みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚式は一生に一度のイベントです。結婚式の感動のワンシーンや友人からの祝福など、写真に残したいシーンが目白押しですよね。

もちろん結婚式の写真のメインは新郎新婦やご両家、大切な友人ですが、結婚式で記憶や記録に残したいのは人物だけではないと思いませんか?例えばどっちにしようかすごく悩んだあのアイテム、時間をかけて作成したあの飾り付け、当日だけで終わらせてしまうのはもったいないですよね。そんな結婚式に欠かせないアイテムたちを、終わった後、新郎新婦の写真と一緒に残すことで、より当日の様子を深く思い出すことが出来るのではないでしょうか。ということで、こちらの記事ではカメラマンに頼んででも残すべき結婚式にまつわる様々なアイテムをご紹介します。

残すべきもの1 頂いた祝電の写真

頂く量や内容にもよりますが、今の祝電は色んな種類があり、贈る側も工夫して贈ってくださっています。電報はそのまま残すからいいよって思いがちですが、どうしても引っ越しや模様替えの度に収納されてしまいいつのまにか物置の奥の方にいってしまいます。それに結婚式場のあの雰囲気に飾られている電報の雰囲気をそのまま残すために是非カメラマンにお願いして写真で残しましょう。ぬいぐるみやプリザーブドフラワーなどいただいた祝電の台紙を綺麗にまとめたシーンを撮影して残す、当日のメッセージも自然と思いだせるのではないでしょうか。

52eb9d9d125b189c02d48764095d49c8_s

残すべきもの2 結婚指輪とリングピローの写真

結婚指輪は自分達が指にはめているシーンと、リングピローにのっているシーン、どちらも残すべき写真の一つですね。

指輪のアップをとるので、花嫁はネイルも特別手入れをしておくことを忘れないようにしましょう。リングピローは手作りしたり、プレゼントしてもらったりすることも多いアイテムですが、なかなか結婚式の後に使ったり、飾ったりするのが難しいアイテムです。

本来は二人の間にできたお子さんが寝るときの枕にする“ファーストピロー”として使うなんていう説もあるんですけど、枕(ピロー)型ではないものも今多くあるので、そこまで活用できている人は少なそうですね。せめて、結婚式で使用しているシーンの写真やアイテムだけをアップにした写真などきちんと残すといいと思いますよ。

リングスタンド(ハート)

 

 

残すべきもの3 ウェルカムボードの写真

これも考えに考えて選ばれるアイテムでしょう。特にゲストが会場で最初に見る顔です。結婚式会場の入り口に飾るものですので、アイテム単体の写真と、新郎新婦がウェルカムなポーズをして一緒に写っている写真が一緒に残すといいでしょう。きっとこれを見ると結婚式当日朝に緊張しながら式場入りをした自分たちを思い出せるのでは?

【完成品】 ウェルカムボード Garden White (A3)

残すべきアイテム4 結婚式会場の装花の写真

メインテーブルのお花やゲストテーブルのお花は結婚式の風景を撮影していれば自然と写真に写りこんでくるもの。でも受付の飾り、乾杯グラス、入刀用ナイフなどはせっかく設置しても自分達はなかなかみる機会がありません。結婚式当日どのような飾られ方をされていたのか確認する意味を含め、会場の雰囲気を残す重要な写真になりますよ。

【ノーブランド品】ローズ バラ 造花 花部分のみ 花びら 花ヘッド 結婚式 3cm 約50個 全6色(ピンク)

 

 

残すべきアイテム5 ブーケ、ブートニアの写真

新郎新婦の写真を撮れば自然と写真に残ってくるとは思いますが、結婚式のアイテムの中でも、想い入れも強いアイテムだと思いますので、単体での写真も残すことをおすすめします。

[Neustadt] ウェディングブーケ ブライダルフラワーに 清楚で かわいい 白い バラの 造花の ブーケ

残すべきアイテム6 ウェディングケーキの写真

今は生ケーキがほとんどで自分たちでデザインして決めることが多いと思います。食べてなくなってしまうものですから、結婚式が始まる前に完成したケーキは写真に残しておいてもらうようにしましょう。ウェディングケーキは当たり前の用にメインで演出のはずなのに、結構単体でちゃんと写真に残すカップルって少ないんですよね。当日の、特にウェディングケーキが出るタイミングではバタバタしていて写真どころではないので、予めカメラマンやプランナーにお願いをしておきましょう。

435e721622eda317ca679b542198a909_s

残すべきアイテム7 席次表、席札などのペーパーアイテムの写真

自分達で作っていれば絶対残すのをおすすめしたいのがこちらのアイテム。席札はそれぞれゲストがお持ち帰りになることがほとんどなので、記念に「新郎」とか「新婦」とか自分達用の席札を作成してメインテーブルに置いてもらうこともできますよ。

席次表は結婚式の後に見直すと当日のそのテーブルの様子が目に浮かんできて、いつまでも結婚式のことを思い出すことができますよ。また席次表は席を示すだけではなく、プロフィールをいれたり、メニューをいれたりとオリジナルで作りこめるアイテムですから、是非とも実物と、席次表を見ているゲストの表情などを写真で残してもらえると結婚式の日に知りえなかったことがわかり楽しめますね。

[席次表手作りセット]ディーナ 【プリント用紙:A4サイズ】 /結婚式

残すべきもの8 料理の写真

結婚式では本人たちはほとんど食事ができません。披露宴は食事を楽しむことも主旨のひとつですから、後日このお料理おいしそうだったね、など二人で話すことができるのも写真がのこっているからこそです。

8c76c4354c9d0d0b947dc8f51e5d774c_s

残すべきアイテム9 ウェルカムドリンクの写真

結婚式場によって異なりますが、ウェルカムドリンクは披露宴の食事中のドリンクとは違い手の込んだカクテルなどを用意してくれていることも多いですよね。色とりどりのドリンクは見た目は華やかですし、ゲストの話題にでることもあるのではないでしょうか。是非、写真にのこして結婚式の思い出話に花を咲かせてください。

5f98669e80aa1389036657f0ab3d078d_s

残すべきアイテム10 プチギフトの写真

プチギフトとは結婚式の送賓時にお客様にお渡しする小さな品のこと。昔は絶対用意しなくてはいけないものではなかったのですが、最近は用意するのが普通となっていますので、何かオリジナル性のある、素敵なギフトを選びたいですね。

持ち込みができない結婚式会場でもこのプチギフトは持ち込み料金がかからなかったりするところも多いので、最初からあきらめずに結婚式場に確認して、自分の好きな店の小物など用意できるといいですね。写真はバスケットに入って用意されたところなどがお勧めです。

タオルの萩原 かわいいタオルハンカチおまかせ10枚組(可愛いラッピング付き&1枚おまけ付)

結論:全て残すのがいいです。(笑)

いままでいろいろな新郎新婦様とおつきあいをさせていただきましたが、結論言うと全て残したほうがいいですね。その時はちょっとしたものでも、「あの時のあれもう一回みたいね」なんて会話がすごくあるんですね。前もって取れるものは自分たちでも写真を撮る、当日しか無理ならカメラマンにお願いをする、カメラマンにお願いしきれなければ友人にもお願いするなど方法はたくさんあります。是非全てを残すんだってくらいの気持ちで結婚式の写真を残す努力をしていただければ後で絶対後悔しませんよ。

参考になりそうな記事

結婚式写真の満足度が200%上がる指示書の作り方

結婚式写真を簡単・気軽に共有できるサービス厳選3選!

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪