みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

引き出物は、何を贈るかも重要ですが、正しく贈ることも大切です。

結婚式というのは日本古来のやり方がある儀式ですので、そこで出される引き出物に関して、識を知らないと恥をかいてしまうことになります。今回は失敗を避けるため、のしの付け方や名前の書き方などについて正しく知識を身に着けられる情報をご紹介します。

引き出物ののしの付け方

のしの付け方には、「内のし」と「外のし」の2種類のやり方があります。

昔は品物にのしをかけて、さらに風呂敷に包んで運ぶことで、中身をきちんと守る役割を果たしていました。

そのためのしの本来の意味を考えると、外のしの方がふさわしいと言えるでしょう。

しかし式場で引き出物を渡す場合は、内のしにすることが多いですね。というのも、ゲストの人数分用意するので、引き出物を重ねたり移動させたりといった作業中に、のしが汚れたり破れたりする可能性があるからです。

引き出物はかならずきれいで完璧な状態で渡したいので、内のしにしておくのがおすすめ。

また、引き出物の種類によっても特に内のしにした方がいい場合もあります。

引き出物にブランド品を選んだ場合、包装紙もそのブランドのものになる可能性が高いです。そうなるとその上からのしをかけるより、きちんとブランドの名前が目立つ内のしにする方が、見栄えがいいですね。

引き出物ののしに名前を入れる


メインの引き出物には、両家の苗字を入れるのが一般的です。

そして、引菓子には新郎新婦二人の名前を書きましょう。右側には新郎、左側には新婦の苗字・名前を書いてください。

また、右側の新郎の苗字と名前、左側に新婦の名前を書くこともあります。

のしの結び目の下あたり、ちょうどセンターにあたるところに二人の名前を書きましょう。筆や筆ペンなどを使って丁寧に書くのが基本です。

大量ののしを用意する場合、印刷してもOK。その場合は筆文字に見えるフォントを選んでください。また、表書きは「寿」を使いましょう。

のしの水引はどの形が正解?

のしには水引がついていますが、冠婚葬祭の種類によってその形は変わります。

結婚式は一生に一度のことなので、結びきりという形が正解です。これは一度結んだらもう取れない結び方なので、結婚式にぴったりとされています。

一見かわいらしくて問題ないように思える蝶結びは、一度ほどいてまた結べることから結婚式にとっては縁起が悪いんですね。

何度も結婚するということは、今の相手との離婚を暗に示すことになるので気を付けましょう。

祝い事なので、色は紅白がベスト。

学校の卒業式や、和風の披露宴では紅白の垂れ幕が使われていますよね。また、金と銀の二色でもOKです。華やかで結婚式という晴れの日にぴったりの色合いです。向かって右側に赤・金、左側に白・銀が来るように結びましょう。

また、お祝い事の水引は3本や7本など奇数にするのがマナーですが、結婚式の場合は10本のものを使います。

これは、人が握手したときに絡み合う指が10本になることから、両家が手を結ぶという意味が込められているため。また、「十分=じゅうぶん=10本」満ち足りた生活を送るという意味を込めることもあるそう。

引き出物を頼んだ業者にのしもつけてもらおう

最近は引き出物をネットで購入して持ち込んだり、直接ゲストの家へ宅配したりする方法が人気です。そんなときは、引き出物を発注した業者にのしのサービスがあるかチェックしてみましょう。

例えば数万円分まとめて買うと、無料でのしが付いてくることがあります。また、有料ではあってもオプションとして付けられることもあるので、サイトの隅々まで見てみてください。

引き出物にのしはなくてもいい?

若い人を中心に、のしをつけない引き出物も増えてきました。結婚式に限らずわざわざのしをつけず、代わりにサンクスカードやタグでお礼の気持ちを伝えていることは多いです。

友人や同僚であればこうしたやり方でもいいかもしれませんが、目上の方にはやはりきちんとのしを付けたほうがベターです。こちらはそんな気がなくても、軽んじられたと思って相手が不快になる可能性があります。

正しくのしを付けてしっかりと引き出物を渡そう

のしはそもそも、長寿・子孫繁栄をあらわすアワビを干した「のしあわび」から派生したものです。時代が変化するにつれて現在の形に変化し、結婚式の引き出物など冠婚葬祭の場で使われるようになりました。

「今さらそんな昔のことを気にしなくても……」と思う方もいるかもしれませんが、二人の門出をきちんと祝うためにもこうしたマナーを大切にする必要があります。両家の親族にも「素敵な人と家族になれたな」と思ってもらえるよう、しっかりと正しくのしをつけましょう。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムにスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックでエンドロールを作成
・式後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪