みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

この頃は、チャペル挙式が多い中、和装の良さも見直され、チャペル挙式だけれども、お色直しに色打掛をもってくる花嫁の方が増えてきています。

しかし、実際に色打掛を見に行くと、「きらびやかな衣装だわ。でも、レンタル料金が高すぎて、相場っていくらなのかな?」ということで、色打掛のレンタルに関する相場を知りたい方は多いです。これは、和装レンタルは特殊な世界ということですし、是非紹介しますね。ちょっとびっくりするかもしれませんが、読んで頂けると光栄です。

色打掛のレンタル料金に相場というものはなし!

https://www.the-kimonoshop.jp/

https://www.the-kimonoshop.jp/

よく「Yahoo!知恵袋」や「教えてgoo!」などの質問サイトに、「色打掛を借りたいけど、相場はあるの?」という質問が多い中、よく回答を読むとご自身の経験談がほとんどで、レンタル料金の相場の根拠が書かれていません。

上を見れば500万円のものもあれば、下を見れば3万円のレンタル料金の所はあります。高価なものでも、はたして素晴らしいものかというのは、今の技術はかなり向上していますので、素人では判別不可です。

ここで、相場というものが「はい?いくらなの?」と疑問が生まれます。

なぜ相場というものがわからなくなるの?

https://www.the-kimonoshop.jp/

https://www.the-kimonoshop.jp/

色打掛自体の元値が違うこと、レンタル回数による値下げ、仕入れ方のルートの違いなど、さまざまな理由で料金が変わるので、色打掛のレンタルの相場というものが不明となります。

例えば、元値100万円の色打掛をお店に入荷させたら人気打掛でレンタル回数が増えていくと、どんどん痛んでいきますよね。そうすると、どんどん痛みが激しくなります。

消耗品という考えから、「減価償却」と言って、最初の値段からレンタル料金を落としていくということがあります。

刺繍などの細かい部分でも値段に違いが出て、有名なデザイナーブランドの色打掛ということになると、ブランド料というのがかかってきますから、元値はおろか相場まで見えなくなってしまいます。

さらに、レンタル料金については、都市部が安く、地方では高いという統計も出ています。都市部は競合相手が多いので、価格競争ということになるのです。

また、どこで色打掛をレンタルするかによっても価格が変わってきますので、「相場はあってないような世界」というのがこれらのことから言えます。

どこで色打掛をレンタルすればいいの?

https://www.the-kimonoshop.jp/

https://www.the-kimonoshop.jp/

では、どこがベストかというと、難しいところですが、注意点を含めて、紹介しますね。

式場のパックプランを利用する方法

式場では「これだけあれば挙式・披露宴は大丈夫」ということで、パックプランが用意されています。

挙式料や食事代や引き出物代などの最低プランをまとめたものです。

このパックプランの中には、大体2着はプラン内に衣装代が含まれています。試着にいくと「パックプランではこれだけです」と何着か出してくれて、その中で気に入ったものがあればいいのですが、

気に入らないということになると、気に入ったものということで、プラン外のものから選ばなければいけません。パックプラン外のものをレンタルする場合は差額を払うか、全額を払うというケースもありますので、決定する前には必ず料金確認や決めてからの途中見積もりでチェックは必要です。

また、式場によっては、衣装部がなく式場と提携しているレンタルショップで選ばなくてはいけない場合もあります。提携ショップでも複数での選択ですので、提携ショップでのレンタル料金の違いが相場というのを明確化できない要素でもあります。

外部のレンタル店で色打掛をレンタルする方法

式場の衣装部や提携店で気に入ったものがないと、外部のレンタル店で色打掛を借りるということになります。トラブルになっているケースも発生しているので、確認をしてくださいね。注意点がある為に、相場が見えないというのもあります。

注意して欲しいこと!

  • 式場側が外部レンタル衣装の持ち込み禁止をしていないか?
  • クリーニング代(衣装代に含まれてる場合も)
  • 貸し出し補償金(レンタル先で違いは出ます)
  • 持ち込み料(3~5万円 大型チェーン店では負担してくれる所も)

びっくりするような注意点が出てきますが、まず式場が外部のレンタル品を持ち込んではいけないとしているところがあります。クリーニング代や貸し出し補償金は、レンタルに出して、借りた方が不注意で汚してしまったとか破いてしまった時等の保険と次の予約された方への使用の為のクリーニング代が発生しますのでよく確認してください。

外部のレンタル店で色打掛を借りる方法

https://www.the-kimonoshop.jp/

https://www.the-kimonoshop.jp/

外部のレンタル店で色打掛を借りる方法としては、「実店舗でのレンタル」と「実店舗のないネット店舗でのレンタル」に分かれます。最近は、仲介を通さず、自社でデザインと制作を行っているショップが多いので3万円~40万円の範囲でレンタルできます。しかし、一部の専門ショップではかわいい色打掛については「レンタル価格は店頭で」というところも。お店によってはピンキリ価格ですので、先に書きました値段帯は相場ではなく、参考価格帯としてお考えください。

「実店舗のないネット店舗」については、心配される点はありますが、「これが着たい」と決めたら、試着を連絡すれば枚数制限はありますが試着可能ですし、往復の送料は会社が負担してくれますので、安心してレンタルできます。しかし、ネット店舗でも価格差はでますのでこれも相場を決定しにくい要因です。

どこで借りるかによっても掛かってきてしまういやな費用

自分達の考えている予算でいけると思っても意外な落とし穴が。案外忘れがちなのが、「着付け料」で6~7万円予算にプラスされます。花嫁さんの和装の着付けは、成人式の振袖の着付けと違って特殊なテクニックが必要とされ高額になります。これは素直にお支払いしましょう。かつら代などもプランナーさんに必ずご相談してください。色打掛の相場に惑わされて抑えるのを忘れる確認点です。

まとめ

https://www.the-kimonoshop.jp/

https://www.the-kimonoshop.jp/

相場を調べていくと、結局いろんな縛りでレンタルは式場内か提携店からというのが安全かと思われますし、相場としても、見えやすく、後々のトラブルもスムーズです。

私も色打掛で気に入ったものがなくて、セットプラン外のものにしましたが、差額発生として当初は15万の請求でしたが、事前チェックでほつれなどが見つかって代替えになった為、最終請求ではなしになりました。

こういうイレギュラー対応で減額される場合も発生するので、相場というのは、本当に「あってないような世界」ということです。

編集部おすすめ人気記事

今回お写真で使わせていただいたお店

白無垢・色打掛レンタルなら結婚式着物専門の【THE KIMONO SHOP−ザ・キモノショップ】

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪