みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

家族や友人の結婚式に出席するのは、とっても楽しみですよね。しかし、服装のマナーをしっかり抑えていないと、自分が恥をかくだけでなく、新郎新婦に迷惑をかけることもあります。ここで紹介する基本の3ポイントを抑えて、しっかり気をつけましょう!

男性はスーツの質に注意


男性は、ほとんどの場合スーツで出席しますね。ただし、「スーツなら何でもOK」というわけではありません。量販店のセールで買ったようなものは、避けてください。

そうした安物は、自分では気がつかなくとも、一目見てどんなレベルかわかることが多いんです。そのため、「新郎(新婦)の友人にはあんなスーツを着てくる人がいるのか」と判断されかねません。

スーツの色はダークカラーが無難ですが、カジュアルな式であればグレーやネイビーも垢抜けて見えるのでおすすめ。新郎新婦より目立ってはまずいので、あまり明るすぎる色はやめましょう。また、中に着るシャツは黒以外にし、ネクタイも明るい色をつけてください。

女性は色と露出に注意


結婚式にお呼ばれしたときのアクセサリーマナー

女性の華やかなドレス姿は、結婚式を盛り上げてくれます。ここで注意したいのが、色味です。

白いドレスを着てはいけないと知っている方はほとんどだと思いますが、ベージュや水色なども要注意

遠目から見たり写真で見たりしたときに真っ白に見えることがあり、「どういうつもり?」と周りから白い目で見られることも。 

また、過度の露出もNGです。特に胸元がはだけているものは、結婚式にふさわしくありません

肩や腕の露出が大きいものは、ストールを巻けば大丈夫。スカート丈は、膝丈くらいが無難です。

鞄と靴は意外と見られている


男女共に手を抜きがちなのに意外と見られているのが、鞄と靴です。

鞄は安物をさけ、傷や汚れのないものを使いましょう。また、あまり大きいサイズだと邪魔になるのでスッキリしたクラッチバッグがおすすめ。

靴に関してですが、女性はヒールのあるものを履きましょう。

この時、ヒール部分がすりきれていないかチェックしてください。男性の革靴は前日に磨いておくのがベストです。どちらも、安物を避けるのがベターですね。

結婚式の服装のマナーをご紹介しました。最低でも、この3つを抑えておけば恥をかくことはありません。せっかくのお祝いの場に水を差すことのないよう、しっかりした服装で楽しく参加しましょう。

ブライダルグッズ専門ショップ開店!最大割引25%クーポン配布中

新郎新婦の、新郎新婦による、新郎新婦のためのショップ。

その信念を元にマリーギフトショップを立ち上げました!