ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


皆さんは、海外での挙式について考えたことはありませんか?

芸能人だと、小栗旬さん・山田優さんなどが海外で挙式されていますよね。「海外なんて高くて絶対無理!」という人もいるでしょう。

しかし、海外の挙式って意外と高くないんです。ただ、海外挙式ならではの注意点もありますので、そういったことも知っておく必要がありますね。この記事では、その辺りのこともご説明しましょう。

海外で結婚式を挙げる場合の挙式料について


結婚費用において、数多くある内訳の一つが挙式料です。日本で式を挙げる場合、この挙式料が30万円程度かかってしまうケースも多いです。

こうした項目は値切りが難しい部分もありますので、あえて挙式料が安い式場を探す人もいるくらいです。

海外で式を挙げる場合については、15万円程度の挙式料で済むケースもあるんです。もちろん、海外のどこで挙式をするのかにもよりますので、もっと費用がかかるケースもあります。

また、前述のことはあくまでも挙式料のみの話です。結婚式におけるトータルの金額ということでいうと、仮にゲストが0人だったとしても100万円以上かかってしまうケースが多いですので、その点は知っておいた方がいいですね。

パーティ費用はどれくらい?


日本では、挙式後に披露宴を行うことが一般的ですよね。海外でも、挙式後にパーティを行うケースが多いです。パーティの費用については、さまざまな要素によって左右されることになります。ゲストがどの程度いるかというのはもちろんのこと、料理や飲み物のプランや、パーティが行われる時間帯など、他にもまだまだあるんです。

仮に、海外におけるパーティに呼ぶゲストが5名だった場合、6万円~10万円の費用が相場と見ていいでしょう。意外に安いですよね!

海外で挙式をするにあたっての注意点について


海外で挙式というのはとてもロマンがあっていいと思いますが、国内で挙式をする場合とでは訳が違いますので、いろいろと注意しなければならないこともあるんです。ここではその注意点を見ていきましょう。

まず一つは、旅費の問題です。ゲストを呼ぶ場合は、ゲスト分の旅費の負担割合について考えておかなくてはなりません。ゲストの旅費はゲストが出すというケースもありますし、ゲスト分の旅費をすべて新郎新婦が負担するケースもあります。ただ、後者の場合は新郎新婦の負担がとても大きくなってしまいますので、慎重に考える必要がありそうですね。一部だけ負担するなど、柔軟な対応の仕方だってあるんですよ。

また、現地人とのコミュニケーションの問題も踏まえておかなくてはなりません。日本であれば日本語さえ話せればOKですが、海外の場合、現地の人が日本語に対応しているとは限りません。したがって、外国語でのコミュニケーションが必要な場合もあるでしょう。仮に、全く外国語ができないということだと、少々苦労するかもしれませんね。英会話の本などを買って、多少なりとも事前に勉強しておくことをオススメします。

まとめ


この記事では、海外で結婚式を挙げる場合の挙式料とパ-ティ費用についてご説明しました。ゲストを大勢呼びたいなどの要望がなければ、比較的少なめの費用で式を挙げることができるんです。「海外挙式=高い」というイメージを持っていた人からすると意外だと思います。そのため、「少人数でもいいから特別な場所で式を挙げたい!」という人は、これを機に海外挙式を考えてみてはいかがでしょうか。

ただ、海外での挙式となると、渡航代のことも考えなければなりませんし、ゲストを呼ぶ場合にはそれなりの対応をする必要もあります。大切なことは、事前にきちんと計画を立てるとともに、現地での流れをしっかりと把握しておくことでしょう。