みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

女性にとって、髪は命とも言われますよね。オシャレをするにしても、まずは髪型を意識するという女性が多いと思います。

現代においては、髪型の種類というのは多彩になっているため、美容院に行けば理想に近い髪型を実現できますよね。

もちろん、どのような髪型にしようとも、基本的には自由です。しかし、場をわきまえた髪型を意識しなければならない時もあります。例えば、結婚式の時ですね。そこで、結婚式における髪型のマナーについて説明します!

NG例①派手な髪型


髪型の種類というのはとても多く、控えめな雰囲気のタイプもあれば、派手な雰囲気のタイプもあります。

派手さを好む女性は多いですが、どんなシーンでも派手さが受け入れられるというわけではありません。

そもそも、結婚式における主役は、新郎新婦です。そのため、その主役より目立ってしまうほどの派手な髪型というのは、マナー違反ということになります。

NG例②ダラリとおろした髪型


女性であっても、あまり髪のセットにこだわらない人がいます。ダラリと髪をおろしたまま出かけるという人もいるということですね。しかし、そのような髪型は、結婚式の場には適していません。なぜなら、だらしのない印象を持たれてしまう可能性があるからです。

また、食事をする際などに髪をかき上げる必要も出てきますよね。そのような所作というのは、見ていて気持ちの良いものではありません。そのため、髪をきちんとセットすることは大切です。

ただし、ダウンスタイルが全てダメというわけではありません。ある程度きちんとした髪型であればOKな場合もあります。

NG例③服装と合っていない髪型


基本的に、服装と髪型を決める際に、それぞれを分けて考えてしまうのは避けましょう。

仮に、髪型が服装と全く合っていなかった場合、それはそれでマナー違反ということになります。そのため、全体的なバランスというものを十分に意識しましょう。

OK例①フルアップ


悩む新婦

結婚式にベストな髪型の例としては、フルアップが挙げられます。フルアップであれば、きれいに髪がまとめられているため、きちんとした印象を持たれやすいです。

また、フルアップというのは、色々と調整がきく髪型でもあります。そのため、フルアップにした後、もうちょっと華やかさをプラスするということもできるのです。

OK例②ハーフアップ


中には、どうしてもフルアップに抵抗があるという人もいるかもしれません。その場合、ハーフアップにしてみてはいかがでしょうか。「髪をおろしてしまうのはマナー違反なのでは?」と感じる女性もいるかもしれませんね。

ハーフアップについては、確かに部分的に髪がおりています。しかし、ある程度きちんとした雰囲気の髪型ですので、マナー違反には当たりません。

全て髪をおろしてしまっているようなヘアスタイルと、ハーフアップのヘアスタイルを比較すると、その違いは一目瞭然ですよ。

きちんと感を意識した髪型で結婚式に参加しよう!


人に見られやすい部分として、フェイスが挙げられます。また、フェイスを見られるということは、必然的に髪型も見られることになりますよね。

そのため、だらしのない髪型で結婚式に出席するというのは適切ではありません。もちろん、マナー違反にもなります。

大切なことは、きちんと感を出すということです。そうすれば、違和感を抱かれることはないでしょう。また、そのきちんと感を出せる髪型こそ、アップスタイルです。したがって、このヘアスタイルにした経験があまりない人は、今のうちに慣れておいた方がいいかもしれませんね。

もちろん、ハーフアップでもマナー的にOKですよ!

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪