。ご祝儀を頂いて引き出物をお渡ししないのは著しく失礼に当たります。必ずゲスト全員にお渡しするようにしましょう。

ただ、家族・夫婦で参加していただいているゲストに対しては1家族1組でOKです。その分通常の人よりも良いものをお送りするのが一般的ですが、それでも2つ分よりも安くなります。

引き出物・引き菓子で節約するための方法2:持ち込み料を払ってでも持ち込む方が安い


結婚式の節約方法の1つですが、持ち込み料を払っても持ち込んだほうが安いのはよくあることです。特に引き出物・引き菓子においてはその傾向が強いです。

引き出物の持ち込み料は300円〜500円程が相場ですが、持ち込むことにより式場価格の500円から1,000円程安く購入することができます。同じようなカタログギフトであっても、式場では定価〜10%割引程度、しかしネットショップで購入すると30〜40%程値引きがあります。

仮に引き出物・引き菓子あわせて6000円が定価で、式場が10%OFF、ネットショップ購入で30%OFF+持ち込み料500円だとしても

  • 式場:5,400円
  • 外部:4,200円+500円=4,700円

と700円も割引になります。700円でも100名に渡すとなると7万円。非常に大きいですよね。

引き出物・引き菓子で節約するための方法2+α:ポイントのつくネットショップで購入する


直接的な値引きではありませんが、持ち込みをする場合に意識したいのはネットショップなどのポイント。楽天ポイント、Tポイント、アマゾンポイント、リクルートポイント多種多様なポイントサービスがありますが、せっかくなら自分が普段使っているポイントカートに対応しているショップ、もしくはポイント還元率が高いところから選ぶと良いでしょう。

普段はポイントを気にしていなくても先程の例で2,800/円×100名分だと28万円の買い物になるので、返ってくるポイントも非常に大きくなります!ポイントサービスによっては引き出物・引き菓子の購入ポイントでプチギフトの費用をかなり賄えるのではないでしょうか。

引き出物・引き菓子で節約するための方法3:持ち込まない、ご自宅に宅配で贈る


引き出物

持ち込み料すらかからない方法では「自宅に宅配」という方法が考えられます。つまり当日はお渡しせずにあとでご自宅に宅配することです。

そうすることで持ち込み料ですらカットすることができます。※もしかしたらなんらかの形で費用を請求してくる式場もあるかもしれませんが、持ち込み料よりも安くなるでしょう。

その際には席札や食事のメニューとともに

「本日は誠にありがとうございます。ご帰宅時のお持ち帰りの負荷などを考慮させていただき、引き出物・引き菓子などは招待状をお送りさせてた抱きましたご住所にお送りさせていただきます。本日はどうぞお楽しみください。」

などのメッセージカードを置いておくと宅配することを伝えた上で、ゲストのことを考えた配慮と受け取られるので節約感もなくスマートでしょう。

メッセージに書いたとおりゲストにとっては持ち帰りが結構大変になる引き出物・引き菓子。持ち帰りが楽になるのはゲストにとっても非常にありがたいですね。

引き出物・引き菓子を宅配する際に気を付けたいポイント

  • 送料がどのくらいかかるか。無料のところがあるので、当たり前ですが、無料をおすすめします。
  • 贈り分けができるか1回の注文で誰に何を贈るか分けられる
  • 大量割引があるか。せっかく数十個単位で購入するので、割引を狙いにいきましょう

などなどのポイントを考えると良いでしょう。

よく使われている宅配対応可能な引き出物・引き菓子ショップ

この3つが引き出物界では有名ではないでしょうか。外部持ち込みで引き出物を購入するなら間違いないでしょう。

また持ち込み料を回避する方法としてはWebカタログギフトという引き出物もブライダル業界としては今後の小さな流れになるのではないでしょうか。

これなら席にカードを置いて、そこからアクセスできるWebカタログから注文するだけなので、非常に簡単です。