みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚式はお金がかかるもの。一つ一つの単価が高いので、3,4万円は「少しのお金」という感覚になってしまいますよね。

しかし、少しずつコストを抑えないと気づいたらすぐに50~100万円ほど値上がりします。

そこで今回は、特にお金がかかりがちなウェディングドレスを、格安で手に入れる方法をご紹介します。

安くてもかわいいドレスを見つけて、コスパの良い式を挙げましょう!

ウェディングドレスの平均予算はいくら?


実際のところ、花嫁たちはウェディングドレスにどのくらいの予算をかけているのでしょうか?2016年の調査によりますと、ウェディングドレスの平均費用は24.9万円でした。お色直し後のカラードレスも含めると、43.5万円にもなるようです。

結婚式にかかる費用は色々ありますが、ウェディングドレスは中でもかなり単価が高いものだといえますね。

だからこそ、この費用を抑えることで全体のコストを軽減できるんです。

ウェディングドレスを格安でレンタル


結婚式の主役は新婦です。新婦と被る白のドレスはご法度です。

ウェディングドレスを購入するとなると、やはりそれなりの値段がかかります。

そこでおすすめしたいのが、レンタルです。

ウェディングドレスをレンタルをするには、2つのパターンがあるんです。

一つ目が、会場でのレンタル。多くの結婚式場では結婚式のセットにドレスのレンタル代が含まれています。

しかしこれは割高なことが多く、気に入ったデザインのものは追加料金が必要だったりするんです。

その場合、契約前に「レンタル料がもう少し安ければお願いしたいんですが」など値引き交渉をしてみてください。

意外かもしれませんが、こうした交渉はよく行われているのでプランナーさんや営業さんも慣れています。

また、外部からレンタルして持ち込みをする方法もおすすめ。

最近では、なんと3万円でウェディングドレスがレンタルできるところもあります。このとき注意したいのが、持ち込み料がいくらかかるか確認すること。

式場によっては「ドレスレンタルがパックに必須でついている」ということもあり、それなりの値段を無駄に払う可能性があります。ですからこの点は契約前に必ずチェックしておきましょう。

中古ウェディングドレスを格安で手に入れる


結婚式の写真を共有しよう

せっかくだから、ウェディングドレスはずっと手元に置いておきたい。

そんな人には、中古品の購入がおすすめです。

最近ではレンタルが主流ですが、挙式や披露宴、パーティを何回かに分けるなら、その都度レンタルするよりも一着買ってしまった方が安く済むこともあります。

もともとレンタル利用されていたものなどであれば、1万円から販売しておりとってもお得です。

また、新婦が極端に低身長などの場合、レンタル品ではサイズがなくほとんど選べないことがあります。

そんなときも中古品なら選択肢が広がっていいですね。

ウェディングドレスを格安で着るコツ


ノーブランドを選ぶ

せっかくだし素敵なブランドのウェディングドレスを着たいという気持ちはわかります。

しかし、見ている分にはそのドレスが何のブランドかなんてまったくわかりません。式や披露宴の最中に、「花嫁のウェディングドレスのブランドは……」なんてアナウンスを入れることだってありません。

だから、格安でウェディングドレスを手に入れたいなら、ブランドへのこだわりは捨てましょう

小物で費用を抑える

ウェディングドレスをレンタルする場合、小物もセットでレンタルできることがよくあります。

ドレス自体の値段が高いので見落としがちですが、この小物が意外と費用をかさませていることがあるんです。

レンタルにしても購入にしても、ティアラやピアス、グローブなどは、別で借りる・買うにした方が安く抑えられることが多くあります。特にオンラインショップだと格安のものも多いので、事前にチェックしておきましょう。

新郎の衣装とセットにする

ウェディングドレスをレンタル・購入するとき、新郎の衣装もセット価格になることが多々あります。

ものにもよりますが、新郎のタキシード、お色直し後のフォーマル衣装あわせて10万円ほどになることもあるので、この費用が抑えられるのはありがたいですね。

器用さんは手作りで

ウェディングドレスを最も安く済ませるには、実は手作りが一番。

手先が器用だったり、日頃から服を作っている人には特におすすめです。

レンタルや購入よりも愛着がわきますし、使用後はまたバラして、ポーチやスカートなどに作り替えることもできるんです。これなら家のスペースを取ることもないですよね。

また、お子さんが生まれた時に、自分のウェディングドレスで作ったアイテムを渡すこともできるでしょう。

そこまではできないという方には、小物を手作りするという方法があります。

パールなどを買ってくれば、思い通りのアイテムが作り放題。

また、ウェディングドレスは「作ってみたけどやっぱり無理!」と式直前であきらめるとレンタルが間に合わない可能性もありますが、小物であれば数日前でも問題ないのでその面でも安心です!