みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

1.5次会や会費制結婚式・・・最近よく聞くこのウェディングスタイル。言葉だけでも何となくはイメージ出来ますよね。かしこまった結婚式ではなく…でも、カジュアル過ぎる二次会でもないであろう1.5次会や会費制結婚式。それでは、実際はどんなパーティーなんでしょう。実は使い方次第では、とっても便利な位置付けの1.5次会。今回は、そんな1.5次会/会費制結婚式についてご紹介します。

1.5次会(会費制結婚式)の特徴と魅力

結婚式の装飾に目を奪われる女性

結婚式は、親戚や会社の上司、友人など幅広くゲストを招待していることから、ある程度格式も担保しなくてはなりません。『かしこまった』スタイルを作ることが大切になってきますね。一方、二次会は料理はビュッフェ形式が多くなり、パーティー内容もゲームが中心であったりなど『カジュアル』スタイルです。1.5次会とは、1を結婚式、2を二次会とし、その間を取ってそれぞれの良い所を取り入れるパーティーが1.5次会です。

1.5次会(会費制結婚式)の特徴ポイント

  • ご祝儀ではなく、会費制を選ぶこともできる
  • 着席でも立席でもOK
  • コース料理でもビュッフエでもOK
  • 時間は昼でも夜でもOK
  • ゲストは結婚式よりも気軽に参加できる。
  • ファーストバイトなどの演出も可能

と特に自由度が高いのが1.5次会スタイルの魅力です。

1.5次会にした先輩花嫁の理由

795ec4145a5f9a7bb8443d673f9ff6dc_s

家族や、ごく親しい友人だけで挙式を行ったカップル

いわゆるリゾート婚と言われる海外で挙式を上げるカップルや地元で挙式を行ったカップルなどなど、挙式にご招待するゲストが少なかった場合はよく1.5次会が検討されています。

より多くの友人を招待して、結婚の報告お披露目をしたいですもんね!

結婚式は親族だけで食事会をして、友人は招待していなかったパターン

挙式だけでなく、いわゆる結婚式も親族や近しい人としかやらなかったパターンもあります。いきなり二次会を別日にやるのもおかしくなるので、1.5次会と言う形で友人達も招待して肩肘張らずにアットホームなパーティーをしたかったという声が多かったです。

形式張った結婚式ではなく、自分たちでオリジナルのパーティーをしたい
冒頭にもご紹介したように結婚式よりも遥かに場所や演出、料理、スタイルの自由度が高いのが1.5次会スタイルの魅力。そんなカップルは、1.5次会というスタイルを選んでいるようです。

結婚式1.5次会の内容は?

とても魅力的なポイントが多いですが、まだまだ開催数は通常の結婚式や二次会に参加したほうが多く、世の新郎新婦が1.5次回にどんなことをやっているかわからないと思います。ここでは代表的な結婚式1.5次会で行われている内容やコンテンツをご紹介します。

結婚式1.5次会の人気コンテンツ

  • ビンゴやくじ引き(二次会系)
  • 挙式の映像を流す
  • プロフィールムービやエンドロールムービ
  • ケーキカット&ファーストバイト
  • 写真撮影
  • 各種余興

などなどを行っているようです。挙式の映像を流すのは海外ウェディングなど、挙式だけでは別の場所、別の会場で済ませたかが1.5次回を行う方が多いからです。是非、迎賓中や歓談中などの合間で流すとゲストも喜ぶでしょう。

つまり何がいいたいかというと、通常の結婚式と二次会のいいとこどりなんです。厳かにもフランクにも新郎新婦たちの最良で自由に組めるのは結婚式1.5の最大の魅力です。

結婚式の演出・結婚式二次会の演出にお悩みの方にオススメの記事です。

結婚式1.5次会はご祝儀制?それとも会費制?

二次会の会費と場所に悩む幹事

結婚式はご祝儀制。二次会は会費制。では。1.5次会は?ということですが、基本的には、どちらも可能です。しかし、多いのは会費制で、約7割程度が会費制をとっています。

会費の相場は、地域によって平均価格が異なりますが、多いのは¥10,000〜¥20,000。この会費の中から、飲料代、簡単な手土産代をまかないます。そして残った予算で、会場費やパーティー内容で必要な備品購入代。新郎新婦の衣装代などは、どうしても足が出てしまうことが多いですが、そこは頑張って自分達で負担しましょう。

衣装などは、先に結婚式や海外挙式で使用した衣装を、今回の1.5次会で再度使用する場合はレンタル代が安くなったりする可能性もあるので、ドレスショップのスタッフに確認をしてみてください♩

1.5次会を実施するなら気を付けてほしい注意点

10d067308191a704de0d7ee739707666_s

1.5次会実施するに当たって注意したいのはを開催出来る場所。まず、結婚式場。これは、会場により受けているところと、受けていない会場があります。もともと、1.5次会プランなどを打ち出している会場であれば、1.5次会歓迎の会場です。気になる会場があれば是非、一度見学をしましょう!

また、レストランの場合には、料理内容に要注意。1.5次会なので、二次会程のカジュアルなお料理を出している会場は避けた方が良いですね。コースなども対応しているか、もしくはビュッフェでも使用している食材のクオリティーなども確認しておきましょう。二次会などよくあるような、唐揚げやポテト類、パスタばかりなどカジュアル過ぎるメニュー内容にならないように注意が必要です!

1.5次会/会費制結婚式をやると決めているのであれば、専門サイト・サービスが便利

ご説明したとおり、レストランや式場でも1.5次会形式で実施できないところも多々存在しています。もしもう1.5次会形式や経費制結婚式を行うことを決めているのであれば特化型のサイトやサービスで探すのが一番効率がいいです。検索を含めて会場側もそのつもりで準備や案内ができるので、探す以外もメリットがたくさんあります。

結婚式1.5次会のメリットとデメリット

結婚式で異性友人を上手く呼んだ新郎

ここで、1.5次会を開催するにあたり、メリットデメリットそれぞれをまとめてみます。

1.5次会のメリット

  • 結婚式とは違い、より幅広い友人関係を気軽に招待することが出来る。
  • 会費という名目でお金をいただくので、ゲスト目線で考えるとご祝儀をいくら包む?など心配を掛ける必要が無い。
  • 総体的に結婚式程費用はかからない。
  • 自由度が高いので、自分達のオリジナリティーを出しやすい

1.5次会のデメリット

  • 何より、年配層のゲストには理解してもらいにくい。親族には別で食事会を開催するか、1.5次会に招待するのであれば、事前に1.5次会の意味などの説明が要必要。
  • 沢山の人数を招待する場合には、レストランだとキャパが合わない場合があるので招待人数のリストアップとパーティー会場探しは早くから進めておかないと場所探しに困ることがある。

最後に結婚式1.5次会の魅力まとめ

結婚式二次会のシーン

このように、1.5次会にはメリットデメリットはあるものの総体的には、メリットが何かと多い1.5次会。自分達だけで準備が難しい場合には、会場にはプランナーのような担当者がいることもあります。また、二次会のように幹事をお願いするのもOK!
結婚式と二次会の良いとこ取りで、アナタらしい素敵なパーティースタイルを実現してください!

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪