ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


みなさんブライダルフェアとは挙式体験やドレスの試着会、料理の試食会などたくさんのブライダルフェアの形式がありますが、中には有料のものもあります。

もちろん予約する時にはっきりとわかるものですが、それでも有料のブライダルフェアに行くべき方のタイプなどもご紹介します。

ブライダルフェアは原則無料


ブライダルフェアは原則無料がほとんどです。

なにせ自分たちの式場・会場で結婚式を挙げてもらうために検討中の新郎新婦をご招待して、良さを体験してもらうために行ってもらうために実施するからです。

中には特典がついているところも珍しくはないくらいですので、迷ったらブライダルフェアの参加特典があるところから選ぶのもよいでしょう。

しかし、中には試食会に参加するには1,000円〜1万円ほどの試食料金が発生するところもあります。

ブライダルフェアの試食会≠フルコースの料理


よくブライダルフェアの試食会でフルコースを味わおうと説明していることもありますが、全ての式場が無料でフルコースを出してくれるわけではありません。

料理が半分ほどに調整されたものであったり、メインや特徴的なメニューのみを提供するパターンがほとんどです。

えー。と思うかもしれませんが、あくまで無料試食なので贅沢は言えないですね。

料金の発生する試食会の特徴


では料金が発生する試食会はどんな試食会なのか、どんな人が行くべきなのかというと、

「当日と(ほぼ)同じもの」を体験できる点です。

かっこがきで「ほぼ」と抱えていただいたのは式場によって異なるのですが、料金が発生する場合は当日の料理を確認する意味合いが強いです。

そのため

  • 料理に対するこだわりがあり、一部ではなく一通りのメニューを確認したい。
  • フルコース全てを食べてゲストが満足する量か

などを確認したい方は料金が発生するものでも試食会に参加することをおすすめします。

料理の満足度が式の印象にも直結し、新郎新婦への印象も変化するので例えばご自身が料理に携わる職業についていらっしゃる方、ゲストに大食いの方が多い方(?)などはしっかりと確認したほうが良いですね。

ブライダルフェアは料金が発生するものも特典がつくものも上手く活用して選ぼう


最初にお伝えしたとおり料金の発生するものから、数万円分の商品券などの特典がつくものまで様々なブライダルフェアが開催されています。

それぞれに特典があるから行く、料金がかかるからいかない!という判断では本当に満足できる結婚式場選びをすることができません。

料金がかかるものでも並行して他の式場のブライダルフェアに特典をもらいながらまわることで、プラスマイナスゼロもしくはお得な状態でブライダルフェアを回ることができます。

是非賢く、そして満足する結婚式場探しをしてください!