みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚式では、とても華やかな装花を見ることができますよね。新郎新婦としても、多くのゲストに喜んでもらうため、装花のセッティングについては熟慮するでしょう。

しかし、装花を飾るにあたっては、費用面がネックになります。あまりに高額になるようでは困りますよね。そこで、オススメの節約術をご紹介しましょう!

装花の費用ってどのくらいかかるの?


会場に飾られた装花は、そのフロア全体を華やかな雰囲気にしてくれます。そのため、だいたいどの結婚式でも見られますよね。

しかし、会場の装花にかける費用の相場というのは、5万円~10万円程度であり、もっとかかるケースもあります。できるだけ費用を抑えたい新郎新婦にとって、この額は結構痛手ですよね。装花をなしにすれば、その分の費用はカットできますが、装花のない会場はとても寂しいです。やはり、多少なりとも飾りたいですよね。

実は、装花の節約術はいろいろあるんです。そこで、次からは具体的な節約術に迫っていきます!

節約術①:葉モノを多くする!


高価な花ばかりを飾れば、当然全体の費用もかさんできます。しかし、葉っぱであれば、比較的低価格なんです。したがって、葉のボリュームを多くすることによって、費用を抑えることができます。ただ、この節約術を使う際は、花の割合が極端に小さくならないように調整する必要があります。

葉っぱばかりでは、華やかさに乏しいですよね。

節約術②:季節に合った花をチョイスする!


飾る花の種類については、好みや式場の雰囲気、披露宴のコンセプトによっていろいろです。この辺りは、新郎新婦の趣向にもよるでしょう。

しかし、季節外れの花というのは、値段が高いケースが多いです。

そのため、どの花が好きかということではなく、季節に合った花はどれかという点を意識してチョイスすることをオススメしますよ。これも、有効な節約術になるんです。

節約術③:造花を取り入れる!


会場に飾る花の数をできるだけ多くしたいという場合、造花を取り入れてみてはいかがでしょうか。

質の悪い造花では意味がありませんが、安いかつ本物の花にそっくりな造花も販売されています。

そのため、そういったものを合わせて飾ることで、費用を抑えるのもいいでしょう。造花であっても、十分に華やかさを演出できますよ。

節約術④:できるだけ持ち込む!


全ての装花を用意してもらうようなプランだと、確かに手間要らずです。しかし、それだと相当に費用がかかる可能性があります。

全てを用意してもらうのではなく、自分たちで可能な限り持ち込むようにすることで、費用を抑えることができるんです。実際、この節約術も多くの結婚式において採用されているんですよ。

節約術⑤:別のアイテムで華やかさを演出!


会場の雰囲気を華やかにするための手段は、花を飾ることだけではありません。

例えば、ゲストのテーブルにキャンドルやペーパーアイテムを飾ったりするなど、コーディネートの仕方はいろいろあるんです。

そのため、花以外のアイテムを用意することで、華やかさを演出してみてはいかがでしょうか。手作りのものであれば、費用をグンと抑えることができますね!

まとめ


この記事では、装花の費用を抑えるため節約術についてご紹介してきました。

装花があるのとないのとでは、会場の雰囲気が大きく変わるので、無理をしてでも立派な装花を手配する人々がいますね。

しかし、装花の費用というのは、工夫次第で十分に抑えることができます。

「会場の華やかさを演出しつつ、装花の費用を抑える」というのは一見難しく感じるかもしれません。しかし、ご紹介した節約術はどれも難しいものではありませんし、十分な費用削減を見込めるものです。ぜひ参考にしてくださいね!