みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。


結婚は素晴らしいことですが、結婚によって必要になる手続きを忘れてはいけませんね。どれか一つでも忘れてしまうと、大きなトラブルにつながる可能性もありますので、手続きのチェック項目をノートなどに書いておくことをオススメします。

この記事では、「会社関連の手続き」についてわかりやすくご説明しましょう。

会社ですべき手続きとは?

手続きというと「役所」を思い浮かべる人が多いですよね。もちろん、結婚に伴って役所ですべき手続きもありますが、それだけではありません。勤務している会社においてすべき手続きも多いんです。そこで、大事な手続きを4つご説明しましょう。

ただし、ご説明する手続きの全てをすべきかどうかは、その人の状況によりますので、その点を踏まえた上でご覧ください。

手続き①婚姻届受理証明書

多くの会社では、結婚した場合に「婚姻届受理証明書」を提出する決まりになっています。

ただ、役所の書類とは違い、書式等は企業によって違うケースがありますので、確認しましょう。

また、企業によっては、手厚い福利厚生を定めています。結婚した場合に「祝い金」を支給する企業も多いんですよ!

そのため、祝い金をもらうための手続きだと思えば、ワクワクして結婚届を出せるのではないでしょうか♪

手続き②住所変更届の提出

結婚に伴って住所が変わるのであれば、「住所変更届」を提出する必要があります。「役所でも住所変更の手続きはするし、別に必要ないんじゃない?」という声もありそうですが、そんなことはありません。企業にとって、従業員の住居はとても重要な情報ですので、変更になったのであれば手続きをしなくてはならないんです。

手続き③通勤手当申請書の提出

企業によっては、通勤手当を支給しています。通勤にかかる費用を負担してもらえるので、ありがたいことですね。ただ、結婚に伴って住所が変わるのであれば、通勤にかかる費用も変化することになるでしょう。その場合は、新たに通勤手当申請書を提出する必要があります。

もし仮に、通勤費用が少なくなったにもかかわらず、通勤手当に関する手続きをしないでいると、通勤手当を多くもらいすぎてしまうことになりますので、横領ということになります。これは大問題ですので、忘れずに手続きすることが大切ですね。

手続き④給与振込み口座の変更手続き

結婚に伴い、苗字が変わるケースがありますよね。その場合、口座の名義も変わるということですので、給与振込口座の変更手続きが必要になります。「手続きの重要度は低いんじゃない?」という声もありそうですが、実はとても重要です。なぜかと言うと、この手続きをやっておかなければ、給与が振り込まれない可能性があるからです。これは生活上大問題ですよね。

結婚に伴って退職する場合は?

寿退社という言葉があるように、結婚してそのまま退職するケースは多いです。

その場合に必要な手続きとしては、「退職届の提出」が挙げられます。ただし、退職届を提出してすぐに退職できるかというと、そうではないんです。

引継ぎなどもありますので、数週間程度はそのまま在籍する必要があるでしょう。

「私が抜けたらこの部署大変なんじゃ…」という思いも頭をよぎるかもしれませんが、「退職」は認められた権利ですので、無理に留まろうとする必要はありません。

まとめ

結婚する時というのは、とてもハッピーな気持ちだと思います。ただ、一つ一つの手続きはしっかり実行しなくてはなりません。役所での手続きに限らず、企業での手続きもそうです。また、それら以外の手続きも多いですよね。結婚によって苗字が変わる場合はなおさらです。ただ、それぞれの手続きは決して難しいものではありませんので、手っ取り早く終わらせてスッキリした方がいいですね!

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪