みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚式場探しをしている、もしくはしようとしている皆さん!

結婚式場探しをしているとよく聞くブライダルフェアと結婚式場の下見・見学は何が違うか知っていますか?

今さら聞けない2つの違いをご説明するので、新郎新婦様の要望やタイミングに合わせて使い分けて満足の行く結婚式場探しをしましょう!

まずはブライダルフェアについて


まず説明しやすいブライダルフェアについてご説明させていただきます。

ブライダルフェアは簡単に言うと式当日さながらの体験ができる日のことを指します。

披露宴や挙式をゲストの立場から体験できる挙式体験・披露宴体験や料理の味を確かめる料理の試食会。

それ以外にもドレスに力を入れている新郎新婦様向けにはドレスの試着会なども行っています。

よくあるブライダルフェアの内容

  • 模擬挙式:モデルの新郎新婦の挙式を見学する
  • 模擬披露宴:モデルの新郎新婦の披露宴を見学する
  • 試食会:料理のフルコース、もしくは一部を試食できる
  • ドレス試着会
  • ペーパーアイテムの展示会
  • テーブルコーディネート展示会

など多岐にわたるテーマでフェアが行われています。

通常はこれらのブライダルフェアの目玉コンテンツに加え、見学会と相談会(後ほど詳しくご説明します)があります。

時間で言うと式場やコンテンツによってまちまちですが、3時間以上はかかるものも多く、1日で3件回るとヘトヘトになります。

結婚式場の見学や下見とは?


小さい花嫁

ブライダルフェアについて簡単にご説明させていただきましたが、式場の見学・下見はブライダルフェアの体験型イベントがないものだと思っていただければと思います。

見学会

ブライダルフェアにも含まれいている見学会は式場の中の入り口からチャペル、披露宴会場、ゲストの待合室、ブライズルーム、お手洗い、中庭など式場の中を一通りプランナーと一緒に見て回る文字通り見学ツアーとなります。

式場の中をゆっくりまわりながらプランナーさんから案内をうけ、気になる点があれば質問することもできます。

相談会

見学会、相談会ともに「ブライダルフェア」にも含まれる内容となりますが、具体的にはヒアリングと御見積の提示とプランの提案を受ける場になります。

  • いつ頃の式を予定しているのか
  • 予算は?
  • 人数は?
  • こだわりたいポイント
  • 他に候補に入れている式場

などを聞かれながら、その式場の良さをプレゼンしてもらいます。

そして、最後にプランと初期見積を提示される場が相談会と認識してただければと思います。

もちろん相談会と呼ばれている場なので、結婚式について悩んでいること、考えていることなどはプランナーさん、営業さんが丁寧に答えてくれますので、その式場に関わらず結婚式全般での悩みがあれば相談してみるのもよいでしょう。

それぞれのメリット・デメリットは?

結婚式場について悩む新婦

ブライダルフェアと見学・下見の違いは体験型のイベントがあるかないかが大きなポイントです。

その分メリットデメリットも存在します。

ブライダルフェア参加のメリット

  • 挙式や披露宴などのイメージを持ちやすい
  • 料理などの味や中身をしっかりと確認できること

ブライダルフェア参加のデメリット

  • どうしても長時間拘束される
  • 初期見積と実際のブライダルフェアの中身が異なる場合がある。

特にデメリットの2つ目は注意で、模擬披露宴や試食会で大変気に入ったとしてもそれが上位プランであったり、料金がかかるものも実際に多く、それが初期見積に含まれていないことがあります。

「えーこの予算であの披露宴ができると思ったのに!」と後悔しないようにご契約前にプランをしっかりと検討しましょう。

結婚式場の見学・下見のメリット

  • 時間にして1〜2時間ほどなので、数多く回ることができる
  • 空いた時間や仕事帰りに気楽に参加することができる

結婚式場の見学・下見のデメリット

  • 挙式や披露宴などの実際のイメージを持ちづらい
  • 料理などの味を確かめることができない。

などそれぞれのメリット・デメリットはどうしても存在します。

一番は式場見学でたくさんまわり、絞り込んでブライダルフェアへ


花嫁

いつまでに式を挙げたいのかによってどれだけ準備期間に時間を使えるか変わってきますが、一番後悔のしない結婚式場探しの回り方を教えます。それは

  1. ゼクシィなどの情報サイトで自分たちの条件に合うもの合わない物含めてたくさんチェック
  2. 候補に上がった10会場前後を見学・下見でまわる
  3. 見学して良いと感じた3会場ほどをブライダルフェアで細部まで確認する
  4. ブライダルフェアに参加した中で、決定。決めきれなければ違うところもブライダルフェアへ

という流れが、それぞれのメリットとデメリットを補いつつしっかりと結婚式場の良し悪しを確認できる方法です。

一生に一度の結婚式。

たくさんある結婚式場から探し出すのは大変ですが、ぜひ上手く見学とブライダルフェアを組み合わせて後悔しない結婚式場選びを実現してください。