みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚は素晴らしいことですが、必ずしも夫婦円満な日々が続くとは限りません。

場合によっては、離婚してしまうこともあるでしょう。

ただ、離婚した後、新たな出会いを経て再婚するというケースも多いんです。

ここで気になるのは、再婚した際の結婚披露宴をどうするかという問題です。確かに、この場合の披露宴についてはためらう人が多いですが、問題点を解消してから心置きなく披露宴を行う人もいます。

そこで、この記事では再婚のケースで披露宴を行う場合の祝儀のポイントを説明しましょう。ぜひご覧ください!

披露宴を行うのがためらわれる理由について

再婚した人が披露宴をためらう理由について、よくわからないという人もいるでしょう。そこで、この節ではよくある理由について説明していきます。

披露宴では、料理や引き出物の関係もあり、ゲストから祝儀をもらいますよね。

新郎新婦へのお祝いの気持ちを示す祝儀というのは、とてもありがたいものです。

ただ、再婚となると、披露宴を行った場合は「2度」ゲストから祝儀をもらうということになります。これは、少し申し訳ないですよね。不景気ということであればなおさらでしょう。

こういった点が、披露宴をためらう理由とされているんです。

祝儀の問題をクリアする方法について

ゲストにとって、祝儀を出すのは負担です。お金ですから当然ですね。そのため、新郎新婦としては、2度の祝儀を出すというその負担を軽減してあげるべきでしょう。そこで、その方法を2つ紹介しましょう。

会費制にする

会費制の披露宴にするというのが一つの方法です。会費制であれば、ゲスト一人ひとりが負担する額は少なくて済みます。例え新郎新婦と身近な関係にあり、本来であれば3万円くらい払うべきだったとしても、会費制であればその必要はありません。祝儀の額が一律になるんです。

もちろん、新郎新婦からすれば、自分たちが負担する額が大きくなるという懸念があります。ただ、節約の方法はいくらでもありますので、その点はあまり難しい問題ではないと思いますよ。

2度目のゲストからの祝儀はもらわない

新郎新婦によっては、「会費制でも少し気が引けるかなぁ」と思うかもしれませんね。

確かに、額が少なくとも、お金を出してもらうことは事実ですので、再婚であれば気が引けるのも無理はありません。

では、2度目の出席となるゲストからは祝儀をもらわないようにしてはいかがでしょうか。

祝儀を受け取らないというスタンスであれば、申し訳ないという気持ちは生まれてきませんよね。

新郎新婦側の負担は大きくなってしまいますが、この方法もおすすめできますよ。

とは言え、「やっぱり祝儀あげるよ!」というゲストもいるかもしれませんね。これは大変ありがたいことですので、受け取っておきましょう。

ただ、2度も祝儀をくれたゲストに何もしないというのはあんまりですね。そのため、喜んでもらえるような素敵なプレゼントを渡してみてはいかがでしょうか。何事も、お返しは大切ですよ。

まとめ

この記事では、再婚して披露宴を行う場合のポイントなどについて見てきました。

再婚とは言え、多くの人に祝ってもらいたい気持ちはあるはずです。そのため、2度目の披露宴を行うケースも多いんです。

確かに祝儀の問題はありますが、ゲストの負担を減らすためのアイデアはいくつかありますので、それらを実行に移すことにより、心置きなく披露宴を楽しんではいかがでしょうか。

また、自分は再婚だとしても、お相手は初婚というケースもあるでしょう。そのお相手のためにも、素晴らしい披露宴を行ってはいかがですか?

遂にMarryGiftショップ開店!最大割引25%クーポン配布中

新郎新婦の、新郎新婦による、新郎新婦のためのショップ。

その信念を元にマリーギフトショップを立ち上げました!