みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

契約後にこんなはずじゃなかった!とならないためにもブライダルフェアで抑えておきたい内容をしっかりと抑えておきましょう。

ふわふわしてしまうことをまずは自覚する


結婚が決まり、いざ結婚式場探しを始めるとブライダルフェアで幸せな気分に浸り、自分たちの要望を伝え、素敵なご提案を頂くと人間誰しもが舞い上がってしまうもの。

そのままのノリで「ここに決めます!」とならないためにも、「きっと自分は舞い上がってしまう。ちゃんと押さえるべきところは抑えよう」とメモやリスト化しているといいでしょう。

なお、今回は普通にヒアリングされたり、式場側から話す内容は省いています!(人数や予算感、日取り、こだわりの演出など)

ブライダルフェアの見積編


ブライダルフェアや初期の見積からはほぼ必ず上がります。まず初期の見積ではできない、ということを認識しておいてください。

基本的に要望がなけれほぼ最低限のプランで見積を提示されます。

特に要望が出していない場合は特に下記のポイントを抑えておきましょう。

  • 初期見積に含まれていないけど、ほぼ確実に使用するものは何か。
  • 装花・料理・お酒のメニューなどは全部のプランの中のどのくらいのものか。(一番安いものかも)
  • 写真撮影や動画などの納品方法やカット数、時間の確認

特にこの2点は予想外に見積が挙がる理由にもなっているので、必ず確認しましょう。

提携ドレスの品揃え


ウェディングドレス

提携されているものかつ、新婦の満足度を大きく左右するものと言えばウェディングドレス。

式場と同じくらいこだわりを持つ方も多いのではないでしょうか。

よく「弊社には提携のドレスショップがあります!かわいいですよ!」などと言いますが、提携ドレスショップがどのくらいあるのか、それぞれ品揃えはどのくらいあるのか、別料金のドレスはないかなど提携ドレスをしっかりと紹介してもらいましょう。

中には

「セット料金で含まれるのはこのラインナップで、こちらは+○万円必要です。」

と言われてしまったり、

「ドレスショップに足を運んでみたら全然種類がない!気に入らない!

なんてことも。これらは契約が完了してしまってからでは対応が難しくなります。必ずネットでもお店のサイト・口コミを確認しましょう。

持ち込みの可否と料金


持ち込みの可否と料金も契約後に変更してもらうのは非常に難しいです。

ドレスや引出物、写真、動画、映像、招待状などは持ち込み料金が高い場合や不可の場合がありますので、こだわりたい場合は契約前に確認し、交渉するとよいでしょう。

「ドレスの持ち込み料を無料にしてくれるのであればここにします。」というと相談にのっていただきやすいです。

プランナーまわりについて


結婚式を満足したものにするためにプランナーさんの存在は必要不可欠です。

最近の式場では契約までの営業担当と、契約後のプランナーさんが変わることも多くなっています。

特に営業の人と話していてこの人信頼できるなぁと思って契約したら全然違う人が出てきて、全然合わせないという後悔をするカップルも…

必ず契約後は担当が変わるのか、変わるのであれば誰になるのかと聞くようにしましょう。

できればお会いしてみることをおすすめします。

その他にも式場によってはプランナーとの打ち合わせ回数が制限されている場合もあります。

じっくり打ち合わせをしたい方は契約前に必ず聞いておくようにしましょう。

後悔のない結婚式場選びを!


結婚式の準備はわからないことだらけで、なおかつ結婚式場側の営業力や知識も年々強化されています。

もちろんそれが悪いことではありませんが、後悔しないためには必ず契約前に抑えるところを抑えておきましょう!

早速聞くべきことを抑えたら早速ブライダルフェアに予約しましょう!