みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚が決まるとやらなきゃいけないことや考えなきゃいけないことがたくさん。

なかでも二人で考えるべき大きなイベントといえば結婚式です。

どんな結婚式にするのかしっかりと話し合いをしていかないといけませんね。

実は結婚式にもトレンドがありますからチェックしてから準備を始めていかれてはいかがです?

 

■コンセプトはトレンドを表す指標

ゲストと一体化!シェアウェディング

 

結婚式の形は今大きく変わってきています。

今までは新郎新婦が自分たちのやりたいことを結婚式に作り上げていくことがメインでしたが、ゲストと一緒になって結婚式を作り上げていくという感覚が強い傾向になっています。

例えばケーキ入刀一つとっても新郎新婦が入刀するだけではなく、ゲストにも参加してもらうサプライズをいれたりと主役をどんどんゲストにバトンタッチしていく方法などがとらていてゲストに満足してもらえるパーティーにするカップルが多いようです。

 

■会場はどんなところが人気なの?

実は人気は分散している!?

以前はトレンドが会場とともに動いておりこんな結婚式が流行っていました。

 

  • 「派手婚」

ホテルや専門式場などの宴会場を貸し切り豪華な結婚式、披露宴を行う。

大きなシャンデリアや高砂などが印象的だった。

 

  • 「地味婚」

結婚式をしないことも流行だったが、する場合はレストランなどを貸し切り少人数でシンプルに行われていた。

料理をゆっくり食べることをメイン演出とすることも多かった。

 

  • 「ゲストハウス婚」

自分の別荘にゲストを招待して結婚式をするような邸宅ウェディング。

披露宴会場だけではなくサブルームやホワイエなど贅沢に貸し切れることで人気を博した。

 

では今はというと・・・?

どの結婚式も特別に人気があるわけではないのです。

それはなぜなのでしょう。

 

 

人と違うことがトレンド!

「自分たちらしい結婚式」をしたいと望むカップルが急増しています。

個性を出すには会場選びはとても重要です。

ここで皆が流行している会場に集まればそれだけで個性を出すことが難しくなります。

今は自分らしくできる自分たちらしい会場を探し、どれだけ人と差をつけられるかがポイントとなるので結婚式場ではない場所や、ソフト(ウェディングプランナー)を決めてから結婚式をする場所を探す方法などたくさんの選択肢があります。

ハード(外観)だけではなくどんな結婚式ができる会場なのか、見極めプランニングするカップルが増えているようです。

■今取り入れられている演出

フォトプロップスやフォトブースと写真演出がアツイ!

今や結婚式をするにもSNSの存在を無視するわけにはいきません。

参加してくれたゲストがSNSで素敵な写真をアップできるような演出が今人気です。

 

  • フォトプロップス

フォトプロップスとはヒゲ、メガネ、シルクハットなどのイラストをつけたスティックのことです。そのスティックをつかって写真撮影をすることができます。

今海外の結婚式では必ずと言っていいほど登場してきます。

使い方は簡単です。

ゲストの卓上に何本かスティックを用意すればよいだけ。

各卓スナップしてラウンドするイベントを入れておけば、ゲストもスティックを使いやすくてよさそうですね。

 

  • フォトブース

その名のとおり写真をとる場所のこと。

結婚式ではないと取れないような素敵な写真をゲストが残せるように、写真を撮りたくなるようなスペースを設けることです。

確かに結婚式は非現実の世界を感じることができますから、たくさん写真も撮りたいですよね。そんなゲストの声に応えられるよう、また新郎新婦も思い出の写真をそこで残せるようフォトブースの作成が流行っているようですよ。

 

両親への感謝を表せるもの

昔結婚式における両親というのはゲストをお迎えする側であり、スポットをあてて何かをするものではありませんでした。

しかし今は新郎新婦が両親を招待するという形になっています。

特に東日本大震災があってからは家族の絆を見直し、感謝を表せるような結婚式を希望するカップルが増えています。

セレモニーの中でベールダウンをお母さまにしてもらったり、家族でシャンパントーストをしたり・・・。

両家両親にとっても楽しんでもらい、印象に残るような結婚式は参加するゲストにも心温まる結婚式となることでしょう。

 

■衣装

クラッシックなミモレ丈ドレスやオフショルダーがかわいい

ドレスの流行はお洋服の流行から少し遅れてやってくるといわれています。

イギリスのロイヤルウェディングは2011年ともう新しくない出来事ですが、当時日本で流行していたドレスはビスチェタイプの肩をだして着るタイプのウェディングドレスです。

しかし当時のキャサリン妃が来ていたのはゴージャスなレースがあしらわれたロングスリーブのクラシカルなドレスでした。

 

このクラッシックな雰囲気が今日本人に合うようにアレンジされとてもかわいくなってきています。ロングスリーブは抵抗があってもオフショルダーくらいですと抵抗なく着れる方が多いようです。

まだまだ細身のタキシードが人気!新郎のお色直しは今や常識?

新郎の衣装はモード人気はまだまだ健在です。

以前は漫才師のようだと嫌煙されていた蝶ネクタイも今ではかなり浸透していて、結婚式でみかけることが多くなりました。

添え物のようなイメージだった新郎ですが、新郎新婦そろってコーディネートすることがおしゃれ婚においては重要であるようです。

 

 

■まとめ

トレンドや流行は右へ倣えだった形から、人と違うものを求めるようになってきました。

トレンドをさりげなく取り入れ、自分たちらしい結婚式にするのが今の結婚式といえそうですね

 

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムにスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックでエンドロールを作成
・式後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪