みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

家族だけや、家族と本当に親しい友人だけ。人数でいうと10名〜30名くらいの少人数で行う結婚式。

気心知れた人に囲まれながら過ごす結婚式のひとときはアットホームそのものです

ここ数年で、このような少人数の結婚式を行うカップルが増えているようです。

少人数結婚式をするからこそ、

「ゲストに楽しんでもらいたい」

「寂しい披露宴だと思われたくない」

そんな思いを抱えている新郎新婦のお役に立てれば幸いです。

少人数結婚式をする上での結婚式場選びの注意点


party

近年、増えてきている少人数結婚式。しかし、結婚式場によっては、この少人数の結婚式を受けていない式場もあります。結婚情報誌には、最低結婚式人数を明記している場合もありますので見学に行く前に事前にチェックしておきましょう。結婚式場によっては「少人数プラン」を打ち出しているところも。その場合は、少人数結婚式歓迎の結婚式場なので、見学の価値アリですね!

また、見学の際には、会場の広さも要チェック。

少人数結婚式を行う場合は広さが非常に重要です。人数から考えて、広すぎても寂しくなってしまいますし、狭すぎたると窮屈な感じもするので、収容可能人数に収まっているからOK!ではなく、しっかりとテーブルのレイアウトイメージなど、教えてもらい当日のイメージが出来るようにしましょう。

アットホームな少人数結婚式の特徴1:一人ひとりに細やかなおもてなしができる


一般的な披露宴だと、結婚式の間新郎新婦とお話出来る時間はほんの少ししかありません。

おそらくテーブルラウンド系の演出や歓談中、中座中にに一言二言声をかけていただけるくらいかなと思います。

しかし、少人数結婚式なら人数が少なくても、結婚式の所要時間は同じです。

つまりその分、ゲスト一人一人とコミュニケーションを取る時間を確保出来るんです。

30人程度だったら色々な卓にゆっくりと回って会話を楽しむのもよし、10人前後の家族婚であれば同じテーブルでみんなで食事をしてもよし。

沢山ゲストを招待する結婚式であれば、演出などを沢山取り入れ出来る限り新郎新婦を「お披露目出来る演出」を取り入れます。

しかし、少人数の結婚式であれば、そんなお披露目用の演出は不要ですよね。

その演出分の時間を使い、演出は極力控えて、新郎新婦がゲストの席まで赴いて話しかけるようなゆったりとした時間を過ごすのはいかがですか?

アットホームな少人数結婚式の特徴2:ご両親もリラックス


沢山のゲストにご列席いただくと、結婚式の間一番忙しくなるのは、新郎新婦と、意外にもご両親です。ゲスト席に座ってはいるものの一番のホスト役なのです。

結婚式の間、新郎新婦の両親は、ゆっくり食事する間なくゲストへの挨拶回りに徹しているのは皆さんご存知ですか?

息子の会社の上司が来られていれば、一番最初に。乾杯してくださった来賓にもご挨拶。久しぶりに会う息子の親友にも…。

余興をしてくれた友達には、余興後にしっかり挨拶しないといけない。

それこそ本当に目が回る忙しさで、結婚式に浸ることもできません。

しかし、少人数結婚式で気心知れた家族だけなら。親族だけの結婚式ならそんなに忙しくする必要はないですよね。

新郎新婦が一番感謝の気持ちを伝えたい両親。折角の結婚式には、両親にもゆっくり楽しんでもらいたい…。

そんな両親への思いも少人数なら実現することが出来ます

アットホームな少人数結婚式の特徴3:参加者に合わせたカスタマイズも


結婚式の料理は100人いたらアレルギーや特別苦手なものがない限りはほぼ全員が統一した料理をいただきます。

しかしアレルギーや嫌いな食べ物ってほどじゃないけど、実は両親は和食が好きとか、フレンチはマナーが難しいから気軽に食べられないなどの細かな要望も家族婚・少人数結婚式なら実現することもできます。

流石に一人ひとりに合わせるのも30人程度になってくると難しいですが、和食好きな両親たちに向けて装いはドレスでも和風の料理を出してあげたり、子供にはキッズプレートを用意してあげたりと大規模結婚式に比べて一人ひとりに寄り添ったおもてなしをすることができますね!

少人数結婚式だから実現する演出1:親族紹介を結婚式中に


通常「親族紹介」といえば、挙式の前後に親族だけ別室に集まりかしこまった環境の中、両家の代表者がひとりずつ親族を紹介していくという流れになります。

しかし、この場は非常に緊張感に包まれており…。アットホームという言葉とはほど遠い雰囲気です。

これを、結婚式の中に取り入れてみませんか?司会者にひとりずつインタビューをしながら紹介してもらうのも良いですね。

テーブル毎に代表者がそのテーブルのメンバーを紹介しても和やかになりますね。

結婚式中に行うと、お酒も少し入っていることから、緊張感も適度にほぐれみんなリラックスした状態で親族紹介をすることが出来ます!

また、少人数結婚式のもう一つの隠れた魅力が家族同士が仲良く慣れるという話もよくあります。

それはおそらくこういった演出や近くで一緒にご飯を食べるなどのイベントがあるからですね。

少人数結婚式だから実現する演出2:ウェディングケーキはゲストみんなでデコレーション


普通、結婚式で使用するウェディングケーキは、事前に打ち合わせで決めておいたデザインが用意されています。

しかし、ここで用意するのは、真っ白なケーキ。そして、その横に添えられるのは沢山のフルーツや、チョコペン。ゲストにウェディングケーキのデコレーションをしてもらいます♩

結婚式が始まる前の待ち合いの間に、デコレーションをしてもらえば新郎新婦にはどんなウェディングケーキに仕上がっているかはサプライズですね!少人数だからこそ実現する、ゲスト全員参加型の演出の一つです♩

少人数結婚式だから実現する演出3:家族婚だからこそプロフィールムービーが素敵!


限られた両家の親族や友人しかいないのだから生い立ちムービーなんていらないんじゃ?と思うからもしれませんが、絶対にオススメです。

自分の子供生い立ちを見るときは「あの子も大きくなったなぁ・・・」と、子供時代からいままでを改めて振り返る瞬間に、パートナーの生い立ちムービーを見ればどんな風に育ってきたのか、子供の頃はどんな子だったのか見ることができます。

また、家族婚でもこういった演出をしないとただの食事会のような雰囲気になってしまうので、適度にこういった演出系や映像系をとりいれるのがいいでしょう。

少人数結婚式だから実現する演出4:司会者が新郎新婦


大人数の結婚式披露宴では新郎新婦はほとんどみんなの前では離しません。基本的には司会者が進行してくれます。

それは式全体の進行や新郎新婦がバタバタしているかという理由もありますが、少人数結婚式ではそこまで気にする必要もありません。

もし話術が得意・人前でお話するのが得意な新郎新婦なら思い切って自分たちで司会進行をつとめるのはいかがでしょうか。

それこそ本当に自分たちらしい結婚式をすることができます、

少人数結婚式だから実現する演出5:ゲストを一人ひとりご紹介


結婚式ではほとんど知らないゲスト同士では交流はありません。

そこで少人数結婚式ではゲストの紹介&交流する様な場も用意するのはいかがでしょうか。交流するのは本人たちの意志ですが、披露宴中の中身に

「改めて本日はご列席いただきありがとうございます。この場にいらっしゃる方々は私達新郎新婦にとって本当に大切な方々です。そんな大切な方を他の大切な方にも是非知っていただきたく、僕達の方からゲストの皆様を簡単に紹介させていただきます。」

「こちらのテーブルに座っている2名は私の大学時代の友人の2人、○○さんと△△さんです。いわゆる悪友ですが、大学時代の大変な時も楽しいときも全部いっしょに味わった親友です。○○さんは〜〜の仕事をしていて、見かけによらず〜な一面もあります。そして、△△は〜」

と1人30秒程度で簡単にご紹介してくのも素敵ですね。

友人の結婚式に参加して名前を呼ばれることなんてほとんどないと思いますので、すごく喜ぶと思います。

少人数結婚式だから実現する演出6:ゲストと同じ卓で食事を


80人以上の披露宴ではありえませんが、ゲストと同じ卓で食事するのはいかがでしょうか。

特に少人数であれば卓数も少なくなります。

高砂も用意しつつ、各卓に予めお誕生日席のような席を用意します。途中途中の決められたタイミングで席を移動しながらそこの卓で食事を取るというのはどうでしょうか。

おもてなしで大事なのはゲストひとりひとりに手間暇と時間をかけること。つまりしっかりとコミュニケーションをとることでゲストもあなたもきっと楽しい式になりますね。

少人数結婚式だから実現する演出7:MarryGiftで参加できない友人からのメッセージ


写真共有サービスのマリーギフト

「自分たちの意志で少人数結婚式を希望したけど、やっぱり友達からおめでとうと言ってもらいたかったなぁ」

「家族婚もすごく楽しみだけど、相手や自分の両親にもどんな友達がいるか見てもらいたかったな」

実はこんな悩みを少人数結婚式や家族婚を挙げる方から多く寄せられます。

少人数結婚式・家族婚の唯一のデメリットといえば、たくさんのゲストの友人からの祝福の言葉をその場でいただけなかったり、両親たちに自分の友人のことを知ってもらうことができないことです。

そんな悩みをMarryGiftで解決しませんか?

MarryGiftは最近人気のリアルタイム写真投稿演出ですが、もちろん遠隔地×時間が別でもできます。

少人数婚×MarryGift演出のポイント

まず式の1週間〜2週間前頃から写真のメッセージをお願いしたい人にメールやLINEで連絡をします。

「今回は家族婚で結婚式をすることになったので、どうしても招待できなくてごめんなさい。もしよければ当日に使う写真を集めているので、一緒に写っている写真や思い出の写真をこのURL経由で投稿してもらえませんか?」とお願いするだけです。

そして、友人はあなたの結婚式に参加できない残念な気持ちがありつつも、あなたを祝福したい気持ち一心で選りすぐりの思い出の写真とあなたへのメッセージを込めて写真を投稿してくれるでしょう。

※前日以前に投稿していただいても当日問題なく投影されます。

結婚式当日は家族や親族に囲まれながらも多くの友人からの写真と祝福のメッセージを見ながら披露宴を行う。

きっと夢のような幸せな時間を過ごせるでしょう。

MarryGift

少人数結婚式についてのまとめ


人前があまり好きではない、結婚式にお金をあまりかけたく無い…など、結婚式に対してマイナス理由から少人数結婚式を選択する方も多くいるようですがそんなマイナスイメージも吹き飛んでしまう位、少人数結婚式にはたくさんのメリットがあります。少人数だからこそ実現する一人一人へのおもてなしを尽くす。そのおもてなしから伝わるアットホーム感。

ゲストとのつながりを改めて強く感じることが出来るのも少人数結婚式の最大のメリットですね。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムにスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックでエンドロールを作成
・式後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪