ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


結婚はおめでたいことですが、まず大切なことは「報告」ですね!友人や親戚だけでなく、会社の人々にも報告する必要があります。

また、会社の中でも、報告の優先順位がありますので、そこをきちんと踏まえることが大切ですね。そこで、この記事では会社の人に報告する場合のポイントをご説明しましょう。

結婚のどのくらい前に報告すべき?

報告の時期については、とても大事なポイントになります。「直前でいいんじゃない?」という声もありそうですが、そういうわけにはいきません。

まず、新婚旅行で長期休暇をとるのであれば、職場内での調整が必要になります。また、結婚式の日程を直前に伝えても、会社の人々は戸惑いますね。

そういった事情を踏まえ、およそ3ヵ月~4か月前には会社の人々に報告した方がいいでしょう。

会社に報告する際の優先順位について

会社は組織であり、立場というものがあります。そのため、上司と同僚のどちらを優先的に報告するのかについても、大事なポイントになるんです。

結論から言うと、まず直属上司に報告するのが筋です。直属の上司は、自分の評価や指導をする立場ですので、いち早く結婚の報告をし、今後のことについてしっかりと話し合いをする必要があります。

もし、先に同僚の人たちに結婚報告し、話が広まってしまうと、上司が疑問に思うでしょう。「なぜ真っ先に私に報告してこないのか」「直属の上司への報告を後にするなんて信じられない」

このように思われてしまう可能性もありますので、報告の順番は間違えないようにしましょう。

上司とどんなことを話し合うの?

ウェルカムスペースを可愛く飾るための準備

「上司に報告するけど、メールでいいよね!」という考えの人もいるかもしれませんが、それはNGです。メールで済ませるのではなく、きちんと面と向かって報告をし、その後のことを話し合うようにしましょう。ただ、「どんなことを話し合うの?」という疑問は多くの人が持っていると思います。

仕事を続けるかどうか

結婚を機に仕事を辞める人は意外に多いです。もちろん、近年は共働きが当たり前のようになってきていますが、その一方で、結婚をして専業主婦になるという考え方の人も多いです。

そのため、まずは上司に対して「退職をするかどうか」を伝える必要がありますね。

また、遠距離恋愛をされていた方の場合は結婚を機に同居する方も。

休暇を希望するか

結婚式美容準備−日焼け止めしっかり

新婚旅行は、多くの新郎新婦が希望するものだと思います。ただ、休暇をとれるかどうかは、会社の規則にもよります。

結婚に伴う特別休暇が認められていたり、有給休暇が残っているのであれば、原則として休暇を取ることができるでしょう。

ただ、これについても、上司とよく話し合う必要があります。休暇を希望する時期や期間なども含めてきちんと伝えましょう。

同僚への報告の仕方について

結婚の報告は、上司だけでなく、同僚に対してもしますよね。もちろん、自分でそれぞれの同僚に対して伝えるのもいいでしょう。

ただ、場合によっては上司が「報告の場」を設けてくれるかもしれません。「今日は○○君から皆に報告があります」というような感じで、タイミングを見て報告の機会を設けてもらえば、ありがたいですね。

そのため、同僚への報告の仕方についても、上司と話し合うことをオススメします。

まとめ

新郎新婦

この記事では、会社の人々への報告の時期や、報告の順番、上司との話し合いのポイントなどを見てきました。

結婚するとなれば、これまでお世話になってきた会社の人々に対してきちんと報告することが大事です。報告が遅れたり、失礼な報告の仕方をしてしまえば、その後の職場での立場が悪くなってしまう可能性もありますので、慎重に対応する必要がありますね。また、早めに報告することで、長期休暇が取りやすくなったり、挙式当日のゲスト人数が増える可能性もありますので、その意味でも適切に対応することは大事ですね。

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!