みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚式はご祝儀制?会費制?アナタはどっち??

 

結婚式を挙げるにあたり、ゲストからお祝いをいただくカタチとして、「ご祝儀制」と「会費制」の2パターンがあるのはご存知の方も多いですよね。

では、この2パターンはどう使い分けるものなのか?

またそれぞれのメリットデメリットとは??

自分達はどんな結婚式をし、どんなゲストを招待するかによって変わってくるこの2パータンの違い。

理想の結婚式のスタイルや予算などに合わせてどちらにするのか決めてくださいね。

 

「ご祝儀制」「会費制」にはそれぞれの向き不向きの結婚式がある!

どちらのパターンにするかを決めるにはどんな結婚式にして、どんなゲストを招待するのかで決まります。

一般的によくある結婚式では、親戚から会社の上司、友人まで幅広いゲストを招待するフォーマルな結婚式。

この場合は、お料理もコース料理でしっかりとおもてなしをし、お帰りの際には手ぶらではなく、引き出物などをお持ち帰り頂くというカタチを取ります。

これは、ご祝儀制が正解です。

また、会場も結婚式を挙げるにあたり設備面も揃っているフォーマルなホテルやゲストハウス、専門式場をオススメします。

一方、海外挙式をしたあとの、帰国後パーティーや、カジュアルなレストランなどで友人中心の結婚式の場合には、会費制でも問題なしです!

結婚式の内容というより、形式をどんな形式にするか、ゲストの層などで「ご祝儀制」なのか「会費制」なのかが決まってきます。

 

「ご祝儀制」のメリットデメリット

〜メリット〜

ご祝儀とは、その結婚式を挙げる新郎新婦とゲストとの間柄により

ゲストがお祝いの金額を決めます。

一般的な結婚式とは、このご祝儀制ですね。

年配や会社の上司などには、まだまだ会費制の結婚式への理解には不向きなため

ご祝儀制にしておいた方が良いでしょう。

また、結婚式に掛かった費用に対して、ご祝儀としていただいた金額によっては

新郎新婦の持ち出しが少ない、もしくは持ち出しなくプラスになるなどもあり得ます。

予算を気にする場合には、ご祝儀制の方が結果的にはお財布にも安心になる場合が多いのは

こちらのご祝儀制となります。

ただし、誰にいくら…という予測がつき難いご祝儀制なので

あまり頑張りすぎる結婚式は、逆に足が出てしまう場合もあるので、そこは慎重に…。

 

〜デメリット〜

ゲスト目線で考えると、やはりご祝儀制はゲストにとっては費用負担が多くなってしまいます。

ゲストへの金銭的負担を考えた場合、このことを心配する新郎新婦もいるようですね。

 

 

「会費制」のメリットデメリット

 

〜メリット〜

ゲストはご祝儀に比べ、結婚式に招待された時に掛かる費用をこの会費制にすることで比較的抑えることが出来ます。

また新郎新婦自身は、会費という決まった金額で何人招待しているかでおおよその予算を事前に把握することが出来ますね。

その予算に合わせて、料理などを決めることが出来ます。

挙式は海外やリゾートで挙げて、帰国後、国内では挙式をせずお披露目パーティーだけ、などにはオススメのスタイルです。

 

〜デメリット〜

ゲストから頂いた会費は、料理や飲み物、簡単なプチギフトなどの予算で消費してしまうためその他に掛かる結婚式の費用は全て新郎新婦の負担となります。

その為、ご祝儀制に比べ、新郎新婦の持ち出しが多くなってしまう傾向にあります。

また、前述の通り、年配のゲストにはまだまだ会費制の結婚式の浸透はなく違和感を感じるゲストが多くいるのが実情です。

また、会費制により料理がカジュアルになってしまったり、引き出物がなかったりなども

理解しがたいようなので、年配のゲストや、会社の上司などもてなしを重視すべき

ゲストを招待する場合には、会費制は不向きなようですね。

 

 

■会費制結婚式の相場

新郎新婦が金額を設定してゲストを招待する会費制。

実際、相場はどの位を設定するべきなのでしょう?

会費の相場としては、10,000円〜15,000円位が平均です。

その中で、お料理代、飲み物代、見送りの際に新郎新婦からゲストへ渡すプチギフトなどを

その会費でまかないます。

お料理については、コース料理・ビュッフェいずれも問題無しです。

しかし、二次会との差を付けたい場合には、コース料理の方が少しでもフォーマルな雰囲気になり、二次会とは差が出てオススメです。

ご祝儀制と違い、引き出物や引き菓子などの準備の必要はありません。

 

 

■まとめ

「ご祝儀制」「会費制」どちらにもメリットデメリットはあります。

あとは、結婚式を挙げる新郎新婦自身が、どんな会場で、どんな結婚式を挙げ

どんなゲストを、どうもてなしたいのか…によってどちらにするのか

じっくり相談して決めましょう。

いずれのパターンになったとしても、2人でじっくり相談して決めた結婚式のスタイルです。

笑顔溢れる素敵な結婚式になると良いですね!

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムにスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックでエンドロールを作成
・式後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪