ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


花嫁姿を披露するのは、一生に一度しかない機会。なんとしても、いつもの二倍、三倍きれいな自分になりたいですよね。

そこで今回は、ブライダルインナーについてご紹介します。ウェディングドレスやカラードレスには、いつもの下着ではなくてブライダルインナーをあわせ、みんなから「きれいだね」と言ってもらいましょう。

ブライダルインナーとは?

結婚式で着るウェディングドレスやカラードレスは、普段着ている洋服とは形や造りが全然違いますよね。それに、いつもは長袖などで上手に隠している部分も、しっかり露出するデザインが多いでしょう。

だからこそ、今まで見て見ぬふりをしていた隠したい部分と向き合うことになるんです。そのためダイエットやボディメイクに励む方多いのですが、そんなピンチの花嫁のお助け役がブライダルインナーです。

これは、ドレスが一番きれいに見えるように体の形を整えてくれる下着のこと。造りはシンプルで、ウェディングドレスから透けないように色も白やベージュといった抑えたものがメインです。

たぷたぷのお腹をきゅっとしめて細く見せたり、垂れた胸を持ち上げてバストアップさせたりといった効果が期待できます。胸元や後ろ姿など、目につく部分がメリハリのある姿になるんです。

また、ブライダルインナーは2,3か月前に購入するのが一般的ですが、補正力が高い分、体調を崩すこともあるので、何度か着ておいて慣れておくと安心です。

ブライダルインナーの購入場所と価格

ブライダルインナーを選ぶとき、気になるのがそのお値段ではないでしょうか。実は、どこで買うかによって価格は大きく変わってきます。

結婚式場で購入すると、安くても3万円、高いと10万円弱するものもあります。いずれも既製品で、スリーインワンタイプを販売しているところが多いでしょう。実は、同じ種類のブライダルインナーでも、結婚式場より他で買ったほうが安くなったという人もいます。

ホテルでドレスをレンタルするなら、セット割りなどがある可能性があります。しかしそうした制度がなく、持ち込み料もそれほど取られないなら、あえて式場で購入しなくても良いでしょう。

ブライダルインナー専門店で購入すると、ブラジャーとウェストニッパーのセットで2万~3万円くらいが相場です。専門店なのでスタッフさんの知識も深く、色々と相談しながら購入できるのがメリット。

なるべくブライダルインナーの費用を抑えたいなら、ネットで買うのがおすすめ。3万円以下、安いものだと1万円を切るものもあります。ただし、実際に目で見て試着して選べないのが欠点。口コミなどを見て信頼できるサイトから買うようにしてください。

ブライダルインナーをレンタルする

実は、ドレス同様にブライダルインナーもレンタルが可能です。たった一度しか使わないのなら、わざわざ買わなくても良いと考える人はたくさんいます。購入するよりも、安いお値段で補正下着を着用したい人にはおすすめの方法です。

レンタル品を使う時は、使用前に商品状態をよくチェックしてください。繰り返し使われているとくたびれていたり、補正力が弱まったりしています。

ブライダルインナーの種類

ブライダルインナーはいくつかの種類に別れています。

ars.sさん(@lune__1223)がシェアした投稿


ブラジャーとウェストニッパーが分かれているものは、セパレートタイプと言います。

ウェストニッパーとはお腹を引き締めて見せてくれるもので、くびれを作るのに効果的です。

セパレートタイプは補正力が高く、ウェディングドレスがずり落ちてくる心配もありません。

また、ドレスに沿った体型補正もしやすく、ブラジャーは結婚式のあとも引き続き利用できます。

ザ•ディさん(@thed_posturebeauty)がシェアした投稿


ブラジャーとウェストニッパーが一緒になったものを、ビスチェタイプと言います。

下着を重ねしなくていいので、ドレスに響きにくいのがメリット。締め付けを感じにくいのも特徴です。

背中が大きく開いたデザインにも対応できるので、インポートドレスを考えている人にもおすすめできます。

また、セパレートタイプよりも着脱が楽というメリットもあるんです。


日頃は自分のお尻の形なんか気にしていないかもしれませんが、意外と貧相になっているもの。

ロングガードルは、そんなアジア人の弱点となりやすいお尻をカバーしてくれます。きゅっと持ち上げてヒップアップ効果があり、下半身のラインが出るドレスの時に着用したいタイプです。


フレアパンツは、お色直しの時にパンツが見えないように履くもの。

女性同士なら気にならないと感じる方でも、マナーとしてつけておいた方がいいでしょう。

体を補正するものではないので、他のものよりも安価で売られていることが多いですね。


妊娠している方がつけるのは、マタニティインナーという種類のもの。

妊娠5か月くらいからお腹が膨らみ始めるので、その頃から必要になってきます。通常、ブライダルインナーは早めに用意しますが、マタニティインナーは結婚式の一か月前くらいでOKです。あまり急ぐとお腹が大きくなりますし、妊娠中は体質が変わることもあります。

妊娠中は胸が大きくなるので、ゆとりを持って選ぶのがポイント。あまり締め付けると体調が悪くなるし、体にも悪影響です。

ブライダルインナーの選び方のコツ

ウェディングの試着

ブライダルインナーは、購入前になるべく試着するようにしましょう。まずはバスとラインをチェックし、トップが高く上がるか見てみます。やや小さめのサイズを選ぶと、しっかり持ち上げることができます。

ウェストラインは、くびれが出来ているかが重要。正面から見た時に、まっすぐストンと落ちていると幼児体型に見えてしまい、ドレスが似合いません。胸からおへそに向かって絞られ、そこから腰に広がるような形がベストです。

ブライダルインナーはなるべく一人で選ばず、プロのスタッフさんと相談しながら購入したほうがいいですね。ウェディングドレスやカラードレスの形を伝えて、エステなどに通っている場合はそれも伝えます。当日の体型を計算して選ぶことになるので、痩身エステなどに通い思いの他痩せると、ぶかぶかになってしまうこともあるんです。

大きいサイズのブライダルインナーもある

ウェディングドレスやカラードレスはだいたいC~Dカップくらいできれいに見えるようになっています。しかし、それより大きなバストの方でも問題ありません。ネットを中心に、大きめサイズのブライダルインナーを扱うお店は増えています。

普通体型の方はやや小さなサイズのブライダルインナーを選ぶと良いのですが、バストが大きい方だと露出が増えてしまい上品に見えません。ですから、胸をボリュームダウンさせ、太って見えないてんに重点を置いている作りのものを選んで下さい。

おすすめの大人気ブライダルインナー

初めてブライダルインナーを準備する時、どこで買えばいいかわからないですよね。そこでここからは、有名どころから大きいサイズまで、いろいろなブランド・ショップをご紹介します。

ワコール

有名な下着ブランドのワコールでは、ブライダルインナーにも力を入れています。1954年にはドレスの下に着るストラップレスブラを開発しました。その後、結婚式やウェディングドレスのトレンドは色々と変わってきましたが、常に花嫁に寄り添ってブライダルインナーを作り続けています。

ボーン部分へのこだわりは強く、職人が一枚ずつ仕上げているという丁寧さ。素材も厳選し、肌を傷つけないように心がけているそうです。また、ワコール人間科学研究所で得たデータをもとに、花嫁が締め付けに苦しまずきれいな姿を見せられるデザインを計算しています。

店舗では、もちろんスタッフさんが相談に乗ってくれます。商品を見に行ったり、試着をしたりするのに予約が不要なので、気軽に訪れられるというメリットも。

トリンプ

手の出しやすい価格帯の商品が多い、トリンプ。日頃からこちらの下着を使っている人もたくさんいるでしょう。

トリンプのブライダルインナーでイチオシなのが、ポアモア588コサージュ。後ろが低く作られているので、背中が大きく空いたドレスに対応します。また、ハイラウンドカットになっているのでヒップの丸みをつぶしません。

ワイヤーがしっかり入っており、谷間メイクをしてくれます。ボリュームアップ力の高いパッドでいつもより胸を大きく見せてくれるのも魅力。取り外しできるボストンと、フィット感が強まる3列ホックも特徴です。コイルボーンは6本入っているので、お腹周りをすっきり見せます。

セモア

女性美の造形を目的に、機能的なデザインと高い技術力を持ったカドリールインターナショナルのブランドです。セモアは20年以上人間工学を研究し、女性のドレス姿がどうしたらきれいに見えるかを追求してきました。

何もつけていない時に比べ、女性の体のラインがとてもきれいに見えるブライダルインナーが多数。また、着心地にもこだわり不快な気分にならずに補正できます。

セモアのブライダルインナーはいくつかのシリーズに分かれています。エレガントDは動きやすさがバツグン。足さばきがいいドロワーズで、蒸れにくいのが特徴。エレガントBは、レースが繊細で女性らしさバツグン。補正力がありながら、長い間つけていても不快にならないデザインです。

エレガントFは、フレアパンツなので使い勝手がいいですね。ウェディングドレス以外にも、パーティなどで使うことができそうです。ピュアGはマーメイドタイプのウェディングドレスなど、スタイルが強調されるドレスも恐れずに着られる補正力。体にぴったりとくっつき、メリハリある体型を実現します。

マタニティは、ママにも赤ちゃんにも優しいデザイン。お腹にフィットする生地は柔らかく、ブラジャーの重なる部分にはバッドがついていて、これが自由に取り外しできるようになっています。産後のボディウォーマーとして使えるようにもなっているので、末永く利用できそうです。

ノーブルはセモアオリジナルシリコンテープで、滑り止めの機能が非常に高いんです。スパイラルボーンは8本入っており、安定感のあるくびれを作ります。フックは8連になっており、しっかりと腰回りを補正するパワーがあります。

カッティングが深く、ヌーディカラーなので透けて見えないのも特徴。ノンレースでシンプルさを追求したデザインです。

アモスタイル

アモスタイルのブライダルインナーはかなり買いやすい価格帯で、コストを抑えたい人におすすめ。ブライダルインナー ハイキニショーツ2は柔らかい肌触りで、お尻をすっきりと見せてくれます。ブライダルインナー ロングブラジャーはメリハリのある体を作りたいときにぴったりで、サポート力が高め。

アモスタイルでブライダルインナーを買いたいときは、事前にお店に確認しておくのがおすすめ。というのも、実は普通の下着と違って限定店舗でしか取り扱いがないんです。家や職場の近くにない場合は、オンラインショップで購入することができます。

ピュアネット

オーダーメイドのブライダルインナーが欲しいなら、ピュアネットがおすすめ。一度採寸すればその人の体にぴったりのものを作ってもらえます。本店は原宿ですが、日本全国に展開しており、地方の人でも利用できます。

また、札幌、仙台、新潟、北千住、川崎、ひたちなか、名古屋、神戸、博多では試着会を開催しており、実際にブライダルインナーをつけることができます。来店予約はネットからでもできますし、電話で予約することも可能です。

Miyabiブラ・ニッパーセットはA~Fカップに対応しており、レースのありなしを選べます。ミリ単位で自分の体にフィットするものを作ってもらえるのは、思い出にもなりそうですね。

MiyabiスーパービスチェはJカップまで対応しており、バストが大きめの花嫁も安心。アンダーも150cm対応できます。ぴったりと体に吸い付きボディラインがきれいに見え、胸を抑えて上品な花嫁姿に。

ブライダルインナー花憐Karenは、妊娠5か月以降の方が着用するタイプ。お腹への負担を軽減し、着心地も優しくストレスなく着用できます。

ブライダルルーム

胸のあいたドレスを着るなら、ブライダルルームでブライダルインナーを買うのがおすすめです。3Dフィットワイヤーが立体的なバストを作り、しっかりとしたボリューム感を演出します。

このワイヤーはブライダルルームで独自に開発されたものなので、他のショップでは実現できないきれいさを作れます。立体裁断設計パターンでお腹をきゅっと見せてくれることもあり、人気のブランドです。

結婚式では自分にぴったりのブライダルインナーを着用しよう

自分のドレス姿をきれいに見せるためには、体重を落としたりエステに通ったりといった努力が必要。

その上で、ブライダルインナーを着ることでより美しい体にすることができます。ぜひ妥協せずに自分にぴったりの一着を見つけてください。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
2,000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・投稿された写真から簡単にフォトコンテストを開催可能
・ご利用後は投稿写真データをプレゼント

これらの機能が35,000円〜ご利用が可能になります。

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪