ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


毎週司会者として披露宴に参加していると、1年でかなりの数の余興を見ます。

その中で結婚式・披露宴で盛り上がる余興とスベる余興の共通点を発見したので、ご紹介します。

もし余興を頼まれているなら、ぜひ参考にしてください。 

自信が無いならDVD一択


男性のお呼ばれマナー

「余興頼まれたけど、自信ないよ~」なんていう方は、DVDを作ってください。正直、それ以外の正解はないと思います。

DVDは当日までに製作時間がとれるますし無料のテンプレートもあるので、誰でもある程度のクオリティに持っていくことができます。

また、YouTubeで検索すれば色々な作品を見れるので、それを参考にもできますよね。時間は5分以内が目安です。 

DVDを作る時に絶対に守って欲しいのが、字幕をつけること

「〇〇くん、〇〇ちゃん、おめでとう!」くらいであればいりませんが、それ以外にも話すようであれば、必須だと思っていただいてかまいません。

それから、身内ネタはほどほどに。「親族や職場の方が見ても楽しめるか?」という視点を忘れないでください。

歌・ダンスはサビで終わらせるのがベター


余興でよくあるのが、歌やダンスです。

たまにプロ並みに歌が上手かったり、キレキレの動きを見せる方がいますが、その場合かなり会場は盛り上がります

ただ、そこまでのレベルでないのであれば、イントロからサビまでにしておくのがベターです。

曲にもよりますが、だいたいサビが終わった頃から、みんな飽きるのか、手拍子をやめ始めます。

そうなると「盛り上がり感」が半減するので、サビまで歌って「〇〇くん、〇〇ちゃん、結婚おめでとう!」と一言添えてはけるくらいがおすすめです。

ゲーム系は喋りに自信がある人だけ


二次会の司会をする男性

結婚式の余興にゲームをすることも多々あります。ただし、これは一人喋りに自信がある人が必要です。

ありがちなのが、ゲームの内容が後ろの席のゲストまで伝わらず、前で何をやってるのかわからなくなり、会場の半分は余興をほとんど見ていないという状況。

ゲーム自体わかりやすいものを選ぶのはもちろん、手短に、そして明確にルールを説明できる人を用意してください。

また、ゲームの最中も絶えず話し続けた方がいいですね。無音の時間が続くと、それだけで盛り下がりスベってる感が出てしまいます。

ウケる余興で会場を盛り上げよう!


 

余興がスベると、かなりいたたまれない雰囲気になります。もちろん一生懸命やればそれでいいという考え方もありますが、どうせやるなら新郎新婦のためにもがんばりたいですよね。この3つをポイントに、ウケる余興で会場を盛り上げましょう!

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!