みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。


人生最良の瞬間ともいえる結婚式、この日花嫁はいつもの姿より美しく見せてくれるウェディングドレスに身を包みます。

このウェディングドレス選びはとっても重要ですが、今回おすすめしたいのはオーダーメイドです。

せっかくの特別な日なので、世界で一つの特別な一着を用意してみてはいかがでしょう。

フルオーダーとセミオーダーの違い


結婚式の記録映像

オートクチュールとも呼ばれるフルオーダーは、生地やデザインなどすべてを自分で決めるタイプ。

絶対に他の人とかぶらない、世界に一着のウェディングドレスを作ることができます。

いろいろと選び抜くのが大変ですが、完成したときの喜びは格別。結婚式へのモチベーションがぐんと上がること間違いなしです。

 

セミオーダーは、いくつかの選択肢から自分で選んだものを組み合わせるタイプ。

ほかの人とかぶる可能性はありますが、サイズは自分用に調整されるのでぴったりになります。

フルオーダーに比べて安価なので、ドレスにはこだわりたいけど費用を抑えたいという人に人気です。

オーダーメイドのウェディングドレスの価格


オーダーメイドのウェディングドレスは、ものすごく高価だというイメージを持っていませんか?

たしかに50万円以上するようなお店もありますが、最近では「オーダーなのにこの値段!?」と驚くようなところもあります。

レンタル品なども含め花嫁がウェディングドレスにかける金額は平均25万円程度ですが、オーダードレスをこの値段の範囲で十分用意することが可能です。

セミオーダーであれば有名なブランドでも20万円から作れます。

そこまで有名でないものであれば、この半値で販売しているところもあるんです。

フルオーダーの場合、憧れのブランドで作るなら50万円以上を覚悟したほうがよさそうです。

ものによっては100万円を超えることもあります。ただしブランドにこだわりがなければ、20万円を切ることも。

セミオーダー、フルオーダーにかかわらず、ネットで探せば10万円以下のものもあるでしょう。

そうしたものはデザインが優れているものもあるのですが、どうしてもチープさが抜けきらないものもあります。

しっかり自分の目で確かめて、納得のいくクオリティのものを作ってください。

オーダーメイドのウェディングドレスを作るまでの流れ


ここからは、オーダーメイドのウェディングドレスをどんな風に作っていくのかをご紹介します。

これはあくまで一例ですので、実際に注文する場合はそのお店にスケジュールをよく確認してくださいね。

半年前

オーダーメイドのウェディングドレスを作るなら、結婚式の半年前にはドレス探しを始めたいところ。

既製品はたくさんのドレスを比較できるので、購入するのはかんたんです。

しかしオーダーは自由な分、自分の中で明確な基準がないと手を付けられません。

既製品の販売やレンタルを行っているお店であれば、まずはいろいろとドレスを見せてもらいましょう。

その中で、「素材はサテンを使いたい」「トレーンは長めがいい」など、自分はどんなウェディングドレスを着たいのかが明確になっていきます。

3ヶ月前

遅くとも3か月前にはどのお店でオーダーするのかを決め、担当さんとデザインをある程度完成させてください。

デザインが決まったら、すぐに採寸に入ります。あなたの体にぴったりのドレスを作れるのが、オーダーメイドの醍醐味。

ここで測ったサイズをもとにドレスが作られていくので、ダイエットはこのときまでに完了しておきたいところ。

採寸後に痩せると胸やウエストがパカパカしてかっこ悪いですし、太るときつくなって見栄えが悪くなってしまいます。

3か月前までにデザインの決定・採寸を終えたら、そこから1か月かけて仮縫いしていきます。

2ヶ月前

結婚式2か月前くらいになると一度試着をし、細かな部分をあわせていきます。

胸元のフィット感やすその広がりなどをチェックしながら、ミリ単位で変更を加えていくんです。このときは実際に選んだ生地ではなく、仮縫い用の生地となります。

デザインイラストやイメージ図で見ていた時とは、印象が異なることもあります。

大きな変更は難しいですが、「ここにレースを足したい」など要望があれば、相談だけでもしてみてください。

1ヶ月前

結婚式1か月前頃、とうとうウェディングドレスが完成します。確認のために試着をするのですが、この瞬間はとっても感動的。

あなたのためだけに作られたウェディングドレスなので、喜びもひとしおです。

そして、小物をあわせていきます。ドレスに似合うベールやアクセサリーを選び、仕上げをしていきましょう。

手持ちのものを合わせたい場合は、試着の日にもっていくようにするとバランスを確認できていいですね!

また、お店によってはここで当日用のヘアメイクをセットしてもらえることもあります。

ヘアスタイルによってドレスに見え方が変わってくるので、もしできるのであればぜひしておくことをおすすめします。

直前

結婚式5日前くらいに、お店から式場へとドレスが運ばれます。そして当日、念願のドレスを着て、式・披露宴に臨みましょう。

誰にも汚されていないあなただけの一着を身にまとい、特別な気分に浸れそうです。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪