みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚式でエンドロールを入れる予定だけど、どんな風にすればいいか分からない。文章を考えたいけど、思いつかない。そんな方のために、今回はメッセージの入れ方と内容についてご紹介していきます。

エンドロールメッセージを流す順番


エンドロールメッセージは、失礼のない順番でゲストの名前を流していく必要があります。

一般的なのは、まずゲストを新郎側と新婦側で分け、そのなかで「職場→友人→親族→家族」とするやり方です。

同じ職場の中でも、役職が上の人から順に流しましょう。家族はホスト側と考えるので、最後にしてください。

エンドロールメッセージはグループごとでもOK


新婦想い出の写真

参加したゲスト全員へのメッセージを考えるのは、ちょっと大変だと思いませんか?

そんなときは、グループごとに分けてゲスト名をまとめ、一括してメッセージを伝えましょう。

特にゲストが100名を超えるような披露宴では、個別のメッセージを流すとかなり時間がかかってしまうのでおすすめです。

エンドロールメッセージの内容


エンドロールの基本的な構成は、初めに日付や「○○&○○ wedding」など入れ、ゲストへのメッセージを入れます。

そして最後に絞めの挨拶を入れて完成です。

エンドロールメッセージをつくる時は、「その場にいる全員に見られる」と意識することが大切です。

下ネタや人のコンプレックスを刺激するような内容は、そのグループにはウケるかもしれませんが、ふさわしくありません。

今までの感謝を伝え、これからの抱負を宣言するようにすると間違いないでしょう。

結婚式エンドロールのメッセージ文例


【会社関係者】

・家庭もできたのでこれからはより仕事に打ち込みます!

・これからも鍛えてください

・先輩は僕の目標です

・いつも助けてくれてありがとう

・仲間でありライバルです!これからもよろしく

【友人】

・これからも飲みに行こう

・○○年の付き合いだね、結婚してもよろしく

・また○○に遊びに行こう!

・うちに遊びに来てね

・余興をありがとう!

【親族・家族】

・いつも近くで支えてくれてありがとう

・お父さん、お母さんのような夫婦を目指します

・これからたくさん親孝行するね

・常に一番の味方でいてくれて嬉しいです

・ウェディングドレス姿を見せられてよかった

NGなメッセージ内容とは?

エンドロールのメッセージは気持ちを素直に書きたいところですが、ちょっとした注意も必要です。

まず当たり前ですが、下ネタなどの他の人が見て不快になる内容は避けしょう。本人同士が盛り上がっても、相手の親族などから良く思われません。

また、意外と「次は○○ちゃんかな?」というようなメッセージもリスクあり。それぞれのカップルの事情に立ち入るようなことはやめておいた方が賢明です。どちらかは結婚したいのにどちらかが迷っている状態など、微妙な状況である可能性もあります。

最後に、誰にでも当てはまるようなメッセージもゲストは喜びません。たとえば「今日は久々に会えてよかった!また会おうね」くらいあたりさわりがないと、読んでも感動はしませんよね。

エンドロールメッセージの注意


最近は「撮って出し」と言って、その日の挙式・披露宴の様子をまとめたエンドロールをつくることも増えてきました。

その場合は映像をしっかり見せると盛り上がるので、文字は小さめがおすすめです。

事前に用意する場合はしっかりとメッセージが伝わるように大きめに設定し、途中で飽きられないように写真などを入れ込むのがおすすめ。また、白文字に黒縁をつけると、どんな背景でも見やすくなります。

エンドロールは披露宴の最後に流されます。そのためあまりに長すぎると「まだ?」と思われますので、5分以内に収めるように作るのがおすすめです。

また、たいていの場合「両親への手紙→新郎父・新郎からの謝辞→退場→エンドロール」という順番になります。

そこまで感動的な流れだったのに急にポップになるとちょっとした違和感があるので、明るく楽しく終わりたいなどこだわりがなければBGMはバラード系がおすすめ。

エンドロール屋が教える結婚式エンドロールをやるなら見ておくべきお役立ち記事

遂にMarryGiftショップ開店!最大割引25%クーポン配布中

新郎新婦の、新郎新婦による、新郎新婦のためのショップ。

その信念を元にマリーギフトショップを立ち上げました!