みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

「ふたりらしい結婚式。って興味ある。でもふたりらしいってどういうこと?」

「オリジナルウエディングってよく聞くけれど、どういう風にしたらいいかわからない!」

実は「ふたりらしい結婚式」ってとっても簡単で、さらに結婚式の準備をもっと楽しくしてくれるんです。今回はどんな風に「ふたりらしさ」を演出していいかわからない方のために、【ふたりらしい結婚式のつくりかた】をご紹介します。
◆そもそも【ふたりらしい】とは

 

ふたりらしいというのは、必ずしもふたりの共通点でなくて実は大丈夫なんです。当日結婚式に参列されたゲストが「あっ。あの子らしいな」「おっ。あいつらしいな」って思ってもらえること。新郎・新婦お互いが自分らしさを結婚式の中で表現できていることが【ふたりらしい結婚式】になるんです。つまりは【自分らしい】ということに重点を置いてもらってかまいません。もちろんその中にふたりの共通点があっても素敵です。じゃあ次は【自分らしい】をどういう風に探したらいいかを考えてみましょう。

 

 

◆【自分らしい】の探しかた

 

まずは自分の趣味、好きなもの、職業、出身地など自分に関することを書き出してみてください。ふたりの出会いに関することやふたりの共通の趣味があればそれも書き出してみましょう。書き出す順番や結婚式で使えるかどうかは考えないで大丈夫です。「私といったらコレっ♪」ってものをたくさん書き出してみましょう!

 

例 映画鑑賞が好き

旅行が好き

職業:看護士

アウトドアが好き

料理が好き

出身:大阪

読書が好き…など

 

その他にもニックネーム、普段の持ち物の色、好きな場所、ペットの名前など なんでもいいので思いついたことを書いてみましょう。

きっと「あなた」を表現した1枚の紙が出来上がったと思います。

では実際に「あなたらしさ」を取り入れた結婚式をつくってみましょう。

 

 

◆大好きなもので結婚式をつくろう

 

リストアップが終わったら、実際に結婚式で使いたいな。って思うもの、これは結婚式でみんなに知ってほしいなって思えるものなどをピックアップして自分の大好きなもので囲まれた結婚式をつくりましょう。

 

例…結婚式に映画を取り入れたい!

 

映画が好きな方は結婚式の招待状を映画のチケット風にしてみてはいかがですか。ふたりの名前を入れて結婚式のテーマを映画のタイトル風に仕上げてもオリジナル感が出て素敵です。また、結婚式内で使用するBGMをすべて映画の音楽にしたり、オープニングや生い立ちビデオを映画のようにストーリー立てて作成してみてはいかがですか。結婚式で定番のドレスの色あてクイズの代わりに「再入場の曲当てクイズ!」として有名な映画の音楽を使用してもインパクトがあってオススメです。

 

 

例…旅行が好き

 

結婚式って実はゲストの待ち時間がとても多いんです。

特に受付時間は受付前でたくさんの人が溢れていて、これから受付をする人やもう済ませたので結婚式がはじまるまで何もすることがない人も。

ぜひ旅行が好きな方は今まで訪れた場所でオススメの場所TOP5等まとめたアルバムや表をつくって、ウエルカムコーナーに飾ってみてください。

そこで起こったおもしろい事件や、感動した出来事などひと言メモを添えてみるのもおすすめです。ゲストにも楽しんでもらえて「ふたりらしさ」も演出できます。また、テーブルごとのテーブル記号(一般的にはA・Bや鶴・亀etc)を好きな観光地とそこで撮影した写真にしてみるのも素敵です。

 

 

例…職業が看護士

 

結婚式にちょっとおもしろい演出を入れたいな。とお考えの方はこんな演出はいかがですか。お色直しで退場をする間、新婦はそのままお色直し、でも新郎は時間を持て余すことってありますよね。例えば、司会からの「看護士をしている新婦から派遣された新人看護士が特別ゲストとしてみなさんにお酒を振る舞います!」などの紹介をしてもらって、突如入場扉から看護士の格好をした新郎がたくさんのお酒を持ってみんなにお酒を振る舞ったりしても盛り上がります。

また、結婚式後のお見送りの際に配るプチギフトの袋を「お薬袋」にしてみてはいかがでしょうか。

 

例…出身地が大阪

 

出身が違うふたりの場合は、出身地にちなんだものを結婚式に入れても楽しいです。

例えば大阪出身の場合、各テーブルごとに写真を撮る、各卓写真をグリコのポーズにしてみてはいかがですか。ご存知の方が多いとは思いますが、知らない方の為に写真などを準備しておくとスムーズです。また、ポーズを指定して写真を撮ることで自然とみなさんが笑顔になってくれるのもオススメのひとつです。

 

【まとめ】

いかがでしたか。「ふたりらしい」というとどうしても新郎・新婦共通のなにかが必要だと考えてしまいますが、「自分らしい」をお互いが結婚式の中で演出することが「ふたりらしい」に繋がるんです。結婚式は自分のゲストだけでなく、これから結婚する相手のゲストも参加されます。お互いが自分らしさを結婚式の中で表現することで、お互いのゲストにも自分のことを知ってもらうことができます。今回紹介した内容はすべて例えですが、好きなスポーツ、音楽、飲み物や食べ物でもとりあえず書き出してみて、クイズに使ったり、席札などのペーパーアイテムを手作りされる時のアイデアのひとつとしてぜひ取り入れてみてください。結婚式の準備って大変と言われていますが、「好きなもの」を取り入れることでわくわくしながら準備もすすめられます。みなさんの結婚式が「ふたりらしい素敵な結婚式」になりますように。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムにスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックでエンドロールを作成
・式後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪